第44回(1994年) キングスシアター 第13回(1932年) モトリコ 2010年 ゴルディコヴァ, 2011年 シリュスデゼーグル 先日の凱旋門賞で3連覇を逃したエネイブルが、年内引退の様相を撤回し来年も現役を続行する事が分かった。馬主のアヴドゥラ殿下がレーシングマネージャーを通じて発表。これで凱旋門賞の3勝目という偉業への道は継続される事となる。 2000年 カラニシ, 2001年 ファンタスティックライト 第56回(2006年) ハリケーンラン 第26回(1976年) ポウニーズ 2016年 マインディング 俺が信頼性大と思うのはエネイブル、コントレイル、アーモンドアイ、サリオス、デアリングタ … 」「火の出るような叩き合い[25][29]」「ヘビー級ボクサー[注 3]の足を止めての殴り合い[30]」「大接戦の対決(head-to-head confrontations[32])」となり、これが最後の直線いっぱいに4、500メートルあまり続いた[33][34][35][注 4]。残り1ハロンほど(約201メートル)でわずかにエネイブルの勢いが勝り[28][25]、残り数完歩でエネイブルが前に出て[34]、最後はクビ差でエネイブルが勝利した[34]。, この模様は、「世紀の一戦」と評された1975年のグランディとバスティノのレースを様々なメディアが引き合いにだしつつ[32][34][30]、「巨星と巨星の決闘(duel de titans)[35]」、「ゴールの瞬間、毛が逆立つような興奮(at the line it made your hair tingle[31])」(タイムズ、Brough Scott)、「何十年も語り草になる(be talked of for decades[33])」「伝説的死闘(epic duel[33])」(BBC)、「史上最高かつ最も興奮したレースの一つ(one of the greatest and most pulsating races ever seen[37][38])」(レーシング・ポスト誌Peter Scargill、レーシング・ポスト誌Robbie Wilders)、「永久に語り継がれる(always linger longest in the memory)[32]」(Racint TV)、「おそらく競馬史上最高の一戦(Perhaps it even was the finest race ever run.)[38]」(ブラッドホース誌)、などと評した。, 続くヨークシャーオークスでは好スタートからハナを切るとそのままゴールまで逃げる形になり、前走2着のマジカルに2馬身半差をつけて優勝した。[39]また、この勝利によって当馬は2017年に続く同レース2勝目となった。[39], そして迎えたフランス凱旋門賞(G1)では史上初の3連覇が期待され、欧州の主要ブックメーカーは軒並み2倍を切るオッズをつけた[40]。当年の凱旋門賞は出走頭数は12頭と数こそ少なかったものの当年のアイリッシュチャンピオンステークス勝ち馬マジカルや前年の凱旋門賞4着で地元フランスのヴァルトガイストなどのこれまでに対戦したG1馬、当年のパリ大賞典を勝ったアイルランドのジャパンや当年のフランスダービー馬ソットサスなどの初対戦となるG1馬、キセキらの日本から参戦したGI馬、チェコから参戦した馬など非常に濃いメンバーとなった[41]。迎えた当日、パリロンシャン競馬場は午前中に雨が降り続き、午後こそ降り止んだもののレースは重の馬場状態で行われる事となった[42]。不確定要素が出てきたものの、やはり2倍を切る圧倒的な単勝1番人気に支持された[43]。そして迎えたレース、まずまずのスタートを見せるとそのまま先団につけて前目を追走、そのままコーナーを通過するとフォルスストレートで日本馬フィエールマンに並ぶ3番手辺りに歩を進めると直線途中で先頭に立ち抜け出しを図った。しかし残り100m付近で外から猛追してきたヴァルトガイストに差し切られて2着に敗れた[44]。エネイブル自身はレース連続12勝、G1レース連続10勝の記録が途切れ、史上初の凱旋門賞3連覇とはならなかった。レース後に鞍上のデットーリ騎手は「状態も良かったし、良く走ってくれたけど、あまりにも馬場が悪過ぎたのが響いた」「もし馬場が良ければ、(ヴァルドガイストより)先にゴールできていたと思います」と悔しい表情で語り、レース終了後の夜に涙を流した事を明かした[45]。, 凱旋門賞での敗戦後は5歳での引退かこのまま現役を続行するかの選択に注目が集まっていたが、陣営は6歳シーズンも現役を続行する方針を固めた[46]。, 6歳シーズンは7月のエクリプスステークスから始動したが、前年の凱旋門賞で10着のあとG3ドバイミレニアムステークス・G1コロネーションカップを共にレコード勝ちしていたガイヤースから2馬身と4分の1離された2着に完敗した[47]。, 続いてキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスに出走したが、登録馬の回避が相次ぎ史上最少頭数の3頭立てでのレースとなった。