こった。なぜこれほど多くの任官拒否者が出たのだろうか。防衛大学校の任官拒否、2 çœŒ 横須賀市 èµ°æ°´1-10-20に本部を置く日本の省庁大学校である 。 1952年に創立、1954年に現校名になった。 略称は防大または防衛大 ç†å¤§è‡£ä»¥ä¸‹ã€å¤§å‹¢ã®æ¥è³“が出席する盛大な式だが、今年は新型コロナウイルスの影響で、来賓の人数も大幅に縮小され、父兄も不参加。 (2ページ目)3月下旬になるとメディアやネットを賑わせる恒例行事がある。防衛大学校卒業式がそれだ。と言っても、話題の焦点は卒業式自体ではない。防衛大学校卒業後に自衛官として任官しない、いわゆる「任官辞退者」の話だ。 並河 健(なみかわ けん、1978年12月26日 - )は、日本の政治家、外交官。奈良県天理市長(2期)。, 中谷 真一(なかたに しんいち、1976年9月30日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(2期)。, 宇都 隆史(うと たかし、1974年11月12日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(1期)。元航空自衛官(最終階級:1等空尉)。, 武田 圭史(たけだ けいじ、1970年 - )は、日本の研究者。慶應義塾大学環境情報学部教授。専門分野は情報セキュリティ(侵入検知、セキュリティアーキテクチャ、ソフトウェアセキュリティ等)、ITマネジメント、情報倫理。, 油井 亀美也(ゆい きみや、1970年(昭和45年) - )は長野県出身のJAXA宇宙飛行士である。元航空自衛官。, 濱口 和久(はまぐち かずひさ、1968年10月14日 - )は、安全保障・領土問題アナリスト。防災・危機管理教育アドバイザー。拓殖大学地方政治行政研究所附属防災教育研究センター副センター長(客員教授)。一般財団法人防災教育推進協会常務理事・事務局長。日本政策研究センター研究員。城郭研究家としての顔も持ち、城郭に関する書籍も出版。保守系インターネットチャンネル「日本文化チャンネル桜」で「濱口和久の防災・危機管理塾」キャスターも務める。, 稲葉 由之(いなば よしゆき、1964年 - )は、明星大学経済学部教授、元慶應義塾大学経済学部教授、元一橋大学経済研究所客員教授。, 折口 雅博(おりぐち まさひろ、1961年6月11日 - )は、日本の実業家。人材派遣会社大手のグッドウィル・グループ(現:アドバンテージ・リソーシング・ジャパン) (GWG) 前会長。, 三淵 啓自(みつぶち けいじ、1961年- )は、東京都生まれの研究者、システムエンジニアである。現在はデジタルハリウッド大学大学院教授、株式会社日本ウェブコンセプツ代表取締役。, 佐藤 正久(さとう まさひさ、1960年(昭和35年)10月23日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)、自民党参議院政策審議会副会長。元防衛大臣政務官(第2次安倍内閣)。, 村井 嘉浩(むらい よしひろ、1960年8月20日 - )は、日本の政治家。宮城県知事(民選第18-20代)。復興庁復興推進委員会委員。過去に、宮城県議会議員(3期)、東日本大震災復興構想会議委員などを歴任。, 小室 寿明 (こむろ ひさあき、1960年9月18日 - )は、日本の政治家。民主党所属の元衆議院議員(1期)。元島根県議会議員(4期)。, 高木 宏壽(たかぎ ひろひさ、1960年4月9日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の元衆議院議員(2期)。父は、元北海道議会議員の高木繁光。, 岡部 俊哉(おかべ としや、1959年(昭和34年)2月- )は、日本の陸上自衛官。第35代陸上幕僚長。, 宮原 博昭(みやはら ひろあき、1959年7月8日 - )は、日本の実業家。株式会社学研ホールディングス代表取締役社長。, 菊地 豊 (きくち ゆたか、1958年6月8日 - )は、日本の政治家、陸上自衛官。静岡県伊豆市長(2期)。