吉田 凌(よしだ りょう、1997年6月20日 - )は、兵庫県西脇市出身[2]のプロ野球選手(投手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。, 小学校1年時から「西脇スポーツ少年団」で軟式野球を始めると、西脇市立西脇東中学校への在学中に「兵庫北播シニア」で投手としてプレー。全国大会にも出場したこと[2]から、神奈川県の東海大相模高校に進学した。, 東海大相模高校では、1年時春の対外試合からベンチ入りを果たした。2年時夏の第96回全国高等学校野球選手権大会では、神奈川大会の決勝で、8回2/3を投げて20奪三振をマーク。チームの優勝に貢献した[2]が、本大会では、松本裕樹を擁する盛岡大学附属高校に敗れた[3]。3年時の夏には、2年連続の神奈川大会優勝を経て、第97回全国高等学校野球選手権大会で同学年の左投手・小笠原慎之介と併用。オコエ瑠偉を擁する関東第一高校との準決勝では、先発で7回を1失点に抑えて、チームを決勝に導いた[4]。後にチームメイトとなる佐藤世那のいた仙台育英高校との決勝では、先発した小笠原が本塁打を放つなどの活躍で優勝を決めたが、吉田の出場機会はなかった[5]。, 2015年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズに5巡目で指名。契約金3,500万円、年俸500万円という条件で入団した。背番号は66。また、この会議では、小笠原も中日ドラゴンズから1巡目指名され、入団した。, なお、オリックスには、入団の時点で吉田篤史(二軍投手コーチ)、吉田一将(投手)、吉田雄人、吉田正尚(いずれも外野手)が在籍していた。このため、入団後には本名(吉田凌)を登録名に使用し、名前のローマ字表記(RYO)をユニフォームに使用している[6]。, 2016年には、一軍公式戦での登板はなかったが、ウエスタン・リーグ公式戦には12試合に登板し、2勝2敗、防御率5.79の成績を残した[7]。, 2017年には、7月13日のフレッシュオールスターゲーム(静岡県草薙総合運動場硬式野球場)に、ウエスタン・リーグ選抜の7番手投手として、7回裏に1イニング限定で登板した[8]。同リーグ公式戦には16試合の登板で、6勝5敗、防御率2.37をマーク[9]、10月3日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)で、先発投手として一軍公式戦へのデビューを果たした[10]。シーズン終了後には、台湾で開催された2017アジアウインターベースボールリーグへ、佐藤と共にNPBウエスタン選抜チームに参加[11]。4試合に先発し、12月2日には、NPBイースタン選抜打線を相手に1 - 0というスコアで完封勝利を挙げた[12]。, 2018年には、ウエスタン・リーグ公式戦10試合の登板で3勝2敗、防御率4.18を記録した[13]が、一軍公式戦への登板機会はなかった。, 2019年には、ウエスタン・リーグ公式戦29試合の登板で3勝1セーブ、防御率1.38という好成績をマーク[14]。一軍公式戦にも、中継ぎとして4試合に登板した[15]。, 2020年には、レギュラーシーズン開幕半月後の7月15日に救援要員として出場選手登録を果たすと、同月31日の対日本ハム戦(札幌ドーム)でプロ初ホールドをマーク。8月に入ってから一軍公式戦へのシーズン登板数がキャリアハイに達したほか、中継ぎ陣の一角を担いながら[16][17]、シュートを武器に好投を続けている[18]。一軍の首脳陣がチームの7連敗阻止を賭けてシーズン初の「ブルペン・デー」に指定した8月15日の対福岡ソフトバンクホークス戦(PayPayドーム)では、3年振りに先発した吉田一将の後を受けて、5回裏に3番手で登板。1イニングを無失点に抑えると、吉田正尚による2回表の適時二塁打などで奪ったリードを後続の4投手も守り切った末に、一軍公式戦での初勝利を挙げた[19]。, オリックス 吉田トリオで連敗脱出!凌は5年目でプロ初勝利 一将は3回無失点 正尚は2点適時打, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=吉田凌&oldid=80600429, 初ホールド:2020年7月31日、対北海道日本ハムファイターズ10回戦(札幌ドーム)、5回裏に2番手で救援登板、1回1/3無失点. オリックス・吉田凌投手が3日、大阪・舞洲の球団施設で契約更改交渉に臨み、今季年俸から1020万円増の1600万円でサインした。 兵庫県西脇市出身の吉田凌(よしだ りょう)投手は、大学野球の経験者で現役時代のポジションが捕手だった父・和則さんの影響を受け、4歳から野球を始めます。 主砲・吉田が鷹投手陣を苦手に 昨季“出番なし”の山岡は登板するか? 昨季のオリックスの主な選手のソフトバンク戦データを振り返り、天敵攻略のキーマンを探っていきたい。 