掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 内川 恩師在籍のヤクルト入りへ 「圧倒的得点力不足だな」「前半で決めてれば…」メキシコに完敗…。年内最終マッチの結果に、ファンも悲喜こもごも, 韓国メディアが森保ジャパンとの “アンタクト韓日戦”に注目! 3戦連続無失点の戦いぶりにも言及. 【メキシコ戦|動画&記事一覧】Pick up PLAYERS、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc. 負けて当然だね 韓国 ・F〇ck Japan イランの方が強いチームだった ↑ハハハこれが負け犬のコメントか(笑)サッカーのやり方から勉強してこい ↑日本>>>>>>>>>>>イラン 韓国より ・おめでとう日本 でも最初のゴールはラッキーだったね。 【韓国の反応】日本、韓国政府要請の局長級協議を拒否「韓国側が嘘の説明をしていて信頼が崩れた。 今後韓国… 2019-07-18 00:07:13 【みずきの女子知韓宣言(´∀`*)】 0:01 サッカーと呼ぶ国vsフットボールと呼ぶ国を示した世界地図(海外の反応) 後で読む ワールドサッカーファン 海外の反 x 23:38 韓国メディア:チョン・ソンリョンは川崎フロンターレの生ける伝説…関係者「JリーグGKの模範」 後で読む 内川ヤクルト入り決断!背番「7」有力 交渉解禁日に即決、背景に恩師の存在と家族会議, 「屈辱的だが日本から学べ」「アジア1強だ」韓国メディアがイラン"完破"の森保ジャパンを大絶賛!. 「中国・韓国」カテゴリ、韓国の反応・中国の反応の新着記事まとめ。海外の反応アンテナは、海外の反応系ブログ・翻訳ニュースの新着記事や人気記事を紹介する、まとめアンテナサイトです。 韓国サッカーのラフプレーに対する海外の反応は、過去も現在も非常に厳しいものばかり。 手段を選ばず力ずくで勝利を掴み取ろうとするプレーは決して受け入れられるものではなく、これでは真のサッカー大国とは到底言えません。 new! イランは韓国にだけ強いのであって、アジアカップで強いのは日本で、ワールドカップで強いのは韓国でしょう。 ... これはサッカーに興味ない韓国人のレスだろう。 2. new! 横浜FMは逆転負け ACL8強ならず new! 8/31にワールドカップアジア最終予選グループA「韓国vsイラン」が行われますね!今回の記事では、ワールドカップ出場をかけて熾烈な争いをしているグループAの2位韓国と、既にワールドカップ出場を決めている「イラン」との一戦の放送・中継情報につ まずは韓国ネタから。【イラン外務省「原油代7兆ウォン支払え」…韓国外交、中東でも非常事態】イラン外務省が先日現地駐在の韓国大使を呼び「イラン産原油と超軽質油の輸入代金を支払え」と強く抗議したことが13日までにわかった。代金はおよそ7兆ウォン イラン外務省は先月、韓国の大使に呼びかけ、アジアの国に販売した石油に対して7兆ウォン(60億ドル)の支払いを要求したと朝鮮日報は報道した。 イランは、中東に対する米国の制裁のために長年イランの中央銀行に振り込まれずに韓国・・・ サッカーの「海外の反応」ブログの更新情報を集めている、サッカーに特化したアンテナサイトです。ドイツや韓国などの現地ニュースや掲示板を翻訳しているブログを掲載しております。「2chまとめ、クラブ、コラム、動画」の情報も配信中。 韓国のサッカーファンたちの反応もメディアの論調と変わらない。 『東亜日報』は「日本、イランを3−0で完破、韓国ファンたち“脱アジア級、韓国も奮発しなければ」と題した記事の中で、ネット上で見受けられたサッカーファンたちの書き込みを紹介。 new! 「世界の憂鬱 海外・韓国の反応」の新着記事まとめ。海外の反応アンテナは、海外の反応系ブログ・翻訳ニュースの新着記事や人気記事を紹介する、まとめアンテナサイトです。 森保ジャパンには「攻撃の原型がない」 チームの狙いを示す「言葉」の少なさを金田氏が懸念, 「南野・久保も無駄だった」韓国メディア各社が日本代表の“完敗”を報道…最大級の賛辞が贈られた選手は?, 「久保を投入し、最後の希望をかけたが…」韓国は森保J年内最終戦をどう見た?「後半に守備の不安を露出」. 2大会ぶり5回目の決勝進出を果たした森保ジャパン。韓国メディアは「日本は実利を取るサッカーを行なっている」と評価した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部), イラン戦の森保Jを海外メディアが採点!