メッシ退団後の次の”10番”になる選手. メッシ、メッシ、メッシ。圧巻の背番号10番。psvを無力化、“神の子”と呼ばれる、その理由(フットボールチャンネル)“神の子”。カンプ・ノウで大暴れ 現地時間18日、チャンピオンズリーグ・グループリーグb第1節、バルセロナ対psvの一戦は4-0でホ… マラドーナのクラブでの背番号ですが、キャリアを一覧にしてみましょう。 プレースキッカーとしても優れており、直接FKからの得点も彼の武器である[130]。, メッシはタイミングの取り方が他の選手に比べ細かい。どう細かいかというと、たとえば、ふつうの選手が「タン、タン、タン」と一拍のリズムで動くところを、メッシは0.5拍で「タ・タン、タ・タン、タ・タン」と刻むように進む。この細かいリズムにより、メッシは相手が1歩を踏み出している途中のタイミングでサッと逆に切り替えしたり、シュートを打つため、マーカーは付いていけない。このリズム感こそが、メッシの最大の武器である。このようなリズムを生む要素はいくつかあり。一つは、歩幅の短さ。二つ目は、ドリブルタッチの細かさ。そしてもう一つ特徴的なのは、ドリブルをする際に、ボールタッチと歩みが同じ動きの中で行われていることである。[131], メッシはどんなボールが来ても確実に自分の足元(大概は左足側)にトラップすることができ、そのトラップによりドリブルなどの次の動作に移りやすくなる。メッシが止めるボールの位置は相手が触れられない場所にあってパス、ドリブル、シュートどの選択肢も行動可能な状態となるため相手は迂闊にボールを取りに行けば交わされることが見えているので、相手はその選択肢を全て考えながら守備をしないといけなくなりメッシの次の動作を待つしかなくなる状態となる[132]。, メッシは視野を広く保ち、味方と相手の選手の位置や距離感などが常に分かっている。そのため自分の次の行動につなげる情報が豊富に揃い、さらにトラップテクニックを有することで、プレーの幅が増えている。また、味方だけでなく、相手選手についても全体を通して見えており、相手選手がどのように自分に向かって来るのかも分かる。このように視野を広く保ち状況判断がしっかりとしているため、数プレー先のことを考えながらプレーすることができる。メッシはその視野を生かし、味方の動きを利用し、パスを出すフェイントをしたり、味方の作ってくれたコースにドリブルで侵入したりする[132], メッシは2008-09シーズンから2018-19シーズン現在まで11シーズン連続でFKゴールを決めておりデビュー以来FKゴール数は年々増加している。そのメッシのFKについてスペイン紙マルカは「メッシはプラスチックの壁との練習で技を磨き、前よりも素晴らしい蹴り方を生み出した。以前までのメッシは、右足の外側で全体重のバランスを支えており、それが安定感と正確性を失わせていた。しかし、今の彼は軸足の角度を50度に保っている。これによって蹴る前に右足全体がしっかりと地面に接地し、キックが安定するようになった。また、ボールをより巧く叩けるように、肩と胸をアーチ状に曲げている。さらに身体の捻りも初期の頃と比べると変化しており、動作がよりコンパクトになっている」と重要なのは軸足だと分析している リオネル・アンドレス・メッシ・クッシッティーニ(Lionel Andrés Messi Cuccittini [ljoˈnel anˈdɾes ˈmesi] ( 音声ファイル), 1987年6月24日 - )は、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身のイタリア系アルゼンチン人サッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。アルゼンチン代表。ポジションはフォワード[3]。, 13歳でFCバルセロナに加入し、17歳でトップチームデビューして以降、10度のリーガ・エスパニョーラ優勝、6度のコパ・デル・レイ、4度のUEFAチャンピオンズリーグを含むバルセロナ歴代最多33回の優勝に貢献。自身も歴代最多6回のバロンドールを受賞し[注 2]、6回のチャンピオンズリーグ得点王と歴代最多6回のゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得している。同クラブの歴代通算最多得点(603ゴール)の記録を保持しておりラ・リーガ(419ゴール)、ラ・リーガとヨーロッパのリーグの1シーズン(50)、クラシコ(26ゴール)の歴代最多ゴール記録ならびにチャンピオンズリーグ歴代最多ハットトリック記録(8)、ラ・リーガ(169)、コパ・アメリカ(12)の歴代最多アシスト記録を保持している。また多くのサッカー関係者、選手にサッカー史上最高の選手と呼ばれている[4][5][6][7][8]。, アルゼンチン代表では2005年8月から代表に選出され、2010年からはキャプテンを務めている。同国代表の通算最多得点記録及び通算最多アシスト記録の保持者でもある。