, 臼井 興胤(うすい おきたね、1958年10月31日 - )は日本の実業家。日本マクドナルド株式会社最高執行責任者、株式会社セガ代表取締役社長、米グルーポン社東アジア統括副社長を経て、現在、株式会社コメダ代表取締役社長。, 番匠幸一郎(ばんしょう こういちろう、1958年(昭和33年)1月 - )は、陸上自衛官。西部方面総監(35代)。鹿児島県鹿児島市出身。, 鍜治 雅和(かじ まさかず、1957年(昭和32年)4月 - )は、元海上自衛官。第20代潜水艦隊司令官。, 中谷 元(なかたに げん、1957年10月14日 - )は、日本の政治家、元陸上自衛官(二等陸尉、レンジャー)。自由民主党所属の衆議院議員(9期)、防衛大臣(第14代)、自民党高知県連会長。, 齊藤 治和(さいとう はるかず、1956年(昭和31年)1月2日- )は、日本の航空自衛官。第33代航空幕僚長。職種は飛行(戦闘機操縦士)。TACネームは「GOA」。総飛行時間は約3300時間、その約半分はF-15戦闘機によるもの。, 太田 清彦(おおた きよひこ、1956年5月15日 - )は秋田県出身の陸上自衛官。自衛隊イラク派遣では第5次復興支援群長を務めた。自衛隊カンボジア派遣や中東駐箚の防衛駐在官など、数多くの海外勤務経験を持つ。職種は普通科。, 福田 築(ふくだ きづく、1956年(昭和31年)10月8日[1] - )は、福岡県出身の陸上自衛官。, 川口 有一郎(かわぐち ゆういちろう、1955年 - )は日本の経済学者。早稲田大学教授。専門は金融工学、不動産金融工学、不動産経済学(英語版)。, 惠 隆之介(めぐみ りゅうのすけ、1954年 - )は、日本の作家、評論家、ジャーナリスト、元海上自衛官。シンクタンク「沖縄と尖閣を守る会」代表。苗字は新字体による「恵」という表記が使用されることもある。, 岩崎 茂(いわさき しげる、1953年(昭和28年)2月3日 - )は、日本の航空自衛官。第31代航空幕僚長を経て、第4代統合幕僚長。岩手県和賀郡江釣子村出身。, 君塚 栄治(きみづか えいじ、1952年(昭和27年)7月16日 - 2015年(平成27年)12月28日)は、日本の元陸上自衛官。第33代陸上幕僚長。1等陸佐までの職種は野戦特科。, 山口 昇(やまぐち のぼる 1951年(昭和26年) - )は、三重県出身の元陸上自衛官・軍事評論家(最終階級は陸将)。タフツ大学フレッチャー法律・外交大学院修士課程修了、元ハーバード大学ジョン・M・オーリン戦略研究所国家安全保障フェロー。, 外薗 健一朗(ほかぞの けんいちろう、1951年(昭和26年)9月 - )は、日本の航空自衛官。第30代航空幕僚長。職種は要撃管制。鹿児島県出身。, 中村 秀樹(なかむら ひでき、1950年(昭和25年) - )は、日本の元海上自衛官(2等海佐)。軍事史家。, 折木 良一(おりき りょういち、1950年(昭和25年)2月10日 - )は、日本の元陸上自衛官。防衛大学校第16期卒業。職種は野戦特科。第30代陸上幕僚長。第3代統合幕僚長。元防衛大臣補佐官(防衛大臣政策参与)。熊本県津奈木町出身。, 秋山 一郎(あきやま いちろう、1949年(昭和24年)3月26日 - )は、日本の兵庫県出身の元陸上自衛官。元化学兵器禁止機関(OPCW)査察局長。兵庫県立尼崎高等学校、防衛大学校卒。在職間米国イリノイ大学大学院に5年間留学、化学防護の専門家として同分野における指揮官・幕僚として勤務する。また、防衛省職員として初めてOPCWに派遣された人物である。, 香田 洋二(こうだ ようじ、1949年(昭和24年)12月 - )は日本の元海上自衛官、第41代自衛艦隊司令官(海将)。徳島県出身。, 吉川 榮治(よしかわ えいじ、1948年(昭和23年)1月28日 - )は、日本の海上自衛官。第28代海上幕僚長。大阪府出身。, 齋藤 隆(さいとう たかし、1948年(昭和23年)2月11日 - )は、日本の元海上自衛官。第2代統合幕僚長、第27代海上幕僚長である。防衛大学校本科第14期卒業。戦後生まれ(団塊の世代)初の統合幕僚長でもある。神奈川県出身。