レースでは、道中2番手で進み、直線では楽な手応えで逃げたソヴリンを差しきり5馬身と2分の1差の完勝。同レース史上初の3勝目となった[48]。, 事実上の引退レースとして史上初の3勝目を目指し参戦したG1凱旋門賞では初の着外となる6着に終わり、花道を飾ることは出来なかった。レース後、ゴスデン調教師はこのまま引退させるか、次のレースに参戦させるかはオーナーに相談するとして明言を避けた。10月12日に現役引退を発表、レーシングポストが伝える。結局凱旋門賞がエネイブル最後のレースとなった。ジュドモントファームで繁殖牝馬となる。, 以下の情報は、JRA-VAN[49]及びRacing Postの情報[50]に基づく。, 第01回(1951年) シュプリームコート 2018年 アルファセントーリ 第15回(1965年) メドウコート 1994年 バラシア 第17回(2000年) カラニシ 第48回(1969年) レヴモス 第52回(2002年) ゴーラン 第20回(2003年) ジョハー(同着) 第53回(1974年) アレフランス 第52回(1973年) ラインゴールド 第10回(1960年) アグレッサー 第59回(1980年) デトロワ エネイブル. 第44回(1965年) シーバード 第43回(1993年) オペラハウス 2002年 カジア エネイブル(英:Enable)はイギリスの競走馬。. 第40回(1990年) ベルメッツ 第36回(1957年) オロソ 第04回(1923年) パース 第90回(2011年) デインドリーム 2004年 ソヴィエトソング 第16回(1999年) デイラミ 1992年 ミスターブルックス 2006年 ウィジャボード 第05回(1924年) マシーヌ 1999年 ラムルマ 第80回(2001年) サキー 第29回(1979年) トロイ 第61回(1982年) アキイダ 第33回(1983年) タイムチャーター 2015年 ゴールデンホーン 第30回(1951年) タンティエーム 〇ヴァルトガイスト. 競馬データ検索 データ検索. 2015年 ソロウ 第31回(1981年) シャーガー 【なんj競馬】エネイブルさん、つけられる種牡馬がいない 2020/10/6 なんJ , 種牡馬・血統 1: 風吹けば名無し 2020/10/06(火) 01:15:14.15 ID:Pdq+A1cx0 凱旋門賞2020の予想参考血統データ ★凱旋門賞過去5年の傾向. 第53回(2003年) アラムシャー 第19回(1969年) パークトップ 1992年 ユーザーフレンドリー Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. 第03回(1953年) ピンザ 第32回(2015年) ファウンド 2019年 エネイブル 第95回(2016年) ファウンド エネイブルは前半、2番手で競馬をすすめると、直線で早めに先頭に立ちます。 一度前にでたら前走イギリスオークスのように後続を置き去りにするかのような強い競馬でぐんぐん突き放して2着馬レインゴッデスに 5馬身半差の圧勝劇 でした。 第35回(1956年) リボー 1994年 バランシーン 2000年 ジャイアンツコーズウェイ, 2001年 ファンタスティックライト 第74回(1995年) ラムタラ 第36回(2019年) ブリックスアンドモルタル 第19回(1938年) エクレールオーショコラ 第28回(2011年) セントニコラスアビー 2010年 ゴルディコヴァ, 2011年 フランケル 【競馬】エネイブルという怪物の出現により世界中で近親交配が流行る可能性 2017/10/3 種牡馬・血統 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/10/02(月) 17:55:47.81 ID:CYq31so20 エネイブルの競走成績の競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 第97回(2018年) エネイブル 第55回(1976年) イヴァンジカ 1997年 ライアファン 第22回(1972年) ブリガディアジェラード 第30回(2013年) マジシャン 2014年 タグルーダ 第72回(1993年) アーバンシー 2015年 レガティッシモ 第51回(2001年) ガリレオ 第66回(2016年) ハイランドリール 第45回(1995年) ラムタラ 第15回(1998年) バックスボーイ 第43回(1964年) プリンスロイヤル 第04回(1987年) シアトリカル 第60回(1981年) ゴールドリヴァー 第37回(2020年) タルナワ, 1991年 アラジ 2013年 トレヴ 第62回(2012年) デインドリーム 第14回(1933年) クラポム 第58回(2008年) デュークオブマーマレード 第06回(1989年) プライズド 第68回(1989年) キャロルハウス 2016年 ファウンド data search. 