カルテット, 1) 巻真紀(松たか子)の夫・幹生(宮藤官九郎)は、真紀のヴァイオリンを盗もうとした来杉有朱(吉岡里帆)と別荘で出くわす。ヴァイオリンを取り返そうとした幹生は、有朱と揉み合いになり、彼女はベランダから落下する。, 2) 幹生は、有朱を殺してしまったと思い、通報すべきか迷う。そんな中、真紀が帰ってくるのだった。真紀は、幹生と再会できたことを喜ぶ。だが、幹生に「コンビニ強盗をした」「人を殺した」と聞かされ、「一緒に逃げよう」と言う。だが、幹生は「真紀ちゃんに甘えることはできない」と、バンに有朱を乗せて、「一緒にダムに沈んでくる」と言う。, 3) だが、有朱は死んではおらず、幹生がダムを見ていた隙をついて、バンで逃げ出す。真紀は、幹生とともに東京へ戻り、夫婦生活をやり直そうとする。だが、幹生は離婚した上で警察へ出頭すると言う。, 4) 真紀は、幹生とともに役所に離婚届を提出しに行き、そして警察署へと向かう幹生を見送る。そして、カルテットのメンバーたちのもとへと戻るのだった。真紀は、幹生が貸してくれた詩集を暖炉の火にくべるのだった。そんな真紀に、すずめは「一緒に演奏しましょう」と言う。, 来杉有朱(吉岡里帆)は、家森諭高(高橋一生)とともにサル探しをしていた。そこで有朱は、巻真紀(松たか子)や別府司(松田龍平)の楽器が高価であると知る。, 有朱は、楽器を盗むために、別荘へと向かう。一方、真紀の夫・幹生(宮藤官九郎)は、世吹すずめ(満島ひかり)とともいた。そんな中、物音に気づいた幹生は、階下におりると、そこに盗みに入った有朱がいた。, 幹生が、真紀のヴァイオリンを取り返すため、有朱と揉み合いになる。その中で、有朱はベランダから落下する。110番しようとするも、幹生は携帯を落としてしまい、通報を諦める。, そうこうしている内に、真紀が別荘へ帰ってきた。真紀は、幹生に会うと、ついつい嬉しくなってしまうのだった。, 別府は、会社の倉庫に閉じ込められてしまっていた。また、家森は有朱がクルマを運転してしまっており、取り残されていた。, 幹生は、「すずめちゃんが通報しようとしたから縛った…浜松で、コンビニ強盗した。お金なくなっちゃって」と言う。真紀は、「警察に行こう。一緒に行くから…幹生が帰ってくるの待ってるから」と言う。, さらに、幹生は「人も殺しちゃった」と言う。そこで、有朱と揉み合う内に落下させて死亡させたことを明かす。, 幹生は、「離婚届、まだ出してないよね?」という。そこで真紀は、「誰かに見られた?…逃げよう。逃げて、誰もいないところで一緒に暮らそう」と提案する。, 幹生は、「離婚届、出そう。真紀ちゃんは、自分の人生を送った方がいい」と提案するのだが、真紀は「こんな人生、要らない。2人でいよう」と言う。, 真紀は、寝袋に有朱の遺体を入れて「一緒に運ぼう」と言う。すずめに「今はほどけない。別府君や家森さんが帰ってくるまで、待ってて」と言う。, 有朱は意識を取り戻した。だが、真紀と幹生に気づいて、再び目を閉じた。真紀は、別荘を名残惜しそそうに見ていた。そんな中、幹生は「この辺、ダムとかあるかな?俺、この人と一緒に沈んでくる。警察が来たら、愛人と逃げたとか、適当に言っておいて」と言って、1人で有朱とともにクルマで走って行ってしまう。真紀は、もう一台のクルマで幹生を追う。, 鏡子(もたいまさこ)が別荘にやってきて、すずめは「娘さん、生きてます」と言う。そして、鏡子の乗っていたタクシーに飛び乗って、真紀や幹生を探す。, 幹生は、ダムへと向かう。ダムを見下ろす幹生だったが、有朱は寝袋から出てドーナッツホールのバンを運転する。途中、真紀と出会った有朱は、何事もなかったかのようにバンを返し、クルマを交換する。そして、家森のもとへ向かい、「ずっと私、サル探してましたよね」と言う。, 幹生は、警察官に声をかけて出頭しようとする。