, 田母神 俊雄(たもがみ としお、1948年(昭和23年)7月22日 - )は、日本の軍事評論家、日本のこころを大切にする党(旧・次世代の党)所属の政治活動家。第29代航空幕僚長。, 西村 繁樹(にしむら しげき、1947年 - )は、大阪府出身の陸上自衛官。元防衛大学校防衛学教育学群戦略教育室教授。専門は、軍事戦略。, 津曲 義光(つまがり よしみつ、1946年(昭和21年)7月8日 - 2011年(平成23年)11月27日)は、日本の元航空自衛官である。福岡県出身。第27代航空幕僚長。, 古庄 幸一(ふるしょう こういち、1946年(昭和21年)5月13日 - )は、日本の元海上自衛官、第26代海上幕僚長。大分県出身。, 奥出 阜義(おくで あつよし、1944年 - )は陸上自衛官、防衛大学校教授、日本の戦略教育の第一人者。零戦研究家。特に古代カルタゴの将軍ハンニバルの戦略研究のスペシャリスト。, 先崎 一(まっさき はじめ、1944年(昭和19年)5月 - )は、日本の元陸上自衛官。第28代陸上幕僚長を経て統合幕僚会議議長(末代)に就任、2006年(平成18年)3月に発足した統合幕僚監部では初代統合幕僚長に就任した。退官後は日本地雷処理を支援する会の会長としてカンボジアなどでの地雷処理に取り組む。鹿児島県出水市高尾野町出身。, 中村 好寿(なかむら よしひさ、1943年 - )は広島県出身の軍事評論家、陸上自衛官。政軍関係論、軍備管理論、RMA(軍事における革命)等に関し著作がある。, 竹河内 捷次(たけごうち しょうじ、1943年(昭和18年)3月10日 - )は、日本の元航空自衛官で第25代航空幕僚長、第24代統合幕僚会議議長。広島県出身。現在は埼玉県在住, 藤縄 祐爾(ふじなわ ゆうじ、1941年(昭和16年)9月22日 - )は、日本の元陸上自衛官。第25代陸上幕僚長、第23代統合幕僚会議議長。兵庫県出身。, 森本 敏(もりもと さとし、1941年(昭和16年)3月15日 - )は、日本の国際政治学者、航空自衛官、外交官。拓殖大学特任教授、「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)運営委員、防衛法学会顧問。元防衛大臣(第11代)。東京都出身。, 尾辻 秀久(おつじ ひでひさ、1940年10月2日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(5期)、財団法人日本遺族会会長。, 落合 畯(おちあい たおさ、1939年(昭和14年)7月 - )は、日本の元海上自衛官である。自衛隊初の海外任務となった、湾岸戦争後のペルシャ湾掃海派遣部隊の指揮官。最終階級は海将補。現在は鎌倉市在住。, 杉山 蕃(すぎやま しげる、1938年(昭和13年)1月16日 - )は、航空自衛官。兵庫県出身。第22代航空幕僚長、第21代統合幕僚会議議長。保守系日刊紙『世界日報 (日本)』のコラム「ビューポイント」の常連寄稿者の一人である。現在は千葉県在住。戦闘機パイロット出身でTACネームは“BAN”。, 茅原 郁生(かやはら いくお、1938年 - )は陸上自衛官、拓殖大学名誉教授。専門は、中国の安全保障。, 林崎 千明(はやしざき ちあき、1938年(昭和13年)3月25日 - )は、日本の海上自衛官。第20代海上幕僚長。, 原 剛 (はら たけし、1937年(昭和12年) - )は、日本の軍事史研究者、陸上自衛官。現防衛省防衛研究所図書館調査員、最終階級は1等陸佐。専攻は日本軍事史(特に国土防衛史)。, 杉之尾 宜生(すぎのお よしお、本名:杉之尾孝生(読み同じ)、1936年3月8日 - )は、元防衛大学校教授(戦史・戦略)。孫子の兵法・クラウゼヴィッツ、中東戦史、日本近代戦史の研究家として知られる。第16方面軍 (日本軍)参謀の杉之尾三夫陸軍中佐(陸士41期、陸大51期)は父。, 志方 俊之(しかた としゆき、1936年3月30日 - )は、日本の防衛問題評論家、帝京大学教授、星槎大学客員教授、元陸上自衛官。工学博士(京都大学、1968年)。