2005 FIFAワールドユース選手権に出場し、優勝するとともに自身もゴールデンボール賞(MVP)、ゴールデンシューズ賞(得点王)を受賞した。2008年、北京オリンピックに出場し、金メダルを獲得した。2014 FIFAワールドカップではアルゼンチンの準優勝に貢献し、大会MVPにあたるゴールデンボールを受賞した。南米全てのチームからゴールを奪った史上4人目の選手である[9][注 3]。W杯南米予選で通算21ゴールを記録しており南米予選歴代最多得点者でもある[10]。, 2012年、公式戦69試合に出場し91得点を記録した。これは1972年にゲルト・ミュラーが作った公式戦年間最多ゴール記録85ゴールを40年ぶりに破った記録である[11]。更にこの年にまたがる2011-12シーズン、ラ・リーガでシーズン37試合に出場し50得点を記録。スペイン記録のみならず、1976-77シーズンにルーマニア1部リーグのディナモ・ブカレストでドゥドゥ・ゲオルゲスクが記録した47得点を抜き、欧州のリーグシーズン最多得点記録を更新した[12]。この記録はギネス世界記録にも認定されている[13]。, フランスフットボールによるとメッシは2009年から2014年までの6年間のうち5年間世界で最高年収のサッカー選手であり、2019年にはフォーブスによる世界のアスリートの年収ランキングで1位に選出された。2011年と2012年にはアメリカの雑誌タイムが発表する世界で最も影響力のある100人に選出され[14][15]、世界で最も有名なアスリートの1人である。メッシは2006年以来スポーツ用品メーカーであるアディダスとスポンサー契約を結んでおり会社の主要なパートナーとしての地位を確立している[16]。, アルゼンチンで、父ホルヘ・メッシ、母セリア・クッチティーニの3人目の子供として生まれた[17][18][19]。ホルヘはニューウェルズ・オールドボーイズの下部組織でサッカー選手となる夢を追っていたが、その後夜学に通い技術者の資格を得てアルゼンチン有数の鉄鋼会社の工場長になった("messi" by GUILLEM BALAGUE)。ホルヘの父方の祖先アンジェロ・メッシは1883年にアルゼンチンに移住したアドリア海沿岸アンコーナ出身のイタリア移民、母方の祖先はカタルーニャにルーツをもつスペイン人であった[20][21][19][22]。母セリアはイタリア移民の子孫である。5歳の時には父親がコーチを務めるクラブで本格的にサッカーを始め、1995年には地元のクラブであるニューウェルズ・オールドボーイズに加入する。当時敵なしで「La Maquina del '87」と称えられたニューウェルズのユースチームの一員であったメッシはプレーしていた6年間の間に約500ゴールを記録した[23][24][25]。しかし10歳の頃成長ホルモンの分泌異常の症状(成長ホルモン分泌不全性低身長症)が発覚、成長ホルモン投与などの治療なしでは身体が発達しないと診断された。2年程はホルヘの会社の医療保険で治療費をまかなうことができたが、アルゼンチン経済の逼迫によりそれが打ち切られると、毎月$1000以上に及ぶ支払いは困難となった。ニューウェルズは当初治療費の工面に同意するが実際に支払われることはほとんど無かった。メッシの憧れであったパブロ・アイマールが所属しているリーベル・プレートでトライアルを受けるも入団には至らなかった[26][27][28]。そんな折ホルヘの元に一本の電話が入った。FCバルセロナと強いコネクションを持つ著名な代理人ホセ・マリア・ミンゲージャ であった。アルゼンチンの天才少年のビデオを手に入れた彼はそれをバルサに送っていた。, 人生の転機となったのは、13歳の時に受験し合格したスペイン・リーガ・エスパニョーラのFCバルセロナの加入テスト。当時の監督カルロス・レシャックは彼のプレーを一目見ただけでその小さな身体に驚くべき才能と将来性が宿っていることを悟り、すぐさま合格を決めたが当時、ヨーロッパのクラブがメッシのような若い年齢の選手と契約することは珍しいことだったため会長がなかなか契約を前に進めなかったため交渉は難航した[29]。どうしても契約を逃したくなかったレシャックは自身の権限の下でFCバルセロナはメッシと契約すると約束した。この時レシャックは契約書の代わりになるものを持っていなかったため紙ナプキンにこの契約を書き留めた[30]。その後FCバルセロナは家族揃ってのバルセロナへの移住を条件に治療費を全額負担することを約束し、家族もこれを快諾。2001年2月、メッシは家族と共にバルセロナへ渡りバルセロナの本拠地であるカンプノウ近くのアパートで暮らし始めた。2001年3月1日、正式契約を結びスペインでの生活を本格的に始めることとなった。スペインでの最初の1年間、ニューウェールズとの移籍交渉が難航していたため親善試合とカタルーニャリーグにしか出場出来なかった。サッカー外ではメッシはあまり喋らなかったためチームメイトと馴染むのに苦労した。さらに母が兄弟と妹のマリア・ソルと共に故郷に帰り父と2人で生活している時、メッシはホームシックに苦しんだ[31][32]。