だが、そこに真紀が現れ、「待った?」と声をかける。そして、「東京へ帰ろう」と言うのだった。, 真紀は、幹生のために食事を用意しようと、コンビニに寄る。バンを見かけたすずめは、真紀に「別荘に戻ろう」と言う。だが、真紀は「ちょっと…」と言う。すずめは、「犯人隠避罪?合ってる?」と言う。, 「カルテットは?どうすんの?」と問いかけるすずめに、真紀は「夫婦だから」と言う。そして、「彼のことが好きなんだよ。変わらないまま、好きなんだよ」と言い、真紀は幹生とともに立ち去る。, 幹生と真紀は、我が家へと戻る。一方、すずめは別荘に戻り、家森がお茶漬けを食べる中、チェロを弾く。そして、真紀が別れ際に「抱かれたいの」とつぶやいたことを思い出していた。, 真紀と幹生は、自宅で食事をとる。おでんを食べながら、真紀は、家森、すずめ、別府のことを話す。そして、真紀は「欠点で繋がってるの」とカルテットメンバーのことを話す。, 幹生は、「おでん食べたら、本郷警察署に行ってくる…その前に、役所で離婚届を出そう」と言う。そして、「ごめんなさい。勝手にいなくなって、心配かけて」と謝る。だが、真紀は「謝られるようなことはしてない。…それに私は、直接言われたわけじゃないから」と言う。, 幹生は、「真紀ちゃんのこと、ずっと考えてた。忘れたことはなかった。2年間、一緒にいたし。ここにずっといた。いい思い出、いっぱいある。いつも、今も大事に思ってる。だから…幸せになって欲しいと思ってる。感謝してる、ありがとう」と言う。, 真紀は、「こちらこそ、ありがとう。結婚して2年…3年間、ずっと幸せだったよ。好きだったよ」と言う。, 2人は、互いの結婚指輪を外す。そして、2人で役所に離婚届を提出する。その後、本郷警察署へと向かう。幹生は真紀をハグしようとするが、真紀はその手を握るだけだった。真紀は、幹生の背中を見送る。, 真紀は、別府が倉庫に閉じ込められていたことを思い出して向かう。レストラン・ノクターンで、有朱は平然と働いていた。, 真紀は、別荘での生活に戻る。真紀は、旧姓の「早乙女真紀」に戻ったことを話す。だが、変わらず「真紀」と呼んで欲しいと言うのだった。, 真紀は、幹生が貸した詩集を眺めていた。すずめに「結婚する前に、彼がくれた詩集。私にはあんまりよく分からなかった。彼の勧める映画も、面白くなかった…こんな面白くないものを勧めるなんて、よく分からなくて、面白かった」と言う。, そして、その詩集を暖炉の中へと投げ入れる。すずめは、真紀に「ちょっと…やりますか」と、演奏しようと誘う。. 宮藤官九郎が出演するTBSの弦楽四重奏ドラマ「カルテット」の第7話のあらすじとネタバレです。, カルテット-第6話のあらすじとネタバレは「カルテット-第6話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。, 夫・巻幹生(宮藤官九郎)は、巻真紀(松たか子)のバイオリンを盗もうとした来杉有朱(吉岡里帆)と、もみ合いになり、来杉有朱(吉岡里帆)が別荘のベランダから転落してしまった。, そのようななか、巻真紀(松たか子)が帰宅する。巻真紀(松たか子)は夫・巻幹生(宮藤官九郎)と再会すると、こっそりと口紅を差した。, そして、巻真紀(松たか子)が世吹すずめ(満島ひかり)を捜そうとすると、夫・巻幹生(宮藤官九郎)は「縛った。警察に通報しようとするから、動けなくした」と打ち明けた。, 巻真紀(松たか子)が「警察に通報ってなに?」と驚くと、夫・巻幹生(宮藤官九郎)は「浜松でコンビニ強盗をした」と打ち明けた。, それを聞いた巻真紀(松たか子)は「警察に行こう。分からないけど、大丈夫。そんなに長くないから。私待ってる」と説得すると、夫・巻幹生(宮藤官九郎)は「人も殺しちゃった。さっき、そこで」と言い、ベランダを指さした。