, 重松 惠三(しげまつ けいぞう、1936年 - )は、愛媛県出身の元陸上自衛官。第25代東部方面総監、第21代西部方面総監。, 志摩 篤(しま あつし、1934年(昭和9年)12月 - )は、日本の元陸上自衛官。第21代陸上幕僚長。初の防衛大学校卒業の陸上幕僚長である。2012年より偕行社理事長。埼玉県出身。, 佐瀬 昌盛(させ まさもり、1934年 - )は、日本の国際政治学者。拓殖大学客員教授、防衛大学校名誉教授。専門はヨーロッパの国際政治、安全保障論。妻は東京音楽大学名誉教授の佐瀬道子。, 松村 劭(まつむら つとむ、1934年 - 2010年1月28日)は、日本の軍事評論家。専門は戦略・戦術研究・情報分析。デュピュイ戦略研究所東アジア代表を務め、国際戦略研究所会員であった。大阪府出身。東京都に在住した。, 鈴木 昭雄(すずき あきお、1933年(昭和8年)8月 - )は、日本の航空自衛官である。第20代航空幕僚長。, 平間 洋一(ひらま よういち、1933年(昭和8年)5月14日 - )は、日本の歴史学者。太平洋学会理事、戦略研究学会理事、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)委員、横須賀市史編纂委員、特定非営利活動法人岡崎研究所理事、社会福祉法人興寿会理事などを務める。元海上自衛官、元防衛大学校教授。, 田村 秀昭(たむら ひであき、1932年9月21日 - 2008年1月4日)は、日本の航空自衛官、政治家。参議院議員(3期)、国民新党結党時の副代表を務めた。, 塚本 哲也(つかもと てつや、1929年4月29日 - )は、ノンフィクション作家。, 村井 智建(むらい ともたけ、ペンネーム:マックスむらい)は、日本の実業家、YouTuber。株式会社AppBank創業者。石川県鳳珠郡穴水町出身。 血液型A型。, 現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。, 村上 英樹(むらかみ ひでき)は日本の交通経済学者。神戸大学大学院経営学研究科教授。博士(商学)。研究分野は、国際交通(航空経済、特にLCC)、国際物流 。. 。元防衛大臣補佐官(防衛大臣政策参与)。熊本県津奈木町出身。 全国の防衛大学校の出身者 津奈木町の出身者 : 2月10日生まれの人 1950年生まれの人 防衛大学校出身の有名人15名のリストです。生年月日順に並んでいるので、同級生、先輩後輩関係も確認できます。 防衛大学校バーチャルオープンキャンパスの特設サイトです。 ドローンを使用した上空からの防大の施設紹介や在校生から受験生へのメッセージ等さまざまな動画を掲載しています。 鈴木 昭雄(すずき あきお、1933年(昭和8年)8月 - )は、日本の航空自衛官である。第20代航空幕僚長。, 岩崎 茂(いわさき しげる、1953年(昭和28年)2月3日 - )は、日本の航空自衛官。第31代航空幕僚長を経て、第4代統合幕僚長。岩手県和賀郡江釣子村出身。, 林崎 千明(はやしざき ちあき、1938年(昭和13年)3月25日 - )は、日本の海上自衛官。第20代海上幕僚長。, 田母神 俊雄(たもがみ としお、1948年(昭和23年)7月22日 - )は、日本の軍事評論家、日本のこころを大切にする党(旧・次世代の党)所属の政治活動家。第29代航空幕僚長。, 佐藤 正久(さとう まさひさ、1960年(昭和35年)10月23日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)、参議院外交防衛委員長、自民党参議院政策審議会副会長。元防衛大臣政務官(第2次安倍内閣)。, 落合 畯(おちあい たおさ、1939年(昭和14年)7月 - )は、日本の元海上自衛官である。自衛隊初の海外任務となった、湾岸戦争後のペルシャ湾掃海派遣部隊の指揮官。最終階級は海将補。現在は鎌倉市在住。, 森本 敏(もりもと さとし、1941年(昭和16年)3月15日 - )は、日本の国際政治学者、航空自衛官、外交官。