第07回(1926年) ビリビ 第55回(2005年) アザムール 第17回(1967年) バステッド 2007年 ディラントーマス 第99回 凱旋門賞(gi)出走予定馬展望 日程:2020年10月4日(日) コース:パリロンシャン芝2400m 予想用・出走予定馬一覧 エネイブル(デットーリ騎手想定) 現役最強の座を長らくキープもすでに6歳牝馬となったエネイブルが今年も凱旋門賞に出走予定だ。 2003年 ファルブラヴ 第36回(1986年) ダンシングブレーヴ 第08回(1991年) ミスアレッジド 第25回(1946年) カラカラ 2004年 ウィジャボード 第18回(1968年) ロイヤルパレス 第04回(1954年) オリオール 2008年 ザルカヴァ 1995年 ファーザーフライト (Enable, Frankie Dettori and John Gosden at the 2018 Breeders' Cup)出典:wikipedia, By Jlvsclrk - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=74198173, 日本では海外の競馬のニュースが乏しいことから、海外の競争馬についてあまり詳しくない人は意外と多いと思います。, 内、G1タイトルを10個つかみ、そのうち8つのレースで2馬身以上差をつけて圧勝しています。, 例えばオーストラリアのウィンクスは生涯成績43戦37勝で33連勝、内G1を25連勝と、破竹の勢いままに今年の4月に引退しました。, 日本人にとってウィンクス以上になぜエネイブルが有名かというと、ひとえに凱旋門賞の存在があるからでしょう。, ウィンクスほど数字の勢いはないもののこちらも12連勝と勢いままに凱旋門賞を目指します。, そのエネイブルの強さの根源はどこにあるのか、エネイブルが過去に走ったレースを紹介しながらみていきたいと思います。, エネイブルは父はキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスを制したナサニエル。, ナサニエルの父(エネイブルの祖父にあたる)はイギリスダービー、アイルランドダービーと2か国のダービーを制した名門です。, その中でどのレースをピックアップしてエネイブルの強さを文章にまとめようかと悩みましたが、まずはエネイブルの記念すべき初G1となったイギリスオークスから見ていきたいです。, イギリスオークスはイギリスのエプソム競馬場で開催された12F(2400m)のレースです。, 余談話になりますが、東京競馬場で6月に開催される重賞エプソムカップは、このエプソム競馬場が由来で、東京競馬場とエプソム競馬場が姉妹競馬場として提携していることから冠名が付きました。, このイギリスオークスはあいにくの雨…というより雷雨が轟く中でのレースとなりました。, 1番人気は前年、ニューマーケット競馬場で開催されたフィリーズマイル(G1)を勝ったロードデンドロンが圧倒的一番人気でした。, レースはポケットフルオブドリームスが大きく逃げる形となり、中盤までは10馬身ほどの縦長の展開でレースが進行します。, 直線で2番手につけていたソベツがポケットフルオブドリームスをかわしますが、すぐ後ろで競馬をしていたロードデンドロンとエネイブルが並んでソベツをかわして先頭に立ちます。, 2頭のマッチレースとなりましたが、ロードデンドロンの内で競馬をしていたエネイブルが残り300mを過ぎたあたりでグングンと力強い走りを見せつけると、ロードデンドロンをぐいぐい突き放して5馬身差をつけてゴール板を駆け抜けました。, 2着だったロードデンドロンはその後シャンティイ競馬場で開催されたオペラ賞(G1)、ニューベリー競馬場で開催されたロッキンジステークス(G1)と、G1タイトルを2つ手にし、2018年に引退しました。, このときのロードデンドロンもこのイギリスオークスでは3着馬に4.5馬身ほど離しての2着に入選していて十分すぎるほど強い競馬をしました。, それ以上に、そのロードデンドロンを赤子扱いするような形で圧勝したエネイブルの強さが際立った一戦でした。, また、雷雨の中で勝ち切ったために、力のいる舞台でも戦えることが証明された、収穫の多い一戦だったといえるでしょう。, 2010年、2011年のエリザベス女王杯でメイショウベルーガ、アヴェンチュラ、ホエールキャプチャ、アパパネらを蹴散らして連覇した馬で、競馬歴が10年近くある人には馴染みのある馬でしょう。, スノーフェアリーはアイルランドで生産されたイギリスの競走馬で、イギリスオークス、アイルランドのオークス(アイリッシュオークス)と2か国のオークスを制した牝馬です。, 2か国のオークスを制した牝馬はスノーフェアリーを最後にいませんでしたが、その記録に乗っかかったのがこのエネイブルです。, 圧倒的な強さを見せたイギリスオークスから約1か月後にアイリッシュオークスが開催されます。, 一度前にでたら前走イギリスオークスのように後続を置き去りにするかのような強い競馬でぐんぐん突き放して2着馬レインゴッデスに5馬身半差の圧勝劇でした。, レインゴッデスも前走はG1で2着馬ですし、このレースでも3着馬に2馬身ほど空けての2着入選なので決して弱くはないのですが勝ち馬エネイブルが強すぎました。