スペイン在住となってからでもアルゼンチン時代の幼なじみや友人知人とはこまめに連絡を取り合っていた[2]。, 17歳となった2004年10月16日、第7節エスパニョール戦にてプリメーラ・ディビシオン・デビューを果たすと、2005年5月1日の第34節アルバセテ・バロンピエ戦で初得点。17歳と10ヶ月7日で決めたこの得点は、後にメッシ自身のアシストからボージャン・クルキッチが17歳と51日で記録するまでクラブ史上最年少得点だった。このシーズンはレギュラー定着とはならなかったが、その才能をのぞかせ、リーガ制覇を経験した。, バルセロナと2014年まで契約期間を延長し、スペインの市民権を得て臨んだ2005-06シーズン、リュドヴィク・ジュリとの右ウィングのポジション争い時にこのフランス代表のライバルを上回る活躍を披露。ワールドユースも含めた質の高いプレーが人々に認知され、イタリアのスポーツ紙Tuttosportが選ぶゴールデンボーイ賞(U-21欧州最優秀選手賞)にクリスティアーノ・ロナウドやウェイン・ルーニーを抑えて選出された。UEFAチャンピオンズリーグの対チェルシーFC戦・1stレグをはじめ、相手左サイドをしばしば混乱に陥れるビッグプレーを見せたが、対チェルシー戦の2ndレグ中に右足の筋肉を故障し、その後のシーズンを棒に振った。リーガでは17試合、チャンピオンズリーグでは6試合の出場に終わったが、チームはリーガ、チャンピオンズリーグの二冠を達成した。, 2006-07シーズンは故障による欠場が目立ったものの、右サイドから切れ込むドリブルが冴え渡り数々の印象的なプレイを披露する。バルセロナ最大のライバルであるレアル・マドリードとのエル・クラシコでは自身初のハットトリックを達成(試合結果は3-3)し、スペイン国王杯準決勝1stレグ、ホームでの対ヘタフェ戦においては、センターサークル付近から5人をかわして得点を決めた。後者はアルゼンチンサッカー界の英雄ディエゴ・マラドーナの1986 FIFAワールドカップにおける伝説の5人抜きゴールとほぼ同じコースを辿った、同じ13回のタッチでのゴールであり、当時のリーガ最少失点チーム相手に繰り出した「マラドーナ2世」と呼ばれる彼の「後継者」たる所以を見せ付けたスーパープレーだった。第37節のエスパニョール戦では、マラドーナばりの「神の手」ゴールも記録した。チームはリーガ3連覇とチャンピオンズリーグ2連覇のどちらも達成できずに終わったが自身はリーグ、カップ合計で36試合に出場し17得点と奮闘した。, 2007-08シーズンは、ジュリがローマに移籍したものの、プレミアリーグのアーセナルからフランス代表のエースストライカー、ティエリ・アンリがチームに加入し、サミュエル・エトオ、ロナウジーニョにメッシと、4人のワールドクラスのFWを揃えた陣容は「ファンタスティック4」と呼ばれその圧倒的な攻撃力が期待されたが、アンリがチームのスタイルに合うまでに時間を擁し、エトオが負傷、ロナウジーニョが不調と、思うように攻撃陣が機能しない序盤戦、単独での突破から貴重なゴールを幾度となく決めチームを支え、欧州最優秀選手を選出するバロンドールではカカ、クリスティアーノ・ロナウドに次ぐ3位に選出された。, 2008-09シーズンは、ACミランに移籍したロナウジーニョに代わって背番号10を背負ってチームを牽引。これまで孤立しがちだった右サイドにダニエウ・アウヴェスという心強い相棒が加わったこともあって、前線のエトオ、アンリと共にゴールを量産。初めて年間通して故障らしい故障もなく過ごし、チームはUEFAチャンピオンズリーグなどで優勝し見事に三冠を達成。メッシは大会を通じて9得点を挙げ得点王に輝いた。2008-09シーズンの総計38得点は、チーム得点王。リーガ第21節、ラシン・サンタンデール戦(エル・サルディネーロ)では、バルセロナのリーガ通算5000ゴール目を決めた。ラシン・サンタンデールは、リーガ初年度第1節(1929年2月12日、エル・サルディネーロ)でマヌエル・パレーラがバルセロナのリーガ初得点を記録した相手でもある。, 2009年12月1日にはアルゼンチン出身の選手としては3人目(4度目)となるバロンドールに選出された[注 4]。12月のクラブワールドカップでは負傷した状態での参加となったが試合には間に合い、準決勝のアトランテFC戦では途中出場し、決勝点を挙げる。決勝のエストゥディアンテス戦では先発出場し、延長戦の末にダニエウ・アウヴェスのクロスを胸で押し込み決勝点を挙げ、バルセロナの優勝に貢献。メッシは大会選定のゴールデンボール賞(MVP)を受賞した。胸でボールを押し込んだことに関してメッシは「相手GKが体勢を崩していて強いシュートを打つ必要がなかったので、確実にボールを押し込むために胸を使った」と話した[33]。12月21日にはアルゼンチン人としては初となるFIFA年間最優秀選手に選出された。2007年、2008年と2年連続で次点となっていた[注 5]ため、3度目の正直での受賞となった。, 2010年1月16日のセビージャ戦で、自身バルセロナ通算100得点を史上最年少で達成した。