拓殖大学第19代総長(2016年3月-)、特任教授、「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)運営委員、防衛法学会顧問。元防衛大臣(第11代)、防衛大臣政策参与。東京都出身。, 臼井 興胤(うすい おきたね、1958年10月31日 - )は日本の実業家、元自衛隊員。日本マクドナルド最高執行責任者、セガ代表取締役社長、米グルーポン社東アジア統括副社長を経て、現在、コメダ及びコメダホールディングス代表取締役社長。, 君塚 栄治(きみづか えいじ、1952年(昭和27年)7月16日 - 2015年(平成27年)12月28日)は、日本の元陸上自衛官。第33代陸上幕僚長。1等陸佐までの職種は野戦特科。, 鍜治 雅和(かじ まさかず、1957年(昭和32年)4月 - )は、元海上自衛官。第20代潜水艦隊司令官。, 齋藤 隆(さいとう たかし、1948年(昭和23年)2月11日 - )は、日本の元海上自衛官。第2代統合幕僚長、第27代海上幕僚長である。防衛大学校本科第14期卒業。戦後生まれ(団塊の世代)初の統合幕僚長でもある。神奈川県出身。, 平間 洋一(ひらま よういち、1933年(昭和8年)5月14日 - )は、日本の歴史学者。太平洋学会理事、戦略研究学会理事、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)委員、横須賀市史編纂委員、特定非営利活動法人岡崎研究所理事、社会福祉法人興寿会理事などを務める。元海上自衛官、元防衛大学校教授。, 村井 智建(むらい ともたけ、ペンネーム:マックスむらい)は、日本の実業家、YouTuber。株式会社AppBank創業者。石川県鳳珠郡穴水町出身。 血液型A型。, 志方 俊之(しかた としゆき、1936年3月30日 - )は、日本の防衛評論家、帝京大学名誉教授、星槎大学客員教授、元陸上自衛官(最終階級:陸将)。工学博士(京都大学、1968年)。, 齊藤 治和(さいとう はるかず、1956年(昭和31年)1月2日- )は、日本の航空自衛官。第33代航空幕僚長。職種は飛行(戦闘機操縦士)。TACネームは「GOA」。総飛行時間は約3300時間、その約半分はF-15戦闘機によるもの。, 中谷 真一(なかたに しんいち、1976年9月30日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(2期)。, 油井 亀美也(ゆい きみや、1970年1月30日 - )は、日本のJAXA宇宙飛行士、元航空自衛官。長野県南佐久郡川上村出身。, 吉川 榮治(よしかわ えいじ、1948年(昭和23年)1月28日 - )は、日本の海上自衛官。第28代海上幕僚長。大阪府出身。, 村井 嘉浩(むらい よしひろ、1960年8月20日 - )は、日本の政治家。宮城県知事(民選第18-20代)。復興庁復興推進委員会委員。過去に、宮城県議会議員(3期)、東日本大震災復興構想会議委員などを歴任。元陸上自衛官(最終階級:一等陸尉)。, 秋山 一郎(あきやま いちろう、1949年(昭和24年)3月26日 - )は、日本の兵庫県出身の元陸上自衛官。元化学兵器禁止機関(OPCW)査察局長。兵庫県立尼崎高等学校、防衛大学校卒。在職間米国イリノイ大学大学院に5年間留学、化学防護の専門家として同分野における指揮官・幕僚として勤務する。また、防衛省職員として初めてOPCWに派遣された人物である。, 武田 圭史(たけだ けいじ、1970年 - )は、日本の研究者。慶應義塾大学環境情報学部教授。専門分野は情報セキュリティ(侵入検知、セキュリティアーキテクチャ、ソフトウェアセキュリティ等)、ITマネジメント、情報倫理。, 藤縄 祐爾(ふじなわ ゆうじ、1941年(昭和16年)9月22日 - )は、日本の元陸上自衛官。第25代陸上幕僚長、第23代統合幕僚会議議長。兵庫県出身。, 村上 英樹(むらかみ ひでき)は日本の交通経済学者。神戸大学大学院経営学研究科教授。博士(商学)。研究分野は、国際交通(航空経済、特にLCC)、国際物流 。, 杉山 蕃(すぎやま しげる、1938年(昭和13年)1月16日 - )は、航空自衛官。兵庫県出身。