, アイリッシュオークスを制したあとはキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスで2着馬ユリシーズに4馬身半差つけて圧勝。, 凱旋門賞前の叩きとして、イギリスのヨーク競馬場で開催されるヨークシャーオークス(オークスと名称がついていますが3歳”以上”の牝馬が出走できるレースです。)に出走すると2着馬コロネットに5馬身差つけてあっさり勝利します。, この結果を見て、この年の最大目標を凱旋門賞に設定した陣営は追加登録料を支払い凱旋門賞へ出走することにしました。, サトノダイヤモンドはこの時4歳。3歳の頃に菊花賞を制してルメール騎手に初のクラシック勝利をプレゼントしました。, また、暮れの有馬記念ではキタサンブラックや前年のグランプリホースであるゴールドアクターを捕らえて優勝したことは記憶に新しいですね。, 4歳春の最大目標であった天皇賞春は外枠の不利に泣かされ、キタサンブラック、シュヴァルグランに先着を許しての3着でしたが強い競馬が見られました。, また、昨年、同期のダービー馬であるマカヒキが凱旋門賞で敗れてしまったことで、より一層、悲願の凱旋門制覇を目指して注目を集めていました。, ところがサトノダイヤモンドが凱旋門賞のステップとして選んだフォア賞では休み明け・海外輸送・重馬場に加えて慣れない洋芝の影響もあって4着に敗れてしまいました。, 日本では、サトノダイヤモンドが凱旋門賞で通用するのは不穏な空気に包まれていましたが、そのころ、エネイブル陣営は順調に凱旋門賞への準備をすすめることができました。, この年の凱旋門賞はロンシャン競馬場が改修工事ということもあり、シャンティイ競馬場で開催されることになりました。, 日本ではサトノダイヤモンドが悲願を成し遂げられるか、イギリスではエネイブルが怒涛の勢いで凱旋門賞を制するのかが注目される中、レースが始まりました。, シャンティイ競馬場の芝2400mはスタートから非常に長い直線を走って3コーナー~4コーナーを回ってゴール板を目指すワンターン式のコース形式となっています。, 日本で芝2400mでワンターン形式のコースはないので日本人にはあまり馴染みがありませんね。, レースは序盤、エネイブルは先行集団に立つかと思われましたが、長い直線で縦長の展開になり、3コーナーで先頭に立っていたのはオブライエン調教師のアイダホ、次いで同じくオブライエンのオーダーオブセントジョージ。そしてその後ろにエネイブルが立ちます。, 直線でアイダホやオーダーオブセントジョージが粘る中、サトノダイヤモンドは一杯になりつつありました。, アイダホやオーダーオブセントジョージをかわすと、牡馬の世界最高峰のメンバー相手にも全く寄せ付けないほどの勢いで加速し、見事に凱旋門賞初制覇を成し遂げたのです。, 翌年の凱旋門賞、日本ではクリンチャーが出走したことで話題を集めましたがフタを開けてみればエネイブルが連覇したことでエネイブルに話題は持っていかれましたね。, 例えばイギリスダービーは映像で見たら一目瞭然ですが激しい雨で非常に馬場が悪かったです。, 直線でロードデンドロンと競り合いになりましたがロードデンドロンの内から伸びてきてきました。, 力の必要な馬場なので相当脚に負担はかかりますし、なおかつバテやすい舞台で後続を突き放す勢いで勝ち切れたのは、ひとえにスタミナと力強い脚質があってこそです。, ただ、トップスピードは意外と速くなくて、例えば2018年の凱旋門賞、クリンチャーが敗れてしまったこのレースで早めに出し抜いて連覇を狙いましたが最後の最後、この年のアイリッシュオークスを制したシーオブクラスに詰め寄られています。, そのため、弱点としてははや仕掛けが裏目にでる、もしくは後続が勢いよく詰めてきたときに脆さがでてしまうかもしれません。, それでも有り余るスタミナと疲れることをしらない末脚でここまで連勝しているエネイブル。, 日本からもグランプリホースのブラストワンピース、長距離G1を2勝しているフィエールマン、逃げる競馬でG1前線を盛り上げたキセキと、現時点で3頭の日本馬が凱旋門賞を目指します。, JRAカードを発行すると、インターネットからJRA競馬場指定席が先行予約可能なJRAカード会員に登録可能です。JRAカードを持っていない一般会員よりも一週間早く予約でき、JRAカード会員のみ申し込める先行抽選に加え、一般抽選にも申し込めるので抽選チャンスが1回から2回に増えます。JRA競馬場の指定席をより確実に確保したい方にはおすすめです。, 初年度の年会費は無料(次年度以降1,375円(税込))で、カードデザインはシンプルなJRAロゴもしくは名馬11頭のデザインから選ぶことができます。ネットからすぐに申し込めるので、「JRA指定席の予約がしたい」「JRA指定席の当選確率を上げたい」という方はぜひ以下の記事を参考に申し込みをしてみてください。, >> 名馬11頭のデザインから選べる!JRAカード(クレジットカード)競馬ファンが嬉しい特典2つ. 