3月6日のアルメリア戦で決勝点を挙げると、14日のバレンシア戦、21日のサラゴサ戦と2試合連続でハットトリックを達成するなど、バルセロナの得点を9連続で記録した[注 6]。4月6日のチャンピオンズリーグ準々決勝・アーセナルとの2ndレグで、大会史上6人目となる1試合4得点[注 7]を達成した[34]。決勝トーナメントでの1試合4得点は史上初であり[34]、この得点でチャンピオンズリーグ通算得点が25となり、リバウドを抜いてバルセロナ歴代1位となった。チャンピオンズリーグは準決勝で敗退し連覇を逃したものの、リーガではその後も得点を挙げ続け、バルセロナの連覇に貢献。メッシ自身は35試合に出場して34得点を挙げ、得点王、ヨーロッパ・ゴールデンシューに輝いた。リーグ34得点、シーズン公式戦通算47得点はロナウドと並び、バルセロナ最多タイ記録となった[35]。, 2011年1月10日、バルセロナの同僚でありワールドカップ優勝メンバーでもあるアンドレス・イニエスタとシャビを抑え、2年連続でバロンドールを受賞した。2年連続でバロンドールを受賞したのは史上6人目であり、複数回バロンドールを受賞するのは史上9人目の快挙である。バロンドールがFIFA最優秀選手賞と統合され、FIFAバロンドールとなってからは最初の受賞者となった。, 2010-11シーズンも、前シーズンと変わらぬ活躍を見せる。チャンピオンズリーグではルート・ファン・ニステルローイと並び大会史上最多タイとなる12得点を挙げ、3季連続の得点王を獲得。バルセロナの2シーズンぶりの優勝に貢献した。2011年8月25日には新たに設立されたUEFA欧州最優秀選手賞の初代受賞者に選出された[36]。, 2011-12シーズンも開幕から得点を量産し、2011年9月28日のチャンピオンズリーグ・BATEボリソフ戦で2得点を挙げ、ラディスラオ・クバラと並びクラブ史上2位タイとなる公式戦通算194得点とすると[37]、10月25日のラシン・サンタンデール戦で2得点を挙げ、単独2位となった[38]。2011年12月18日に日本で開催されたFIFAクラブワールドカップ決勝のサントスFC戦ではブラジルの新星ネイマールとのエース対決に注目が集まったが、試合は終始バルセロナがサントスを圧倒し、4-0のスコアで勝利した。メッシ自身も2得点の活躍で大会MVPを受賞し、チームの2年ぶり2度目の大会制覇に貢献した。, 2012年1月9日にはFIFAバロンドール男性部門の最優秀選手賞を受賞。3度目の受賞は史上4人目、3年連続での受賞はミシェル・プラティニに次ぐ史上2人目の快挙となった。, 2月14日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのバイエル・レバークーゼン戦で1得点を挙げ、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント通算得点数を19とし、ラウル・ゴンサレスとアンドリー・シェフチェンコを抜き歴代単独最多となった[39]。2月19日のバレンシア戦では自身のリーガ通算200試合出場を、4得点を挙げて祝った[40]。同月26日のアトレティコ・マドリード戦では決勝点を挙げたもののハンドリングでシーズン5回目の警告を受け、自身初の累積警告による出場停止処分を受けた[41]。3月7日のレヴァークーゼン戦2ndレグではチャンピオンズリーグ史上初となる1試合5得点を達成し、バルセロナの大勝に貢献した[42]。3月20日のグラナダ戦でハットトリックを達成してバルセロナでの公式戦通算得点数を234とし、セサル・ロドリゲス・アルバレスの持つ記録を更新し歴代トップとなった[43]。3月24日のリーガ第30節のマジョルカ戦で自己最多となるシーズン35得点目を挙げ、8節を残してロナウドの持つリーガでのシーズン通算得点のクラブ記録を更新した[44]。4月3日のチャンピオンズリーグ準々決勝2ndレグ、ACミラン戦で2得点を挙げチャンピオンズリーグでのシーズン通算得点を14とし、昨年の自身の記録を更新して大会最多得点記録を樹立した[45]。4月7日のリーガ第32節のサラゴサ戦で2得点を挙げ、1972-73シーズンのゲルト・ミュラー以来39シーズンぶりとなる、1シーズン公式戦通算60得点を達成した[46]。5月2日のリーガ第20節延期分のマラガ戦で3得点し、これでシーズン公式戦68得点とし、ゲルト・ミュラーの持つ、シーズン公式戦67得点の最多得点記録を更新し[47]、最終的にシーズン公式戦73得点を記録し、リーガ、チャンピオンズリーグの両方で得点王を獲得。リーガでは史上最多記録となる50得点を挙げ、1976-77シーズンにディナモ・ブカレストのドゥドゥ・ゲオルゲスクが記録した欧州リーグシーズン得点記録(47得点)を35年ぶりに更新した[48]。またチャンピオンズリーグでは前述の通り大会最多得点を記録し、史上初の4シーズン連続得点王となった[49]。 