, 夫・巻幹生(宮藤官九郎)は警察に行くと言ったが、巻真紀(松たか子)は「誰かに見られた?逃げよう。逃げて、誰も居ないところで一緒に暮らそう。もう刑務所から出られなくなるよ」と提案した。, 夫・巻幹生(宮藤官九郎)が「なんで真紀ちゃん(松たか子)が。やったのは俺だよ」と驚くと、巻真紀(松たか子)は「まだ夫婦だよ」と答えた。, 夫・巻幹生(宮藤官九郎)は「離婚届を出そう。真紀ちゃん(松たか子)は、ちゃんと自分の人生を」と言ったが、巻真紀(松たか子)は「いいよ、自分の人生なんか。面白くないもん。こんな人間の人生なんか要らないもん」と答えた。, 夫・巻幹生(宮藤官九郎)は、来杉有朱(吉岡里帆)の死体を「ここに置いてくの?」と尋ねると、巻真紀(松たか子)は「置いていけない」と言い、寝袋を持ってきた。来杉有朱(吉岡里帆)を寝袋に入れて運ぶのだという。, そして、巻真紀(松たか子)は2階に上がり、ガムテープで縛られている世吹すずめ(満島ひかり)に「ごめんね、家森くん(高橋一生)たちが帰ってくるまで、すこしだけ我慢してて。今は解けないの。ごめんね。ちょっと出かけてくるね」と言い、世吹すずめ(満島ひかり)をそのままにして別荘を出た。, 巻真紀(松たか子)と夫・巻幹生(宮藤官九郎)は、庭に出て来杉有朱(吉岡里帆)を寝袋に入れ、ワゴン車「カルテット号」に積み込んだ。, しかし、夫・巻幹生(宮藤官九郎)はワゴン車「カルテット号」から巻真紀(松たか子)を閉め出すと、「この辺に湖とかあるかな?俺、この人と沈んでくる。警察が来たら、愛人と逃げたとか、適当に言っといて」と言い、1人でワゴン車を走らせた。, 巻真紀(松たか子)は「一緒に逃げるって言ったじゃない」と言い、来杉有朱(吉岡里帆)が乗ってきたレストラン「ノクターン」の車で、夫・巻幹生(宮藤官九郎)のワゴン車「カルテット号」を追いかけた。, 縛られていた世吹すずめ(満島ひかり)は自力で脱出し、巻真紀(松たか子)らを追いかけようとしたとき、巻鏡子(もたいまさこ)が別荘にやって来た。, 世吹すずめ(満島ひかり)は巻鏡子(もたいまさこ)に「生きてました。息子さん。待っててください」と教えると、巻鏡子(もたいまさこ)が乗ってきたタクシーに乗り込み、巻真紀(松たか子)らを探しに向かった。, さて、ワゴン車「カルテット号」で逃げた夫・巻幹生(宮藤官九郎)は、ダムを見つけたので、ワゴン車を降りて下見をしていた。, ところが、夫・巻幹生(宮藤官九郎)がワゴン車「カルテット号」に戻ると、来杉有朱(吉岡里帆)がワゴン車の運転席に座っていた。来杉有朱(吉岡里帆)はワゴン車を高速バックで走らせて逃げさった。, 実は、来杉有朱(吉岡里帆)はベランダから転落したが、雪が積もっていたので、死んでおらず、気を失っていただけだった。途中で意識を取り戻していたのだが、ずっと死んだふりをしていたのだった。, その後、ワゴン車で逃げていた来杉有朱(吉岡里帆)は、レストラン「ノクターン」の車で追いかけてきた巻真紀(松たか子)と遭遇すると、来杉有朱(吉岡里帆)が生きている事に驚いた巻真紀(松たか子)と自動車を交換し、レストラン「ノクターン」の車に乗り込んで走り去った。, その日の夜、巻真紀(松たか子)らを捜していた世吹すずめ(満島ひかり)は、コンビニに停まっているワゴン車「カルテット号」を発見し、コンビニで買物をしていた巻真紀(松たか子)と再会する。, 世吹すずめ(満島ひかり)は巻真紀(松たか子)に「別荘に戻ろう」と促したが、巻真紀(松たか子)は「今はちょっと」と拒否した。, 世吹すずめ(満島ひかり)はワゴン車「カルテット号」に巻幹生(宮藤官九郎)が乗っている事を察知し、「犯人隠匿罪?当たり?行かないで」と言ったが、巻真紀(松たか子)は「夫婦なの。彼のことが好きなの」「抱かれたいの」と言い、世吹すずめ(満島ひかり)を残してワゴン車に乗り込んだ。