島田裕巳 戦後の韓国社会では、キリスト教の伸びが著しい。米調査機関、ピュー・リサーチ・センターによれば、2010年における韓国のキリスト教徒の割合は29パーセントに達し、仏教を凌駕している。仏教は23パーセントである。 もう一つの「特徴」 本論文は朝鮮半島におけるキリスト教の土着化を恨から考察しようとした。 序論では「大伝統と周辺」の枠組みから韓国宗教史を概観し、本論文の考察対象である「韓国的キリスト教」のキーワードとなる恨にまつわる宗教文化史を整理した。 ― 95― 論 文 韓国における初期キリスト教受容の要因[中](2/3) 常 石 希 望 概 要 本稿は『言語と文化』第13号(ʼ05. 起こした。そして、このような変化は、韓国キリスト教の新しい歴史的特質を具現し たと指摘されている。この研究論文は、まず韓国キリスト教の初期大復興運動の過程 とその歴史的特質を、韓国キリスト教の社会運動の視座から探ろうとする。また、大 論文内容の要旨 元来日本はキリスト教が根づきにくい国である。そうした状況にありながら、韓 国出自のキリスト教会が日本で宣教を展開し、日本在住の韓国人のみならず、日本 人信者も一定程度獲得している事例が見られる。 韓国におけるキリスト教人口は,プロテスタントが約860万 人,カトリックが約510万人である。韓国の4,700万人の人口から見ると,人 口の4分の1以上がキリスト教信者である。 一方,韓国のキリスト教は海外に派遣している宣教師の数も多く,外国宣教 解放前後の韓国におけるカール・バルトの受容と理解 59 アジア・キリスト教・多元性 現代キリスト教思想研究会 第16号 2018年3月 59~81頁 解放前後の韓国におけるカール・バルトの受容と理解 ―日韓のキリスト教出版界の比較を中心に ― 洪 承 杓 はじめに 一日本の新宗教と韓国のキリスト教を事例に一 学位論文内容の要旨 本論文のタイトルにある韓国と日本における宗教文化交流とは、一方では1980年代から創価 学会が韓国で教勢を拡大し、公称現在140万人の信者を獲得して、韓国第4の宗教勢カとなっ 論文 1945年前後の韓国キリスト教の受難 ―信仰と良心の圧制に対する抵抗,そして屈折と懺悔の問題―(1) 徐 正 敏 序論−近代日本の宗教政策と国家統合方案 日帝下,特に解放直前のファシズム絶頂期に韓国キリスト教は最も 過酷な受難を経験した。 Title <論文>武断統治期(1910-1919)における韓国キリスト者の 「内地=日本」認識 Author(s) 洪, 伊杓 Citation アジア・キリスト教・多元性 (2016), 14: 77-99 韓国基督教の日本認識研究-内地概念を中心に-』(延世大学校大学院神学科博士学位論文、2014年)、絹川久子「『フェ ミニスト神学を生きる」アジアの女性たち (特集 性差別と東アジアのキリスト教)」(『キリスト教文化』春号、2017 韓国キリスト教歴史研究所. 原著<韓国キリスト教歴史学会編『韓国キリスト教の歴史 第Ⅲ巻 〜解放 (1945)から20 世紀末まで〜』Seoul. 2009、菊版、313 頁 > ここに翻訳したのは同書「第13 章 教会の成長と発展」である。 著者が執筆した『聖霊クリストファー大学社会福祉学部紀要』No.8(2010年)掲載の論文「韓国はなぜ短期間にキリスト教徒多数の国になったか」は、この書籍の土台となった研究報告である。 7)に発表した同名論文[上]に 教文化-韓国の日系新宗教 日本の韓流キリスト教』北海道大学出版会、2011 年、 244-280頁(申光澈との共著のため執筆した部分のみ使用)。 ISBN-13:978-4832967571

韓国 キリスト教 論文

三浦春馬 鈴木亮平 友達, ホワイト アウト 馬, ライブパレード 動員数 補正, 誰も知らない 実話 長男 その後, 中央大学 有名人 ステハゲ, トミカ 当選 2020, 阪神 ユニフォーム デザイナー,