背番号18. リオネル・メッシ ポジション:RWG,CF,AMF 所属:バルセロナ(アルゼンチン代表) 背番号:10番 生年月日:1987年6月24日(33歳) 身長/体重:170cm/72kg . 170–171. pp. [137]。, 2019年にCLでリバプールに逆転負けをした際には元バルサの名将ルイス・ファン・ハールに「メッシはなぜCLで勝てないのか自問すべきだ」と苦言を呈されている。チームがメッシのために合わせるのではなく、メッシがチームのために合わせなくては駄目だとチームプレイの重要性を説き、「チームプレーヤー」の模範のひとりとして優勝したリバプールのジェイムズ・ミルナー(当時33歳)を引き合いに出した[138]。, 史上最多となる6回のバロンドールに輝くなど、サッカー史上最高の選手の1人とされ、ジョゼップ・グアルディオラや[139]シャビ[140]、セルヒオ・バティスタ[141]など、歴代最高の選手とする声も多い[142]。, ジョゼップ・グアルディオラは「メッシを止められるディフェンスなど存在しない。自陣を9人で守り、11人でハイプレスをかけても対応できない。距離を詰めて、 ボールを受ける前にブロックしなければならないのは分かっているが、彼ほどの飛びぬけた才能の前には戦術も監督も関係ない」と賞賛している[143]。, アレックス・ファーガソンは教え子であるロナウドを世界最高の選手に挙げながらも、メッシの真面目さとサッカーへの愛情、ボールを奪いに行く勇気を高く評価し「ロナウドとは違うタイプの選手で、素晴らしい選手であることに疑いはない」と賛辞を送っている[144]。, ジョゼ・モウリーニョは「私はこれまで異なったチームでメッシと戦ってきた。その中で色々なアプローチや目的を持ってやってきた。試合に勝つため、時には負けないためや成績を維持するための方法も取ってきた。彼のプレーを読み、どのように相手にダメージを与えるかを理解しようとした。しかしそれでは彼を止めるのに時間がかかり過ぎる。それには感動すら覚える。彼は非常に素晴らしい選手であり、正真正銘のトップ中のトップだ。我々は彼に考えること、研究すること、分析すること、そして決断を下すことを学んだ。彼は我々監督をより成長させてくれる点でも素晴らしい」と評価している[145], カルロ・アンチェロッティは「メッシがフィジカル的に100%であれば、止めることは不可能と言わざるを得ない。戦術も、守備組織も、監督という存在も意味をなさないんだ。彼の巨大な才能はどのような対策も無効としてしまい、プレーを制御する方法などは存在しない」と述べている[146]。, ファビオ・カペッロは「メッシと最初に会ったのは、彼が16歳の時だったが、驚かされたことを覚えているよ。当時から今のようなパフォーマンスができていた。なぜなら、彼は天才だからだ」と称賛している[147]。, アントニオ・コンテはCLでバルセロナに0-3で敗れた後「こういう選手は50年にひとりしか生まれない。単独でこれだけの能力・スキルを持つ選手なんだ。ファンタスティックのひと言だよ。超、超、超トッププレーヤーだ。彼なら年間60ゴールも可能だろう。それも1シーズンだけでなく、毎シーズンね。こうして彼を称える機会がもらえて嬉しかったよ。素晴らしい選手だからね。世界最高の選手だ」と述べている[148]。, アーセン・ベンゲルは「リオネル・メッシは2位以下を大きく引き離して世界のトップにいる」と世界最高の選手と評価し、トップスピードでありながら方向を変えることができるドリブル技術を「危険極まりない脅威」と表現した[149][150]。, アルフレッド・ディ・ステファノは個人技や創造性、両足での決定力に加え、チームのためにプレーする姿勢を高く評価し[151]、自らを魅了する選手の一人であるとしている[142][152]。アルゼンチン代表におけるキャプテン就任についても「数々のタイトルを獲得したメッシはプレッシャーに耐える術を知っている人間であり、彼に相応しい名誉だ」として支持している[152]。マラドーナとの比較については「時代が違う」として、必要のないことであると述べている[152]。, ロナルド・デ・ブールは「私は、ペレの現役時代は知らないが、クライフなら知っている。だが、メッシは私が知る限り史上最高だ。ホーム、アウェイ、リーグ戦、カップ戦関係なくプレーする。3.4年いいプレーするを選手がほとんどの中、彼は10年トップであり続けている。私の見たベストプレーヤーだ」[153]と絶賛している。, ルイス・エンリケは「メッシはどこでも望む場所でプレーすることができる。メッシは他の誰とも違う。色々な賞で彼を比べるのは馬鹿げたことだ。彼のような選手は過去にもいなかった。現在の選手との比較だけではない。現在のどの選手も傷つけるつもりはないが、過去のどの選手とも比較できない」と述べている[154]。, フランク・ライカールトは「メッシを超える選手など有り得ない。彼は生粋のフットボーラーであり、ライバルなど関係ない。その一方で、彼はチームとはいかなるものかをしっかりと理解している。