攻撃面ではチーム全体としてソフトバンク投手陣に抑え込まれた中で、打線の「柱」である吉田正尚も苦しんだ。 オリックス 63 258 231 35 67 17 0 10 114 34 0 2 0 1 25 1 34 6.290.494.360 2017 オリックス 64 268 228 42 71 11 0 12 118 38 1 1 0 1 38 1 32 9.311.518.410 2018 オリックス 143 598 514 77 165 37 2 26 284 86 3 吉田 一将(よしだ かずまさ、1989年9月24日 - )は、奈良県橿原市出身のプロ野球選手(投手)。右投左打。オリックス・バファローズ所属。, 鴨公小学校2年時から鴨公クラブで野球を始める[2]。八木中学時代は香芝ボーイズに所属し、3年次に全国大会に出場。同年次に青森山田中学校に転入した。, そのまま内部進学した青森山田高校では硬式野球部に所属。二年先輩に柳田将利がいた。同校は2年夏と3年夏の全国高等学校野球選手権大会に出場するも、身長の急速な伸びに体全体の成長がついていけないが故に慢性的に故障を抱えており[3]、一年先輩の野田雄大や同期の石井裕大らの陰に隠れた控え投手であり甲子園での登板機会はなかった[4]。, 日本大学入学後リハビリと本格的なウェートトレーニングが功を奏し、基礎体力が付き怪我もなくなった。2年春にリーグ戦デビューし、3年春からは主戦を務めるようになる。4年春には東都二部リーグながら4勝、入れ替え戦でも國學院大学相手に完封勝利を挙げ一部昇格に大きく貢献し、二部最優秀投手にも選出される。4年秋は初の一部リーグで3勝6敗と負け越すもフル回転し、12試合73回2/3を投げ防御率はリーグ9位の2.69という成績を残しチームの一部残留に貢献した。, 大学卒業後はJR東日本に入社し硬式野球部に所属。大学時代はスリークォーター気味だった投球フォームを投手コーチの山本浩司の助言で変え、長身を活かしたオーバースローに戻したところ潜在能力が完全開花。即戦力として期待された白崎勇気が故障で出遅れた[5]こともあり春先から主戦を担い、プロ入りした前エース十亀剣の穴を埋める活躍を見せた。同年の第83回都市対抗野球大会では全5試合26イニングに登板(うち4試合に先発)し、2勝(1敗)防御率0.69の活躍でチームの準優勝に貢献。敢闘賞にあたる久慈賞と新人賞にあたる若獅子賞を同時受賞した(両賞の同時受賞は第73回大会の平野佑介(Honda熊本(九州三菱自動車から補強))以来大会史上10年ぶり2人目)。秋の日本選手権でもチームは準優勝。吉田自身は3試合に先発し2勝(1敗)防御率2.41でこちらも敢闘賞を受賞した。, 社会人2年目のシーズンでは、4月の第42回JABA四国大会で初優勝に導き、自身もMVPに輝く。第84回都市対抗野球大会では、予選こそ第二代表決定戦でセガサミー・浦野博司との投手戦に敗れるなどして東京都第三代表に甘んじたが、本戦では準決勝までの4試合中2試合に先発し17回2/3を投げ被安打4、無失点と好投する。しかしJX-ENEOSとの決勝では、初回3者連続三振の立ち上がりも2回に打球が肘に当たり緊急降板。結局後続投手が打たれ、吉田に決勝点となる自責点も付いて敗戦投手となり、準優勝に終わった。, 2013年度のプロ野球ドラフト会議では、即戦力投手の目玉として複数球団からの1巡目入札が予想されたが、オリックス・バファローズが単独で1巡目指名。出来高分を含む契約金1億5,000万円、年俸1,500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は14。, 2014年、公式戦開幕直後の4月6日に、先発投手として対埼玉西武ライオンズ戦(京セラドーム大阪)で一軍デビュー。4月20日の同カード(西武ドーム)で一軍初勝利を挙げたが、以降の登板試合で制球が安定しなかったため、セ・パ交流戦期間中に出場選手登録を抹消された。一軍に復帰した7月には、3試合で19.1イニングを投げて1失点と安定。しかし、シーズン終盤に再び調子を落としたため、一軍公式戦全体では5勝6敗と負け越した。, 2015年、公式戦の開幕前に左脇腹痛を発症。5月26日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)に先発投手としてシーズン初の一軍マウンドに臨んだが、4点の援護を受けながら3点を失って1回1/3で降板。翌5月27日に出場選手登録を抹消された。8月の再登録後も先発に起用されものの、登板試合で5戦全敗を喫したため、9月中旬から中継ぎに転向。9月10日の対千葉ロッテマリーンズ戦(QVCマリンフィールド)でシーズン初勝利、9月12日の同カードでプロ入り初ホールドを挙げた。シーズン終了後には、山﨑福也と共にプエルトリコのウィンターリーグへ派遣。帰国後の契約更改では、9歳年上の一般女性と1月に結婚したことを公表した。