, 巻真紀(松たか子)は、巻幹生(宮藤官九郎)が戻ってきたので、巻幹生(宮藤官九郎)が脱ぎっぱなしにしていた靴下を片付けた。, さて、巻真紀(松たか子)はテーブルに花を飾り、良い感じにして巻幹生(宮藤官九郎)と食事したが、巻幹生(宮藤官九郎)は「やっぱり、離婚届を出して、警察に行く」と言った。, 巻真紀(松たか子)は「3年間、ずっと幸せだったよ。好きだったよ」と言い、最後の晩餐を楽しみ、お互いの結婚指輪を抜き合うと、一緒に区役所へ行って離婚届を提出した。, 巻真紀(松たか子)は巻幹生(宮藤官九郎)と別れて、歩いていると、会社の倉庫に閉じ込められている別府司(松田龍平)の事を思い出し、助けに行き、無事に別府司(松田龍平)を救出した。, 翌日、巻真紀(松たか子)は別荘で夕食を食べながら、カルテットのメンバーに離婚したことを報告し、名字が「早乙女」に戻った事を報告すると、カルテットのメンバーは巻真紀(松たか子)の名前の話しで盛り上がった。, 一方、巻鏡子(もたいまさこ)は、ぎっくり腰を起こしており、そのまま別荘の2階に居候していた。, その日の夜、巻真紀(松たか子)と世吹すずめ(満島ひかり)は、暖炉の前に座っていた。, 巻真紀(松たか子)は、「結婚する前に彼がくれた詩集。私にはちょっとよく分からなかった。彼が教えてくれる映画もね、どれも面白くなかった。こんな面白くないものを面白いって言うなんて、お面白い人だなって。よく分からなくて、楽しかった」と言い、詩集を暖炉の火に放り込んだ。, すると、世吹すずめ(満島ひかり)は「ちょっとやりますか」と言い、巻真紀(松たか子)と一緒に演奏を始めたのであった。. あらすじ 第7話. 『カルテット』第7話のあらすじ . 簡単なあらすじ ドラマ『カルテット』第6話 ネタバレ&あらすじ 後編. 1) 別府司(松田龍平)は、仲のいい同僚・九條結衣(菊池亜希子)と、いつものようにカラオケに行く。そして、いつものようにS... 簡単なあらすじ 復讐のカルテット. 真心が届く 13話・14話 あらすじと感想 430件のビュー; 皇后の品格 49話・50話・51話・52話(最終回) あらすじと感想 390件のビュー; 私生活 (韓国ドラマ) 【プライバシー戦争】 キャスト・相関図 視聴率 あらすじ 360件のビュー 1) 世吹すずめ(満島ひかり)はかつて、「超能力少女」としてテレビ番組に出演されていた。だが、すずめに超能力などはなく、父... 登場人物 復讐のカルテット(姉は生きている)-あらすじ全話一覧 ⇒韓国ドラマ・復讐のカルテット-あらすじと感想-最終回まで-1話~3話 ⇒韓国ドラマ・復讐のカルテット-あらすじと感想-最終回まで-4話~6話 ⇒韓国ドラマ・復讐のカルテット-あらすじと感想-最終回まで-7話~9話 松たか子さん 主演 火曜ドラマ「カルテット」 2月28日(火)は、7話目の放送となります。 物語は、人生に行き詰まった30代男女4人が繰り広げる大人のラブ・サスペンス・コメディ! 韓国ドラマ-漆黒の四重奏〈カルテット〉-あらすじ-ネタバレ-最終回まで感想あり-91話~95話 ♡マンナソ パンガプスムニダ♡ 韓国ドラマが大好きな主婦のゆーきです♪ お立ち寄り下さりありがとうございま … 復讐のカルテット-韓国ドラマ-あらすじ-最終回まで感想あり-全話一覧-全50話-初回視聴率(韓国)7.2%-監督チェ・ヨンフン -脚本キム・スノク-出演チャン・ソヒやオ・ユナ-キャスト相関図もあり … 1) 早乙女真紀(松たか子)が離婚したため、真紀に片思い中の別府司(松田龍平)はチャンスがあるのではないか、と密かに思って... 簡単なあらすじ 언니는 살아있다: 2017年放送 sbs 全68話(※54話) 視聴率. 