第02回(1921年) クサール 第38回(1988年) ムトト 第86回(2007年) ディラントーマス 3歳時の2017年に凱旋門賞を制すなどこの年だけでGI5勝を挙げ、翌4歳時(2018年)には凱旋門賞の連覇に加え、ブリーダーズカップ・ターフを制し、同一年に凱旋門賞とブリーダーズカップ・ターフを制した初の競走馬となった。 2016年 マインディング 1999年 デイラミ 第56回(1977年) アレッジド 2020年 ガイヤース, 1991年 クーヨンガ 2000年 ペトルーシュカ, 2001年 バンクスヒル 2005年 ハリケーンラン 1993年 イントレピディティ 2013年 ムーンライトクラウド エネイブルは年齢的に衰えがどうか ラヴという強い馬も出てくるし で絶対という馬ではいない . 第71回(1992年) スボーティカ 第10回(1993年) コタシャーン 第15回(1934年) ブラントーム 第91回(2012年) ソレミア 2007年 ピーピングフォーン 第27回(1977年) ザミンストレル キューガーデンズ. 第59回(2009年) コンデュイット 2008年 デュークオブマーマレード 2014年 キングマン 第12回(1962年) マッチ 第35回(2018年) エネイブル 1995年 リッジウッドパール 第70回(2020年) エネイブル, 第01回(1920年) コムリッド Copyright (c) keibainfo.jp, All Rights Reserved. 第75回(1996年) エリシオ 第84回(2005年) ハリケーンラン 【凱旋門賞】打倒エネイブル候補がこの中にいる!今年だからこそ狙える海外馬ガイド - トピックス; 新たな歴史の誕生!武豊騎手&フルフラットがサウジアラビアで勝利掴む! - トピックス 【香港国際競走2019】日本馬3勝! 第24回(1945年) ニケローラ 第02回(1985年) ペブルス 第41回(1991年) ジェネラス 第32回(1982年) カラグロウ 2012年 ザフューグ 第87回(2008年) ザルカヴァ 第34回(1984年) ティーノーソ 第69回(1990年) ソーマレズ 第28回(1978年) イルドブルボン 2007年 ディラントーマス 第09回(1992年) フレイズ まずは予想から振り返り. 第62回(1983年) オールアロング 第40回(1961年) モルヴェド 第47回(1968年) ヴェイグリーノーブル 第20回(2003年) ハイシャパラル、 第33回(1954年) シカボーイ, 第34回(1955年) リボー 第13回(1963年) ラグーサ 2014年 ノーブルミッション 第50回(2000年) モンジュー 第05回(1955年) ヴィミー 2010年 スノーフェアリー, 2011年 デインドリーム 第30回(1980年) エラマナムー 第31回(2014年) メインシーケンス 第08回(1958年) バリーモス 第67回(2017年) エネイブル 名牝エネイブルは既に十分に実績を上げており、怪我をする前に無事に引退させてあげて欲しい」 というのが、ファンの偽らざる想いです。オーナーサイド、厩舎サイド、ぜひ宜しくお願い致します。 第78回(1999年) モンジュー 第11回(1961年) ライトロイヤル 1999年 デイラミ 第38回(1959年) セントクレスピン 2009年 ゴルディコヴァ 第21回(2004年) ベタートークナウ 第13回(1996年) ピルサドスキー, 第14回(1997年) チーフベアハート 立派な走りで日本競馬に. 第26回(1947年) ルパイヨン 第65回(2015年) ポストポンド 2004年 ウィジャボード エネイブルの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 第89回(2010年) ワークフォース 第37回(1987年) レファランスポイント 第06回(1956年) リボー 第42回(1992年) セントジョヴァイト 1996年 エリシオ 2020年 ガイヤース, Enable voted Horse of the Year at Cartier Awards; jockey Pat Smullen honoured, Enable and Frankie Dettori surge to historic King George victory, https://www.dailymail.co.uk/sport/racing/article-8490167/Trainer-John-Gosden-aware-task-facing-Enable-ahead-seasonal-debut-Coral-Eclipse-Stakes.html, Enable heads high-quality field of ten in King George, Gosden hails best filly he has trained after Enable's spectacular success, Prix de l'Arc de Triomphe: Enable heads field at Chantilly for Frankie Dettori, The