常にチームメートやスタッフへの感謝の気持ちを忘れない、謙虚な青年だ」[155]と語っている。, シャビは「すべての監督がメッシを止めるための策を講じる。それは想像に難くない。でも、メッシは絶対に止められない。以前、コパ・デル・レイの決勝でアスレティック・ビルバオがメッシにマンマークをつけたことがあったね。だけど、無駄だった。メッシは違いをつくる選手だ。僕たちがやっていたのは、メッシに時間とスペースを与え、ボールを受けてもらうこと。メッシは世界一違いを生み出せる選手。それは余りにも明快だ」とメッシの個の能力について高く評価している[156]また「彼は毎日より良い選手になる。信じ難いほどにね。僕の意見では、彼が史上で最高の選手だよ。この瞬間だけではなく、歴史上においてだ」。彼がしていることは素晴らしいことだ。全ての試合で違いを作る。12年前から毎試合そうなんだ。僕は彼と共にプレーしたけど、彼の技術…それはとてつもないものだ。私の中で、彼が史上最高の選手だということは揺るがない」[157]と賞賛している。, エリック・アビダルは「リオネル・メッシは世界最高の選手であると同時に、私が知る限り最も腰の低いスター選手だ。バルサで6年間彼と共にプレーしたが、彼の傍にいれたことが私の誇りだ。彼の練習する姿や笑っているところを見るのは私にとって喜びだった。彼がストレスを感じているように見えたことは一度も無い。彼はフィールドで仲間を助けたり、人とは違ったプレーをすることができたがいつも他の選手たちに対してポジティブかつ控えめな態度で接した。彼から学んだことは多い。私は2007年から彼と一緒にプレーしたが、年々彼のレベルが上がっていった。彼ほど長い間才能を発揮し、記録を塗り替えて続ける選手はいない。ずっとサッカーをやめないで欲しい。あと10年間プレーし続けてほしい。私だけでは無く他の多くの人々も同じことを思っているだろう」[158]とその態度と才能を称賛している。, ティエリ・アンリは「誰もが彼の成功を確信していた。最初からね。それを知るために、エキスパートになる必要なんてなかった。メッシは昔も今も特別な存在だ。最高級の形容詞でさえ、彼を表現するには至らない」と述べ称賛している[159]。, ホセ・ルイス・チラベルトは「アルゼンチン代表はロシアで優勝候補の一角に入るか?」という質問に対して「もちろんだ。それについては何の疑いも持っていない。しかし、アルゼンチンを優勝候補にしているのはメッシだ。メッシがいなければ、アルゼンチンはグループステージを突破できない。アルゼンチンにはアグエロ、イグアイン、ディ・マリア、ディバラといった優れた選手がいるが、いずれも1人では試合を勝利に導けない。だが、メッシにはそれができる。そこに大きな違いがある」とメッシのアルゼンチン代表での影響力を高く評価している[160]。, ガリー・リネカーは「メッシは私が現役時代に一度もできなかったようなプレーを、1試合のうちに4、5回見せている。信じられないよ。私はマラドーナを見た時、彼を超える選手は出てこないと思った。だがメッシは史上最高の選手だ」と述べている[4]。, デビッド・ベッカムは「メッシが世界最高の選手。彼は子供たちの憧れの的だ。皆が彼のプレー、振る舞い、チームへの献身の姿勢を真似ようとしている。メッシはチームのためにプレーをする。それがどんな選手、人間であるかをよく表している。メッシは8歳か9歳の子供ように試合を楽しむ。まるで現役最後の試合であるかのように、各試合を心ゆくまで楽しんでいるんだ。特別な選手だね」と述べている[161]。, スティーブン・ジェラードはUEFAチャンピオンズリーグ 2016-17グループステージ第5節のセルティック戦で2得点を挙げたメッシに対し、「私は彼が、歴代最高の選手だと思う。彼のプレーを見ることが絶対的な喜びだよ」と語っている[5]。, フランチェスコ・トッティは世界最高の選手について尋ねられ「サラー?世界最高の選手はリオネル・メッシだよ。」と答えている[162]。また次のローマの10番についても語っており「ローマで“10番”を背負うのは決して簡単なことではない。次の“10番”が誰になるかは誰にも分からない。新たなトッティかメッシ、もしくは2人に肩を並べる偉大な選手が現れた時、受け継がれることになるだろう。もしメッシがローマに来たら、間違いなく身に着けることになる。彼なら“10番”を選ぶはずだし、そうでなくとも私が空港まで迎えに行って自ら手渡すよ」とメッシをリスペクトしている[163]。, ジャンルイジ・ブッフォンは「メッシはより完璧だ。彼はより低い位置からプレーを開始し、よりテクニカルのクオリティー、ゲームのビジョンを持っている。フィニッシャーというよりはトレクアルティスタ(トップ下)だ[164]と評価している。, ズラタン・イブラヒモビッチはESPNのインタビューに対して「オレが思うにメッシは唯一無二だ。彼のようなプレーをできる選手が今後現れるか、分からないな。なぜなら彼には自分のスタイルがある。だから、あそこまでの選手になれた。(第二のメッシの出現については)可能だとは思わない。