幹夫と真紀の離婚まとめ. カルテット-第7話のあらすじとネタバレ 夫・巻幹生(宮藤官九郎)は、巻真紀(松たか子)のバイオリンを盗もうとした来杉有朱(吉岡里帆)と、もみ合いになり、来杉有朱(吉岡里帆)が別荘のベランダから転落してしまった。 ⇒【カルテット】7話のネタバレあらすじと感想「巻幹生と巻真希が離婚し旧姓の早乙女真希に戻る」夫婦の物語も終わり、4人の片思 前回の第7話では、巻真希(松たか子)と夫の巻幹生(宮藤官九郎)の夫婦の恋物語が終わり、2人は離婚することになりました。 韓国ドラマ-復讐のカルテット-あらすじ37~40話-感想についてのエントリー韓国ドラマのあらすじを感想を入れて最終回まで配信していきます!!見逃した方、ネタバレが気になる方のためのブログです。人物関係がわかりやすい相関図、キャストあり! 2017/2/28 すずめ(満島ひかり)は幹生(宮藤官九郎)に拘束されてしまう。 同じ頃、別荘に有朱(吉岡里帆)が侵入し、真紀(松たか子)のバイオリンケースを持ち出そうとする。 韓国ドラマ『復讐のカルテット』のあらすじをご紹介します。 結婚式を終え、幸せいっぱいのカン・ハリ(キム・ジュヒョン)。 夫のナ・ジェイル(ソンヒョク)と新婚旅行に向かう途中、交通事故に遭いジェイルが亡くなってしまいます。 この事故のせいで救急車が遅れ母親が亡くなってしまったミン・ドゥルレ(チャン・ソヒ)、消防車が遅れ火事で娘を亡くしてしまったキム・ウニャン(オ・ユナ)の3人は警察署で出会います。 交通事故が起きたことによって大切な人を亡くした3人は、事故現場から逃げ去った … 1) 世吹すずめ(満島ひかり)は、巻真紀(松たか子)の夫・幹生(宮藤官九郎)に出会う。幹生は、失踪した後、現金が底をついて... rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0210dd5f.ff76ad6b.09c23b43.66014a9a";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1562479982781"; 当サイトにお問い合わせ、ご指摘などがございましたら、以下のお問い合わせフォームをご利用ください。. この記事に対して1件のコメントがあります。コメントは「【カルテット】7話のネタバレあらすじと感想「巻幹生と巻真希が離婚し旧姓の早乙女真希に戻る」」です。 Quartet - カルテット - E4 English Subtitles. 復讐のカルテット-韓国ドラマ-あらすじ-最終回まで感想あり-1話~5話-全68話-初回視聴率(韓国)7.2%-監督チェ・ヨンフン -脚本キム・スノク-出演チャン・ソヒやオ・ユナ-キャスト相関図もあり … カルテットを1話から無料でじっくり視聴したいあなたへ!! カルテット 視聴率推移状況&第6話 あらすじ. 世吹す... 簡単なあらすじ 「カルテット 第10話 最終幕・後編(最終回)」あらすじ・ネタバレ 簡単なあらすじ 1) 早乙女真紀(松たか子)は警察に出頭し、住民票などを不正取得した罪で起訴された。 「大人の恋は、やっかいだ」がキャッチコピーのドラマ「カルテット」。. 2017/3/15 日本ドラマ (1355) カルテット7話のあらすじ感想ネタバレ!. 松たか子ドラマ【カルテット】第6話あらすじ. 『カルテット』第5話を考察!オセロのような裏・表の建前と本音?白黒をつける"不自由さ" 『カルテット』第6話を考察!指輪の「穴」が表す欠落、巻家の構造に見る夫婦の孤独 『カルテット』第7話を考 … 韓国愛憎劇「復讐のカルテット」第51-最終回あらすじ:チャンスを見逃さないダリ!bsテレ東 [02月13日15時57分] 【ドラマ】 Sponsored Link. 1) 家森諭高(高橋一生)は、元妻・茶馬子(高橋メアリージュン)と離婚していた。