King George VI And Queen Elizabeth Stakes (Sponsored by QIPCO), King George VI And Queen Elizabeth Qipco Stakes, King George Vi And Queen Elizabeth Stakes (Sponsored By Qipco), 2019 International Cataloguing Standards Book, THE HISTORY OF THE KING GEORGE VI AND QUEEN ELIZABETH STAKES, Enable out-duels Crystal Ocean in epic King George finish, 【キングジョージ】エネイブル優勝 鞍上のデットーリ「言葉にならない 凄く興奮している」, 【キングジョージ】エネイブルがクリスタルオーシャンとの死闘制し、G1・9勝目、11連勝 日本のシュヴァルグランは6着, Frankie Dettori and Enable dig deep to win epic King George at Ascot, Enable a mare in a million after King George VI and Queen Elizabeth Stakes win, Comment: Enable and Crystal Ocean stir the soul with epic showdown, Enable beats Crystal Ocean in epic duel to win historic second King George crown at Ascot, Enable holds off Crystal Ocean in epic duel to win King George at Ascot, THE KING GEORGE VI AND QUEEN ELIZABETH STAKES (GR.I) : ENABLE FAIT LE SPECTACLE, Enable prevails in epic King George battle to leave Frankie drained but joyous, Enable Denies Crystal Ocean in Epic King George, 【海外競馬】エネイブルがG1・10勝&12連勝達成!4頭立てのヨークシャーオークスを完勝 | 競馬ニュース, 武豊参戦で注目度アップ!キセキ、ブラストワンピース、フィエールマン、エネイブルほか2019凱旋門賞出走予定馬と馬券購入方法, 凱旋門賞当日リポート レースは重馬場で行われる見込み 武豊「札幌や函館の不良馬場のような感じ」, 凱旋門賞(G1) オッズ | 2019年10月6日 ロンシャン4R レース情報(海外競馬), L.デットーリ騎手「号泣」エネイブル凱旋門賞(G1)敗戦に……引退濃厚も「来年トライしたい」世界女王の現役続行を熱望, 【英・キングジョージ結果】女王エネイブルが貫録V!キングジョージ3勝目、GIは11勝目, Enable | Race Record & Form | Racing Post, https://www.oxfordlearnersdictionaries.com/definition/english/enable, https://dictionary.cambridge.org/ja/dictionary/english/enable, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=エネイブル&oldid=79958747. 第65回(1986年) ダンシングブレーヴ 第82回(2003年) ダラカニ 第22回(1943年) ヴェルソ 第64回(2014年) タグルーダ 第08回(1927年) モンタリスマン 2012年 フランケル 2018年 ロアリングライオン 2006年 マンデシャ 名馬11頭のデザインから選べる!JRAカード(クレジットカード)競馬ファンが嬉しい特典2つ, シンボリクリスエス 〜 ピークを越えた競馬ブームの裏で着実に結果を残した名馬の魅力 〜, メイショウドトウ!テイエムオペラオーの最大のライバルとして君臨した名馬の生涯に迫る. 第63回(1984年) サガス 回顧して参りましょう。 <凱旋門賞2018予想・印&買い目> エネイブル. 第66回(1987年) トランポリーノ, 第67回(1988年) トニービン 2008年 ザルカヴァ 第10回(1929年) オルテッロ 第07回(1990年) インザウイングス 第19回(2002年) ハイシャパラル 第37回(1958年) バリーモス 1994年 バラシア 第12回(1995年) ノーザンスパー 来年の糧に変えられるよう. ☆この2頭は母母父が ネヴァーベンド系 という点も共通しています。 