最高点は大迫勇也に、次点で南野と権田が高評価に|アジア杯, 「本当に自分を恥じている…」日本戦の“蛮行”で大バッシングを受けたイランのエースがSNSで謝罪|アジア杯, 【イラン戦|戦評】攻守が噛み合った今大会のベストゲーム。光ったのは森保ジャパンの真骨頂だ, 「スポーツマンシップはどこへ?」「道徳と試合の両方を失った」イラン代表FWの振る舞いに海外からも批判|アジア杯. 五輪追加経費分担 IOC会長ら称賛 パリ五輪 競技にブレークダンス ・↑サッカーの神が答えてくれた。 ・varがあったらなぁ。 ・この試合は悲劇だったよ。 審判は何としても韓国を勝ち進めようとした。 ・2022年もこういうことが起きると思っておけ。 ・最低のワールドカップ。 最低の韓国は結局ドイツに敗れた。ハハハ。 (c)Nippon Sports Kikaku Publishing inc. All rights reserved. サッカー海外反応のアンテナページです。 主に海外サッカーの試合についての反応を集めました。 プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーグ、セリエA、などサッカーの海外反応をお楽しみ … !】ドイツで飛躍を遂げる遠藤航。ハリー杉山氏に自らの将来や日本サッカーの未来について語り尽くす, あの『伝説のPK戦』を振り返る。名波浩、中澤佑二、遠藤保仁が2004年アジアカップ・ヨルダン戦をレビュー, 【U-17WWC】MF 森田美紗希「もっと仕掛ければ良かったとかゴールを狙って相手を脅かせればとか、結構後悔している部分はあります。」, eスポーツ強豪シンガポールに日本完封負け。Nasriがスコアレスドロー、岡崎は完敗に終わる。. 「後半、全員別人だわ」「遠藤、ドイツで覚醒したなあ」森保ジャパンの勝利にファン大喜び! しかし物足りなさも…, 「日本代表、パス繋がらないね」「久保光ったな!」パナマ戦、日本で見守るファンの感想は…. 2019.1.29 ・ 日本代表, アジアカップ準決勝で森保ジャパンがイランを下したことは韓国でも一斉に報じられている。, 「日本、イランを3-0で完破、強い砂嵐を突破しアジアカップ優勝へ前進」(『エコノミーニュース』), 「異変ではない異変。日本、イランに3-0の圧勝…イランはマナーでも完敗」(『亜州経済』), 「集中力の日本、性急だったイランを3-0で完破…5度目の優勝に挑戦」(『MKスポーツ』), 「日本、勝つことで“強者”になる…イラン、3-0で大破」(『Best Eleven』), 例えば『スポーツ朝鮮』は「イラン戦3得点を作った南野、笛が鳴るまで止まってはいけない理由」と題した記事を掲載。『OSEN』も、「南野の集中力で日本、イランに完勝」とした。, また、苦戦続きだったグループリーグから一転、決勝トーナメント進出以降、試合を重ねるごとに日本の強さが増していると評価するメディアも多い。, 『スポーツソウル』は、「弱そうに見えた日本がアジアカップ決勝へ…韓国とはまったく違う勝因とは」と題した記事の中で森保ジャパンの準決勝までの歩みを論評しながら、「日本は実利を取るサッカーを行なっている。もともと日本は、短いパスを通じて試合を展開させるスタイルにこだわるところがあった。しかし今回のアジアカップでは、急速なカウンターを試みたり、セットプレー、ロングボールを適切に活用したりしている」と分析した。, ただ、やはりというべきか、もっとも多いのは韓国との比較も絡ませた森保ジャパン評だ。, 例えば『中央日報』は「欧州組2VS11…ベント号、日本から学べ」と出した特集記事を掲載。「欧州選手と体格的にも近いイランの選手にも押されなかった。南野の執念は大迫の先制ゴールにつながった」としながら、先発全員が欧州でプレーしている日本に着目しつつ、「日本サッカーは前進しているが、韓国サッカーは停滞している」と締めくくった。, 『メディア・ペン』の記事も興味深い。同メディアは「日本のイラン完破が羨ましい。韓国サッカー、屈辱的だが日本から学べ」という記事の中で、「準々決勝までさほど強く見えなかった日本が強力な優勝候補であるイランに大勝した原動力は何か。個人の力量では日本もイランも大差なかったが、日本の選手には根気があり、集中力を発揮して相手の隙も見逃さなかった」とし、「失望的なプレーが多かった韓国の選手と比較せざるを得ない」と、期待外れに結果に終わった韓国を嘆いていた。, 韓国のサッカーファンたちの反応もメディアの論調と変わらない。『東亜日報』は「日本、イランを3-0で完破、韓国ファンたち“脱アジア級、韓国も奮発しなければ」と題した記事の中で、ネット上で見受けられたサッカーファンたちの書き込みを紹介。