毎日彼のプレーを見られることは自分にとって幸運だ。以前にも言ったけど、プレイステーションのようだ。ボールを預ければ、全員抜いてくれる。それがメッシなんだよ。彼は他の国に移籍しても、どこでも活躍できる。なぜならフットボールを愛する唯一無二の存在だからだ。フットボールを本当に愛しているからね。バルセロナでも世界のどこでも、パフォーマンス面でトラブルに陥るようなことなんてないんだよ。みんな感謝しなければいけない。特にアルゼンチンではね。あんな選手が自分の国にいるんだから。彼がプレーしている間は喜びを享受すべきだ。なぜなら、彼は美しいのだから。」とメッシの存在を唯一無二と表現している[165]。, セスク・ファブレガスは「我々はロナウドやロナウジーニョのような素晴らしい選手を見てきたが、メッシは15年間もトップに立ち続けている。彼は18歳の頃から常に最高の選手であり続けた。信じられないようなものを見てきている。彼は3日おきにゴールを決め、アルゼンチン代表でもプレーし、時差ボケのまま戻ってきてハットトリックを決めるんだ。本当に普通じゃない、今後このようなクオリティーの選手が現れるのは不可能だろう」[166]と述べている。, ピーター・クラウチは「いつの日か、僕が孫に『メッシと同じピッチに立ったんだよ』と伝えられる日が来るだろう。彼らには繰り返し、その話をするだろうね。なぜなら彼は、サッカー史上最も偉大な選手だからだ。彼が成し遂げていることについてどう表現するべきか、いろいろな考えがあるだろう。僕が思いついたのは、彼は『生ける記念碑』だということだ。生きているうちに、誰もが一度は彼のプレーを見に行くべき存在だよ」と述べている[167], ディエゴ・マラドーナは「(メッシが歴代最高の選手かどうかは)歴史が決めること」であるとしながらも、メッシのプレーを見ることが喜びであると語り[168]、メッシが史上最高の選手となることを望む旨を度々発言している[169][170]。マラドーナはメッシのプレーだけでなく、その人柄も高く評価している[171]。, ウェイン・ルーニーはロナウドとメッシ、どっちのほうがいい選手かという質問に対して「メッシだね。前にも言ったと思うけど、2人はどちらも史上最高の選手だろう。個人的にはメッシが史上最高さ」と答えている[6]。, エデン・アザールは「この世に2人の史上最高の選手は存在しない。唯一の存在であり、それがメッシだ」と語りメッシを称えている[7], アルトゥーロ・ビダルはメッシがハットトリックを達成したラ・リーガ第28節ベティス戦の後に「僕らはたくさん楽しまなければならない。彼の才能は世界で二度と見ることはできないだろうからね。彼はとても印象的な選手だ。君たちはそれを今日見たと思うし、ピッチに行くたびに見ているんだ」[172]と称賛している。, ジエゴ・コスタはメッシが欠場したアルゼンチン戦の後に「メッシがいない時には全く違うものになる。それが見られただろう。ピッチにメッシがいれば、多くのことが変わる。もしピッチにいなければ、リーダーを失う。アルゼンチン人は、メッシはメッシだと知っている。彼を人々が批判していることは聞いている。しかし、メッシは優先的に扱われるに値する人間だ。なぜなら、彼は最高だからだ。メッシのような選手が批判されるべきではない。神に感謝しなければいけないよ。彼が存在することをね。誰もが知っている。メッシは何ができるかを。彼がそこにいないことですべてが変わる。メッシと対戦するチームは、何かを変えなければならない。彼は違いを作れる選手だからだ。」[173]と語っている。, キーラン・トリッピアーは「メッシは4回見たって同じ場所にいる。本当に変だよ。また歩いて、歩いて、そしてゴールだ。彼と何度か対戦してきて、彼は本当に小さなスペースを探し出すのがとても上手いと思う。バルセロナがパスを回している間、彼はボールがどこに来るかをあらかじめ知っているみたいだ。彼の賢明さは本当に素晴らしくて、歩いている時でも常に注意する必要がある。本当に最高の選手だ」[174]。, コケはマルカのインタビューに対して「僕にとっては世界最高だ。ピッチで対戦するときには、彼にとって最高の日ではないことを祈るしかない。もし、そういう日であれば、彼のチームは相当に優位な立場となる。彼を止めるのは難しい。その動きをカバーをして、DF陣を助け続けなくてはならないし、そして、彼にとって最高の日ではないことを願うしかない…。彼がプレーを開始することを意識し、それを阻止する心構えをして実際にそうしたとする。でも、彼はいきなり何かしらのプレーを発明してしまうんだよ。彼の創造性は凄まじい。なぜ、身体を投げ出さないのか? Orion Books」Balagué Guillem著 (2013), ["2014 FIFA World Cup Brazil Technical Report and Statistics"] (PDF). Messi matches Ronaldo penalty milestone as Barca star sets six-year best. 