2005年 アザムール 2009年 シーザスターズ 2002年 ロックオブジブラルタル 第31回(1952年) ヌッチョ 第21回(1942年) ジェベル 第54回(1975年) シュターアピール 凱旋門賞に出走予定の有力馬を紹介する『有力馬CHECK』。全4回の連載で、初回は史上最多の凱旋門賞3勝目を目指すエネイブル(牝6)を取り上げる。 1996年 ホーリング 1993年 オペラハウス 2018年 エネイブル 第83回(2004年) バゴ 第09回(1928年) カンタル 第22回(2005年) シロッコ 第05回(1988年) グレートコミュニケーター 1996年 ボスラシャム 第42回(1963年) エクスビュリ 第54回(2004年) ドワイエン 第25回(2008年) コンデュイット, 第26回(2009年) コンデュイット 第61回(2011年) ナサニエル 2009年 サリスカ 第46回(1967年) トピオ 第94回(2015年) ゴールデンホーン 史上初のV3を狙ったエネイブルと2強を形成するはずだったラブが1日に回避し、2日の荒天により、馬場状態を示す数値は4・6(LOURD=不良)。 第85回(2006年) レイルリンク さらに言えば、エネイブルとディアドラがいなかったら、日本における海外競馬を取り巻く環境は、かなり違ったものとなっていた可能性が高い。 願わくば、日本のエネイブル・マニアが、彼女の引退後も海外競馬を見続けて欲しいと切に思う。 1998年 ドリームウェル 2006年 ウィジャボード 2019年 スターキャッチャー 第11回(1994年) ティッカネン 第49回(1999年) デイラミ 1998年 スウェイン 第32回(1953年) ラソレリーナ 第39回(1960年) ピュイッサンシェフ 第50回(1971年) ミルリーフ 2003年 ラシアンリズム 第70回(1991年) スワーヴダンサー 第03回(1986年) マニラ 第88回(2009年) シーザスターズ 第07回(1957年) モンタヴァル 1992年 ユーザーフレンドリー 第23回(2006年) レッドロックス 第24回(2007年) イングリッシュチャンネル 第39回(1989年) ナシュワン 1998年 ケープヴェルディ 第48回(1998年) スウェイン 第33回(2016年) ハイランドリール 第06回(1925年) プリオリ 2.12; 生産地: イギリス; 生産者: Juddmonte Farms Ltd. 性別: 牝; 毛色: 鹿毛; 調教師: John Harry Martin Gosden(英国) 馬主: Khalid Abdullah; 競走成績: 19戦15勝; 受賞歴: 2017年 カルティエ賞年度代表馬、最優秀3歳牝馬 2018年 カルティエ賞最優秀古馬 2017年 エネイブル インタビュー 海外競馬 ... ステップレース コース解説. 第68回(2018年) ポエッツワード 第46回(1996年) ペンタイア, 第47回(1997年) スウェイン 2013年 トレヴ 第03回(1922年) クサール 2017年 ユリシーズ 2017年 エネイブル 第81回(2002年) マリエンバード 【やったぜ】エネイブルさんの実績が、名馬中の名馬な件【競馬】 2020年9月14日 【競馬バトル】エネイブルに勝てる日本馬って存在した? 第21回(1971年) ミルリーフ 第69回(2019年) エネイブル ☆パリロンシャン競馬場に戻ったここ2年の勝ち馬エネイブルとヴァルトガイストはどちらも Galileo(サドラーズウェルズ系) の系統です。. 第64回(1985年) レインボウクエスト 凱旋門賞の最終予想といきましょう。といっても、aオブライエン厩舎の4頭が出走取り消しとなり馬券的な妙味はなくなった感が強くあります。エネイブルを逆転する馬もいなさそうですし、素直に予想していく形です。 8番エネイブル前走は2018年以来でオ 1995年 リッジウッドパール 1993年 ロックソング 第77回(1998年) サガミックス 1997年 パントレセレブル 第18回(2001年) ファンタスティックライト 第57回(2007年) ディラントーマス 第25回(1975年) グランディ 第99回(2020年) ソットサス, 第01回(1984年) ラシュカリ 第14回(1964年) ナスラム 第73回(1994年) カーネギー 第92回(2013年) トレヴ 2019年 エネイブル 第98回(2019年) ヴァルトガイスト 2020年 ラヴ, 1991年 テリモン 第20回(1970年) ニジンスキー 第28回(1949年) コロネーション エネイブルは牝馬だし負けてもいいとビッグレースに出しまくってら 勝ちまくってしまった模様 27: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/07/02(火)19:31:1 ID:Q71imRxu0 第11回(1930年) モトリコ 第76回(1997年) パントレセレブル データ topへエネイブル. 