, 2016年、救援要員として4月中旬にシーズン初の一軍昇格を果たすと、4月19日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(東京ドーム)で一軍初セーブを挙げた。シーズン全体では、塚原頌平と共に、一軍のセットアッパーとして活躍。先発登板の機会はなかったが、塚原と並んでチーム2位の54試合に登板すると、5勝2敗1セーブ、チーム最多の21ホールド・26ホールドポイント、防御率2.66という成績を残した。, 2017年は29試合に登板。うち2試合は先発で登板し、9月29日のロッテ戦でプロ初完封勝利を挙げた[6]。, 『週刊ベースボール別冊秋嵐号 ドラフト候補名鑑』、ベースボールマガジン社、2013年、52頁, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=吉田一将&oldid=80761196, 初完投・初完投勝利・初完封勝利:2017年9月29日、対千葉ロッテマリーンズ24回戦(. 2020年度 吉田 凌【オリックス】投手成績詳細 個人タイトル部門別順位: 防御率:---位 勝利数: 48 位 セーブ:---位 奪三振: 56 位 HP: 23 位 防 御 率 勝 負 S 奪 三 振 試 合 数 投 球 回 奪 三 振 率 投 球 数 打 者 数 被 … オリックスの選手会は5日、新選手会長に吉田正尚外野手、副会長に安達了一内野手、山田修義投手、会計に佐野皓大外野手、山崎福也投手の役員人事を発表した。 プロ野球 オリックス・バファローズ 吉田 凌のプロフィール、個人成績をお届けします。 球場 防御率 登板 先発 完投 完封 無四球 QS 交代完了 勝利 敗戦 ホールド HP セーブ 勝率 投球回 打者 被 … 吉田 一将(よしだ かずまさ、1989年9月24日 - )は、奈良県橿原市出身のプロ野球選手(投手)。右投左打。オリックス・バファローズ所属。 俺的評価 8.3/10点。オリックスにきている吉田時代。そして、ついにやってきました吉田凌投手。中日小笠原慎之介投手とのダブルエースとしての東海大相模高校時代は懐かしき夏です。やはり多少時間はかかってもあの頃ピッチャーだった子がプロで投げている姿を観れるのはロマンがありま … 相手投手の調子が良かったのかもしれませんが、チャンスを掴もうという意気込みを感じません。 吉田正やジョーンズがいない時こそアピールするべきなのに、オリックスの野手陣ですら控えになるような選手のレベルは、あの程度か。 オリックス・吉田正 新選手会長“所信表明”「いい雰囲気、環境を」【NPB】 【関連記事】 実績抜群のオリックス投手 明かされた大減俸理由とは… プロ野球 オリックス・バファローズ 吉田 一将のプロフィール、個人成績をお届けします。 球場 防御率 登板 先発 完投 完封 無四球 QS 交代完了 勝利 敗戦 ホールド HP セーブ 勝率 投球回 打者 … 2020年度 吉田 一将【オリックス】投手成績詳細 個人タイトル部門別順位: 防御率:---位 勝利数: 69 位 セーブ: 12 位 奪三振: 53 位 HP: 69 位 防 御 率 勝 負 S 奪 三 振 試 合 数 投 球 回 奪 三 振 率 投 球 数 打 者 数 … オリックス・バファローズのオフィシャルサイトです。 防 御 率 試 合 数 完 投 数 無 点 勝 無 四 球 試 合 勝 数 敗 数 ホ | ル ド H P セ | ブ 勝 率 投 球 回 被 安 打 被 本 塁 打 奪 三 振 与 四 球 与 死 オリックスバファローズ最新ニュースをお伝えいたします。 オリックスは3日、大阪・舞洲の球団施設で契約更改交渉を行った。 キャリアハイとなる35試合に登板した5年目の吉田凌投手(23)は、約3倍となる1020万円増の1600万円でサインした。 キャリアハイとなる35試合に登板した5年目の吉田凌投手(23)は、約3倍となる1020万円増の1600万円でサインした。 オリックス、投手戦も一転、8回に一挙8失点 神戸、吉田一のリリーフ陣が炎上 緊迫した投手戦も継投策で試合は一転した。 オリックス山岡、楽天則本昂の緊迫した投手戦から一転し、大味なゲームとなってしまった。 オリックス・バファローズの投手成績(投球回順) - ファーム(二軍)。他では見られないプロ野球の詳しいデータを掲載。チーム成績、選手成績。 プロ野球のデータが満載!チーム・選手の成績やセイバーメトリクスに使われる指標、他のサイトでは見られないユニークなデータを掲載しています 吉田 凌(よしだ りょう、1997年6月20日 - )は、兵庫県西脇市出身 のプロ野球選手(投手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。 オリックス・バファローズ 2020年12月3日 オリックス・バファローズでは、12月3日(木)に吉田凌投手、廣澤選手、佐野選手、竹安投手、山崎颯投手、頓宮選手、漆原投手、鈴木投手と契約更改を行いましたのでお知らせいたします。