理由は、家森が定職に就かず、「こんな父親で... 簡単なあらすじ アリスが生きていた?. 3階から落ちて入院となった幹生。そこで出会ったのが家森だったが、家森は顔面包帯だらけだったため、真紀は気づいていなかった。 24:00. JennaPatukat. カルテットとは4名が結成して出来る弦楽四重奏のことを言いますが、この弦楽四重奏を題材にした物語となっています。. 巻真紀(松たか子):バイオリン奏者。大手広告代理店会社に勤務していた男性と結婚したが、その夫は1年前に失踪してしまう。 注目のドラマ『カルテット』10話(最終回)のあらすじと感想 2017年冬ドラマ『カルテット』の9話が終了しました。 9話ではついにまきの秘密がバレてしまいましたね。本当はまきではなく山本あきこでしたね。本当のことを知ったまきは大好きだったカルテットに真実を伝えましたね…。 1) 早乙女真紀(松たか子)は警察に出頭し、住民票などを不正取得した罪で起訴された。義父の殺害については、疑惑はあるものの... 簡単なあらすじ 世吹すずめと来杉有朱の真相 家森諭高(高橋一生)と猿を探しに来ていた来杉有朱(吉岡里帆)は無職でお金のない家森諭高(高橋一生)に「ヴィオラをメルカリで売ればいいじゃないですか? 1) 早乙女真紀(松たか子)の本当の名前は、「彰子」であった。14年前、借金を抱える女性・早乙女真紀から戸籍を300万円で... 簡単なあらすじ 長くて読みにくいあらすじからはもうおさらば。 長編でも短く要点をまとめているのでサクッと読めます。 韓国ドラマ「復讐のカルテット」のあらすじ全話一覧&放送情報を紹介しています。 各話あらすじでは感想や視聴率、その他にも放 … 第6話では真紀と幹生の夫婦の真相が明かされました。 真紀は全てを話し、全てがスッキリしたのかと思いきや 幹生が有朱を別荘のベランダから突き落としてしまいました・・・ カルテット第7話 終わりの … DisneyLandofficial. 韓国ドラマ-漆黒の四重奏〈カルテット〉-あらすじ-ネタバレ-最終回まで感想あり-16話~20話 ♡マンナソ パンガプスムニダ♡ 韓国ド[…] 韓国ドラマ-漆黒の四重奏〈カルテット〉-あらすじ-最終回まで感想あり-76話~80話-ネタバレ相関図や動画あり 2018.05.02 韓国ドラマ-復讐のカルテット-あらすじ1~4話-感想-相関図についてのエントリー韓国ドラマのあらすじを感想を入れて最終回まで配信していきます!!見逃した方、ネタバレが気になる方のためのブログです。人物関係がわかりやすい相関図、キャストあり! 24:00. 平均視聴率 14.0% 시청률 最低視聴率第3回6.1% 最高視聴率第68回24.0%: 出典:sbs 언니는 살아있다 あらすじ カルテットの視聴率推移状況です! 第1話 9.8% 第2話 9.6% 第3話 7.8% 第4話 7.2% 全話平均視聴率 8.6% 第6話 あらすじ 3人のヒロインには、わがまま放題の三流女優ミン・ドゥルレ役にチャン・ソヒ、優しい夫と可愛い娘に恵まれた幸せな主婦キム・ウニャン役にオ・ユナ、妹の面倒を見ながら文具店を切り盛りする健気なカン・ハリ役にはキム・ジュヒョンと実力派女優が集結!. 1) 別府の弟の紹介で、カルテットメンバーは、音楽プロデューサーの朝木(浅野和之)に会う。「クラシック音楽のフェスティバル... 簡単なあらすじ

カルテット 7話 あらすじ

寮生活 100 均, 女子サッカー 可愛く ない, Mineo エントリーコード 確認, 八千代松陰 野球部 部 員数, ガトーショコラ 表面 パリパリ, Love Scenario みたい な曲, Gi値 一覧 Pdf, 島内 応援歌 原曲, 銀魂 実写 キャスト,