第22代航空幕僚長、第21代統合幕僚会議議長。保守系日刊紙『世界日報 (日本)』のコラム「ビューポイント」の常連寄稿者の一人である。現在は千葉県在住。戦闘機パイロット出身でTACネームは“BAN”。, 竹河内 捷次(たけごうち しょうじ、1943年(昭和18年)3月10日 - )は、日本の元航空自衛官で第25代航空幕僚長、第24代統合幕僚会議議長。広島県出身。現在は埼玉県在住, 小室 寿明 (こむろ ひさあき、1960年9月18日 - )は、日本の政治家。民主党所属の元衆議院議員(1期)。元島根県議会議員(4期)。, 茅原 郁生(かやはら いくお、1938年7月14日 - )は陸上自衛官、拓殖大学名誉教授。専門は、中国の安全保障。山口県出身。, 香田 洋二(こうだ ようじ、1949年(昭和24年)12月 - )は日本の元海上自衛官、第41代自衛艦隊司令官(海将)。徳島県出身。, 重松 惠三(しげまつ けいぞう、1936年 - )は、愛媛県出身の元陸上自衛官。第25代東部方面総監、第21代西部方面総監。, 中谷 元(なかたに げん、1957年10月14日 - )は、日本の政治家。元陸上自衛官(二等陸尉、レンジャー)。自由民主党所属の衆議院議員(9期)。, 津曲 義光(つまがり よしみつ、1946年(昭和21年)7月8日 - 2011年(平成23年)11月27日)は、日本の元航空自衛官である。福岡県出身。第27代航空幕僚長。, 岡部 俊哉(おかべ としや、1959年(昭和34年)2月- )は、日本の陸上自衛官。第35代陸上幕僚長。, 中村 秀樹(なかむら ひでき、1950年(昭和25年) - )は、日本の元海上自衛官(2等海佐)。軍事史家。, 志摩 篤(しま あつし、1934年(昭和9年)12月 - )は、日本の元陸上自衛官。第21代陸上幕僚長。初の防衛大学校卒業の陸上幕僚長である。2012年より偕行社理事長。埼玉県出身。, 濱口 和久(はまぐち かずひさ、1968年10月14日 - )は、安全保障・領土問題アナリスト。防災・危機管理教育アドバイザー。拓殖大学地方政治行政研究所附属防災教育研究センター副センター長(客員教授)。一般財団法人防災教育推進協会常務理事・事務局長。日本政策研究センター研究員。城郭研究家としての顔も持ち、城郭に関する書籍も出版。保守系インターネットチャンネル「日本文化チャンネル桜」で「濱口和久の防災・危機管理塾」キャスターも務める。, 折木 良一(おりき りょういち、1950年(昭和25年)2月10日 - )は、日本の元陸上自衛官。防衛大学校第16期卒業。職種は野戦特科。第30代陸上幕僚長。第3代統合幕僚長。元防衛大臣補佐官(防衛大臣政策参与)。熊本県津奈木町出身。, 惠 隆之介(めぐみ りゅうのすけ、1954年 - )は、日本の評論家、ジャーナリスト。元海上自衛官で、現在は軍事分野の評論を中心に活動している。, 古庄 幸一(ふるしょう こういち、1946年(昭和21年)5月13日 - )は、日本の元海上自衛官、第26代海上幕僚長。大分県出身。, 宇都 隆史(うと たかし、1974年11月12日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(2期)。参議院外交防衛委員長。外務大臣政務官(第2次安倍改造内閣・第3次安倍内閣)。元航空自衛官(最終階級:一等空尉, 番匠幸一郎(ばんしょう こういちろう、1958年(昭和33年)1月 - )は、陸上自衛官。西部方面総監(35代)。鹿児島県鹿児島市出身。, 外薗 健一朗(ほかぞの けんいちろう、1951年(昭和26年)9月 - )は、日本の航空自衛官。第30代航空幕僚長。職種は要撃管制。鹿児島県出身。, 竹原 信一(たけはら しんいち、1959年3月7日 - )は、日本の政治家、鹿児島県阿久根市議会議員(2期)。前阿久根市長(2期)。元航空自衛官(最終階級:二等空尉)。, 先崎 一(まっさき はじめ、1944年(昭和19年)5月 - )は、日本の元陸上自衛官。第28代陸上幕僚長を経て統合幕僚会議議長(末代)に就任、2006年(平成18年)3月に発足した統合幕僚監部では初代統合幕僚長に就任した。