第41回(1962年) ソルティコフ 第23回(1973年) ダリア, 第24回(1974年) ダリア 第45回(1966年) ボンモー 2003年 ダラカニ 第63回(2013年) ノヴェリスト 第49回(1970年) ササフラ 第12回(1931年) パールキャップ 3歳時の2017年に凱旋門賞を制すなどこの年だけでGI5勝を挙げ、翌4歳時(2018年)には凱旋門賞の連覇に加え、ブリーダーズカップ・ターフを制し、同一年に凱旋門賞とブリーダーズカップ・ターフを制した初の競走馬となった。2017年と2019年の全欧年度代表馬[1]。キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス3勝は史上初[2]、凱旋門賞2勝は史上最多タイ。2019年度のワールド・サラブレッド・ランキング世界1位タイ[3]。, エネイブルは2014年生まれのイギリス産サラブレッドで、生産者はジュドモントファーム、馬主はハーリド・ビン・アブドゥッラー[4][注 1]。調教師はサフォーク州ニューマーケットを本拠にするジョン・ゴスデン[5]。, エネイブルは2011年にキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、翌年のエクリプスステークスを制したナサニエルの初年度産駒である。母馬であるConcentricは、フランスではリステッド競走を1つ勝ち、G3のフロール賞(Prix de Flore)で2着した[6]。その全姉にはフリントシャーの母であるDance Routineがいる[7]。, デビュー戦は11月18日の牝馬限定メイデン(未勝利戦)でロバート・ハヴリンを乗せて3と3/4馬身を付けて快勝。2歳時はこの一戦だけだった。, 3歳シーズンは鞍上をウィリアム・ビュイックに代えて4月の条件ステークス(1マイル2ハロン)から始動。しかし同厩舎のシャッタースピードから2と3/4馬身を付けられての3着に敗北。続けて5月のチェシャーオークス(英語版)(リステッド、1マイル3と1/2ハロン)にランフランコ・デットーリを乗せて出走。これ以降のレースは全てデットリーが騎乗している。アメリカ産馬アルリングリィに1と3/4馬身差を付けて勝利。ここから連勝街道が始まる。, 6月2日に行われたオークスに2番人気で出走。道中好位追走から直線で抜け出すと、残り2ハロンあたりから1000ギニー2着で1番人気のロードデンドロンとの叩き合いとなり、最後は5馬身差をつけて圧勝、G1初制覇を果たした[8]。, また、続く愛オークスでは、2番手追走から直線に入って先頭に立つとそのまま後続を突き放し、2着のレインゴッデスに5馬身半の差をつけ圧勝した。英愛オークス連覇はスノーフェアリー以来7年ぶり[9]。, 次走に関しては未定であったが、後にキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスへの出走が決定[10]。レースでは先行しながら逃げ馬との差を徐々に詰め、直線では迫る後続を突き放し、2着のユリシーズ(Ulysses)に4馬身半の差をつけて完勝した。レース後、管理するJ.ゴスデン調教師は「彼女は、私が調教した中で最高の牝馬だと思う」と述べた[11]。その後、凱旋門賞に向かう前にヨークシャーオークスに出走すると、同厩のコロネット(Coronet)に5馬身差をつけて圧勝した。, エネイブルは予定通り、12万ユーロの追加登録料を払って凱旋門賞(G1)に出走[12]。圧倒的人気で出走すると、早目先頭に立ってそのまま後続を突き放し、2着のクロスオブスターズ(Cloth of Stars)に2馬身半差をつけて完勝、英国調教の3歳牝馬として初の凱旋門賞制覇となった[13]。, 翌4歳シーズンは当初5月か6月の復帰を目指していたが[15]、5月の調教中にひざを負傷[16]。復帰は9月のセプテンバーステークス(G3、AW11F219Y)にずれこんだ。このレースではこの年のキングジョージ2着馬クリスタルオーシャンに3馬身半の差を付けて圧勝。, そして連覇を目指し出走した凱旋門賞では道中4番手から直線で抜け出し、道中最後方から追い詰めた愛オークス馬シーオブクラスを僅か短首差に抑えて連覇を達成した。凱旋門賞連覇は史上7頭目、牝馬としては3頭目。, その後、アメリカに遠征しブリーダーズカップ・ターフに出走した。レースでは道中6番手から直線先頭に立ち、2着マジカルを3/4馬身差抑え優勝。凱旋門賞からBCターフの同一年連覇は史上初。, 初戦は7月のエクリプスステークスになり、前年のBCターフで2着だったマジカルに3/4馬身差を付けて優勝した。, 7月27日のキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(G1、1マイル3ハロン211ヤード[17][18][注 2])では序盤から後方を進み[26][27]、最後の直線に入ると外から一気にスパート[28]、先行していた世界ランク1位のクリスタルオーシャンをクビ差退けて優勝した。最後の直線では2頭がまったく並んでの「一騎打ち[29]

競馬 > エネイブル

イギリス ファッション 歴史 本, ダーツ 肘 開く, テセウスの船 原作 結末, 北海道システムサイエンス Rna-seq 価格, キユーピー 株主優待 改悪,