」ルーカ・カイオーリ著 東邦出版 2010年2月18日, 「Messi. 背番号の変更という点で、彼は正真正銘のスペシャリストだ。すでにセビージャにいた頃から6年間で8番、6番、4番という3つの番号をつけている。, 番号変えはバルセロナに移っても続き、1シーズン20番を背負った後で、次の4年間は2番を着用した。その後に22番の2年間が続き、バルセロナで送った最後のシーズンには6番をつけてプレーした。, 現在はDFながらサンパウロで10番を背負っており、今も背番号において必ずトピックにあがる選手だ。, だいたいにおいて、バルセロナではあまり煩いことを言われずに好きな番号をもらうことができる。アンドレス・イニエスタも34番、24番、8番の順で3つの番号をつけていた。, バルセロナのチームメイトの中でイニエスタの頻繁な番号変えを笑ってあしらうことのできるのはシャビだけだろう。, このゲームメーカーはバルセロナで過ごした17年間に29番、26番、16番、そして6番(ゲームメーカーがつけるケースが多い)という4つの背番号を手に入れた。とはいえ、2001年から退団する2015年まではずっと6番をつけていた。, リオネル・メッシもずっと10番をつけていたわけではない。周知のようにかつてのバルセロナにはロナウジーニョのようなスーパースターが在籍しており、10番のような伝統ある背番号を簡単に手に入れることはできなかった。, しばらくの間メッシは19番をつけていた。だが、バルサでのデビュー戦では30番でプレーしていたこともある。今となっては記憶の彼方の出来事だが。, ここまでスペインでの事例を紹介してきたが、イングランドではどうだろうか。2020年にトッテナムに復帰したギャレス・ベイルは9番という馴染みのない番号をつけることになったが、2007~13年の在籍時にすでに別の3つの番号を背負っていた。, 10代のベイルは16番をつけて後方を守っていたものの、その後3番を与えられた。キャリアのスタート時にはサイドバックの選手と目されていたため、もっと前のポジションへ移ったのは後になってからのことだった。, だが、トッテナムでの最後のシーズン(2012-13)についに11番を手に入れ、ようやく自身にふさわしい番号をつけることになった。続くレアル・マドリー時代にも全期間を通じて11番をつけてプレーした。, トッテナムにはお気に入りの番号を手に入れるまで、しばらく待たなければならなかった選手がもう一人いる。ハリー・ケインは37番をつけたヤングスターとしてめきめき頭角を現したあと、18番を贈られた。, だが、やがてチームのスターになり、10番の栄誉を与えられ、今もこの番号を背負っている。, スティーヴン・ジェラードもリヴァプールで同様の道のりをたどった。このレッズのレジェンドは28番を背負ってデビューを飾り、その後ややアップグレードして17番を受け取った。, しかし何年もの間、タンク並みの迫力のFWエミール・ヘスキーの存在によって、ジェラードが欲しかった8番の獲得は阻まれていた。リヴァプールがチャンピオンズリーグで伝説的勝利を飾った前年の2004年にヘスキーがバーミンガムへ移籍したため、ついにジェラードは8番を手にすることができた。, ポール・スコールズは長年にわたって18番を背負っていた。1999年と2008年のチャンピオンズリーグ制覇の際も、18番をつけていた。本当なら2011年に引退するつもりだったが、6ヶ月後にカムバックしたときは、アシュリー・ヤングが18番を背負っていた。, そのため、スコールズは22番をもらった。だが、マンチェスター・ユナイテッドでのキャリアの初めにも14番や24番をつけていたことがある。, かつてスコールズのチームメイトだったデヴィッド・ベッカムも常に7番をつけていたわけではない。中でも1シーズンは10番を背負っていたし、その前の若い時代には24番をつけていた。, クリスティアーノ・ロナウドはレアル・マドリーでの最初のシーズンに9番をつけてピッチに立たざるをえなかった。7番はまだクラブのレジェンドであるラウールのものだったからだ。しかし1年後には、以前のマンチェスター・ユナイテッド時代同様、再び 7番に戻ることができた。, 最後にブンデスリーガに目を向けてみる。ブンデスリーガではマリオ・ゲッツェもちょっとした背番号ルーレットをやっている。ドルトムントでデビューした時のゲッツェは31番をつけていたが、2年後には11番になった。, だが、11番でプレーしたのは1年だけで、その後10番をつけることに。バイエルンへ移った後で復帰してからも、やはり10番をつけていた。現在、PSVで27番を選んでいる。, Copyright © 2020 Goal.com All rights reserved.

メッシ 背番号 18

ゆず 泣ける 曲ランキング, Stv 新人アナウンサー 2020, いらすとや パワポ 引用, グリコ森永事件 子供の声 内容, ウイニングポスト9 2020 秘書 結婚, ディープインパクト 実況 名言, 嵐 結婚 相葉, ジャニーズwest 喧嘩 エピソード,