日本の野球を盛り上げる!野球情報・ニュースサイト『ショウアップナイター Powered by BASEBALL KING』 」が、TBSラジオで一夜限りで復活することになった。 ドラマと同様、初代カバヤキ三太郎こと生瀬勝久のDJで、6月14日午後11時からオンエアされる。 TBSラジオが野球中継から撤退するという 野球に全く興味の無いワタシにとっては、今更?って思いだが、TBSという処で悪い予感しかしない 野球中継の筈だった時間… TBSラジオが29日、来季2018年にナイター中継から撤退すると発表した。 東京・赤坂の同局内で行われたTBSテレビなどとの合同の定例社長会見で、 入江清彦社長が「1952年からプロ野球中継をしてきまし … !』『爆笑問題の日曜サンデー』といった通常編成のワイド番組を優先するため、セ・リーグの試合であっても原則として放送しないが[注 27]、例外として2010年10月17日のセ・リーグCSファーストステージ「阪神対巨人」第2戦はデーゲーム開催ながら『日曜サンデー』を短縮の上で放送した[注 28]。また、クライマックスシリーズ期間中は首都圏の聴取率調査期間と重なることが多いためか、遠方の試合であっても殆どは関東向けに自社制作する。また、ABCラジオ、MBSラジオ、CBCラジオなども遠方の試合や地元球団の関わらない試合も含めて自社制作する(例外あり)ことから、JRNナイター参加局間で相互に協力は行うものの実況音声そのものの相互ネット例は少ない[注 29]。, 日本シリーズは全試合放送する。関東地区開催分では原則として自社分をJRN全国中継として配信するが、年によっては関東向けと地方向けの二重制作を行うこともある(ただし、クライマックスシリーズ導入後は二重制作の例は見られなくなっている)。巨人がシリーズに進出した場合は遠方での開催分でも、地元局制作のJRN全国中継を受けずに、関東向けの自社制作を行う(巨人以外が進出した場合は、首都圏の聴取率調査期間を除いて地元局制作のJRN全国中継をネットするが、解説者のみ派遣する場合がある)。なお、関西地区でのネット相手は、第1,2,6,7戦はABC、第3-5戦はMBSである。その他のクロスネット局は楽天優勝時のTBCなどレギュラーシーズンに合わせて第1,2,3,6,7戦をJRN受けにしている地域が多い。2010年・2011年は土・日のJRN全国中継取りやめの影響で、土曜開催の第1,6戦については局によって対応が分かれることになったが、2012年からは土曜開催分も概ねJRNに戻っている。また、SBSやかつてのRCC[注 30]など全試合をJRN受けとしている局もある。, 2009年度まで土・日曜日は、試合開始前(17:30-18:00)に『キャッチ・ザ・エキサイトベースボール(Catch The Excite Baseball)』を放送していた。土曜日は17:45-17:50に『ウィークエンドネットワーク』(全国ネット)、日曜日は17:40-17:50に『中嶋常幸のティーグラウンドへようこそ!』(関東ローカル)を内包する。なお、2000年度から2005年度にかけては平日にも17:50-18:00に放送されていた。現在もこの名残で17:50から18:00までは他球場の先発投手情報やTBSラジオで自社制作する場合は当日中継を担当する実況アナウンサーと解説者による直前情報を伝える。, 21:00からは『エキサイトベースボールジョッキー(Excite Baseball Jockey)』を放送し、中継カードのハイライトや他カードの途中経過・試合結果などを伝える。他球場の展開によっては他球場から生中継を行う場合もある。終了時刻は22:00で当日中継した試合の終了がそれに近い時間になるか、22時を過ぎた場合は休止される。また、『ジョッキー』の担当者が中継中のスタジオ業務(クイズのキーワード発表や提供読みなど)も担当する。, レインコート(雨天中止時)またはナイターカードがない日には『プロ野球ネットワーク』が放送される。大阪地区のネット局が異なる金曜日(過去は月曜も)のみ番組名が『プロ野球東西南北』(プロやきゅうとうざいなんぼく)へと変わるが、根本的な内容の差はない。かつては19時から21時に『ナイターミュージックランド』(月・金曜以外)または『ナイターミュージックライブラリー』(月・金曜)を放送していたが、現在は上記番組のみ。