退官後は日本地雷処理を支援する会の会長としてカンボジアなどでの地雷処理に取り組む。鹿児島県出水市高尾野町出身。, 尾辻 秀久(おつじ ひでひさ、1940年10月2日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員(5期)、みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会会長。, 杉之尾 宜生(すぎのお よしお、本名:杉之尾孝生(読み同じ)、1936年3月8日 - )は、日本の戦史研究家、元防衛大学校教授(戦史・戦略)。孫子の兵法・クラウゼヴィッツ、中東戦史、日本近代戦史の研究家として知られる。第16方面軍 (日本軍)参謀の杉之尾三夫陸軍中佐(陸士41期、陸大51期)は父。. ¥å­¦éƒ¨ã®å’業生(卒業後2年以内)に防衛大学校の雰囲気や魅力、特色について、伺いました。お話の中で、部活動、キャンパスの環境など、在籍している人ならではのリアルな口コミ・評判を教えていただくことができました。 著名な卒業生. 将来の幹部自衛官を育成する「防衛大学校」通称「防衛大」。その学生も公務員として、学費無料、給料支給されながら勉学に励むことになります。今回は、そもそも防衛大学校とは何か?や、「防衛大学校生の1日」について開設します。 防衛医科大学校卒業の主な方を紹介します。 尾崎重之氏(自営隊医官・新東京病院・防衛医科大学校病院で勤務医。日本を代表する心臓血管系の外科医) 宮島賢也氏(精神科医。防衛医科大学校病院・自衛隊中央病院で勤務医。 ¯ã«æ‚©ã¿å‘¨ã‚Šã®äººã«ç›¸è«‡ã—た際に、 「自衛隊に入っても、一般大学卒業からの入隊だと出世できないぞ」 と言われた、という話である。 確かに、自衛隊の幹部と言えば普通、防衛大学校卒業生が務めるものと相場が決まっている。 を選ぶ人もいます。このような非任官者はマスコミから「国民の税金でただ飯を食っておいて!」と批判の対象となることもしばしば。これに… するのは、メルマガ『newsを疑え!』を主宰する軍事ア… 国家公務員としての身分を与えられる 今年3月17日に開かれた防衛大学校卒業式では、478人の卒業生のうち任官辞退者は49人と報じられている。 杉之尾宜生 鹿児島県 出身: Wikipedia: 杉之尾 宜生(すぎのお よしお、本名:杉之尾孝生(読み同じ)、1936å¹´3月8日 - )は、元防衛大学校教授(戦史・戦略)。孫子の兵法・クラウゼヴィッツ、中東戦史、日本近代戦史の研究家として知られる。 卒業ダンスパーティも終わり、いよいよ彼が防衛大学校を卒業する3月が近づいてきました。防衛大学校を4年生の彼氏を持つと、1月〜3月の流れはこんな感じ…です。前の記事>>防衛大の卒業ダンスパーティ「卒ダン」当日!お堅い防大生たちの任務はダンス! 防衛医科大学校を卒業して医師国家試験に合格すると、自衛隊の中でどんな処遇なのか?どれくらいの給与なのかを簡単に説明します。防衛医大を目指す人は、在学中のことだけ関心があるかと思いますが、医師になってからの事もしっかり理解し志願しましょう。 çœŒæ¨ªé ˆè³€å¸‚にある防衛大学校では安倍晋三首相による訓示の後、卒業生が退出する例年通りの卒業式が開かれた。その裏では卒業生の約1割が任官拒否という異常事態が発生。安倍政権への不 … 防衛大学校、言うまでもなく自衛隊の幹部養成学校だ。 学生の身分は特別国家公務員で、学費も寮費も免除の上、給与が支給されると言う、高い学費を払って私立大学に通学している学生達から観れば垂涎 … の国家公務員です。 修業年限は4年間で、本科を卒業し、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構の行う審査に合格すれば、学士の学位 が授与されます。 防衛大学校同窓会の役員は、以下のとおりです。 【本部役員・事務局員】 本部役員名簿(2020.9.3現在) 本部事務局員名簿(2020.9.3現在) 小原台事務局員名簿(2020.9.3現在) 【期生会役員・支部役員】