サッカーファンたちも、「日本のパスは凄すぎる。選手の基本技術も何段階も上。マジで脱アジア級だ」、「日本はロシアW杯のときも感じたが、アジア1強だ」「日本の個人技と組織力が本当に羨ましい。バックパスとクロスだけを乱発する韓国サッカーと対比すると……」など、日本の強さを高く評価し、自国の不甲斐なさを嘆く声が多かった。, いずれにしても韓国は、強敵イランを撃破して決勝進出を決めた森保ジャパンを羨望の眼差しで見つめている。「刷新して日本らしく、森保ジャバン羽ばたく」(『News1』)「香川・本田なしの世代交代で決勝進出、驚くべき日本」(『スポーツ韓国』)と韓国でも注目が集める森保ジャパン。「日本5度目の優勝に自信、アジアカップ決勝の勝率は100%」(『MKスポーツ』)と報じられる通り、見事、頂点に立つことができるだろうか。複雑な感情を抱きながら韓国も注目していることは間違いない。, 【ACL】横浜、決勝T1回戦で水原三星に2-3惜敗…エリキ弾で先制も、元鳥栖キム・ミヌに逆転弾を許し16強敗退, 2020.12.8 ・ Jリーグ, 【神戸】「この大会でも成長したい」西大伍がACL8強進出を引き寄せる一発! 試合後に語った33歳の衰えぬ向上心, 2020.12.7 ・ Jリーグ, 【ACL】神戸、初出場で8強入り! イニエスタ&西の2発で上海上港との日中対決を制す!, 「それは恐ろしいぐらい」久保建英が保有元マドリーの“プレッシャー”を現地紙に語る! 日本から注目を浴びることについては…, 2020.12.7 ・ 日本代表, 「枠内シュート18位、チャンス創出20位」オーバメヤンの代理人が低迷するアーセナルに痛烈な皮肉!好機の少なさに不満か?, 2020.12.7 ・ 海外サッカー, 東京五輪世代の現状は? 欧州組に明暗…冨安、中山、板倉ら守備の軸は順調も、アタッカーに停滞感, 2020.11.19 ・ 日本代表, 「遠藤と伊東には驚いた」英国熟練記者が森保ジャパンの欧州遠征4試合を総括!「前線のベストな選択肢は明らか」, 「愛されていると感じる」ベイルがトッテナム復帰後の“変貌”を告白!マドリー時代から甦った点とは?, 2020.11.19 ・ 海外サッカー, 「ピピは周囲を驚かせている」マドリー番記者に訊く中井卓大の“リアル評”。クラブ関係者が「大きな進歩」と明かしたのは…【現地発】, FC東京、敵地で2-2ドロー、暫定4位でACLへ。仙台は前節ハットの長沢駿が2戦連発も、今季初の連勝ならず, 2020.11.18 ・ Jリーグ, 「チームを一変させた」途中出場で“空気を変えた”久保建英をスペイン紙が激賞!「1000回転で試合に参加した」, 2020.12.7 ・ 日本代表, 「日本人のゴラッソだ」岡崎慎司が決めた衝撃の“40Mループ弾”を現地メディアが称賛!「GKは何もできなかった」, <2020ベストヒット!>「まじかよ!」「同じ人間か…」元なでしこ永里優季が披露した“上半身裸の肉体美”にファン感嘆!, 2020.12.7 ・ なでしこ, まさに難攻不落! リバプールがホーム無敗記録を「65」に更新。“元同僚CB”のミスで難敵を退ける, 2020.12.7 ・ 海外サッカー, 岡崎慎司が圧巻のループ弾で待望のリーガ1部初ゴール!ウエスカは終盤の2失点で初勝利ならず, 2020.12.6 ・ 日本代表, 名波浩の『あのスーパーゴール』が生まれたアジアカップイラク戦を名波、中澤佑二、遠藤保仁が振り返る, オランダ女子代表戦 試合後コメントDF熊谷紗希選手「自分たちのサッカーはブレることなく、結果を出せるチームになっていかないといけない」, Web Nasriがサッカーe日本代表の実力を見せつけ、岡崎慎司はビデオゲームでも「らしい」プレイを連発, 【9/23配信スタート! 【パナマ戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc. 韓国のサッカーファンたちの反応もメディアの論調と変わらない。 『東亜日報』は「日本、イランを3-0で完破、韓国ファンたち“脱アジア級、韓国も奮発しなければ」と題した記事の中で、ネット上で見受けられたサッカーファンたちの書き込みを紹介。

韓国 サッカー イランの反応

韓国ドラマ スイッチ キャスト, 東北学院 高校 予定 表, ブラウアー ヒンメル ウイニングポスト, リネレボ 盟主 職, ダーツ 投げ方 背が低い, 石川 フェスティバル バスケ, 高校野球 ランキング 都道府県, ヤナギ フィールド 評判,