, 1960年代 - 1970年代には中継開始前に『水原茂のプロ野球百科』『水原茂のプロ野球デスク』『夜のクリーンヒット・がんばれジャイアンツ』→『毒蝮三太夫のがんばれジャイアンツ』『プレイボール』『今日の野球・今日の出来事』『牧野茂のナイター見どころ・聞きどころ』『山田二郎のナイタープレイボール』『ナイター・スタートダッシュ!』が、1964年のナイター中継がない月曜・木曜には『田宮謙次郎月曜/木曜放談』という番組が放送されていた。毒蝮によれば、ナイトゲームが組まれることの少ない月曜日の『がんばれジャイアンツ』では、当時の巨人の主力選手の自宅から生中継を実施していたという。, 1980年代にはナイター中継終了後フィラーで『高山栄のサタデー/サンデースポーツ』というスポーツニュース番組や『読売新聞プロ野球情報』[注 32]という試合の速報番組も存在した。, かつては「ホームラン現金プレゼント」と題して、中継カードでホームランが出るたびリスナーに現金のプレゼントを行っていた。番組で発表されるキーワードが必要だった。3つのキーワードを聴く必要があったが、一時期は1つのキーワードを数回発表する形もあった。, スペシャルウィーク時は賞金を通常より多く用意し、1-5万円をHR一本通常1名からHR一本10人に当たる形にした。HR一本につき1名は変わらないが、賞金を普段の10倍にしてプレゼントしたこともあった。また、以前にはメイプルリーフ金貨や、ホームランを打った選手の背番号の数字に10000を掛けた金額をプレゼントしたこともある(その当時背番号99だった井上一樹(中日ドラゴンズ)がホームランを打ち、99万円がプレゼントされたこともあった)。, 2009年は「エキベー定額野球付金」のリスナープレゼントを8月末まで実施した。定額給付金のもじりの名の通り基本的に2名に1万2千円がプレゼントされるものである。応募は電話のみで、当選者には折り返し電話がかかってきて、放送中に発表される3つのキーワードを答えられると獲得できる。受付締め切りは、試合終了時。シーズン途中から金額が2万円に増額された。, 2010年は子ども手当をもじり「エキベー野球手当」と名前を変え、金額は1万3千円である。スペシャルウィークのみ実施し、それ以外の日はスポンサー提供の商品(主に酒類であるため、20歳以上のリスナーしか応募できない)をプレゼントしている。, 2006年から「エキサイトベースボール友の会」、「エキサイトおハガキ」をスタート。概要などは公式サイトを参照。, この番組の解説者が講師、実況アナウンサーが司会として、少年野球の指導をするイベント「ワクワク野球塾」が年数回行われている。番組内で告知されることは少ないが、ラジオCMや公式サイトで参加希望の少年野球チームを募集している。, これらとは別にインストゥルメンタルのテーマ曲が存在し、『ザ・ベースボール』時代にはTBSスポーツテーマ『コバルトの空』のアレンジバージョン、『エキサイトベースボール』となってからは椎名KAY太作曲のテーマ曲[64] が番宣CMや試合開始前の告知BGMなどに使用されていた。また、この曲は『プロ野球ネットワーク』『プロ野球東西南北』、さらにはナイター早終了時のスタジオパートでもオープニングやエンディングなどで使用されており、全国ネットで聴くこともできた。, 1971年には、当時巨人所属選手だった長島茂雄をPRキャラクターとしてポスターやPRスポットに起用[65]。, 1982年には、専属解説者の野村克也・新専属解説者の張本勲と7人の巨人所属選手を広告ポスターに起用。各人が「エキサイトナイター」各文字の入ったパネルを持った写真を掲載した(野村は「エ」、張本は「キ」の字を担当)[66]。, 2003年はイエローキャブ所属の女性グラビアアイドル5人組ユニット「R.C.T.」と八幡えつこの6人で「954ベースボールエンジェルズ」という番組限定ユニットを結成[67][68]。3月27日から8月31日にかけて本番組の広報活動を行い[68]、イメージソング『Feel the Diamond』を発表した。また、メンバー毎に応援担当球団が設定された(セ・リーグのみ)。メンバーは、以下のとおり。, 2004年は女優の米倉涼子1人が『ザ・ベースボールエンジェルズ2004』というユニットとしてイメージキャラクターを担当した[69]。, 2005年は女性タレントの起用をやめ、『ザ・ベースボール』スーパーバイザーでもある山本圭壱、蛍原徹の2人が「サンキュ〜・ベースボール!キャンペーン」と題した広報活動を展開した[70]。, 『エキサイトベースボール』となった2006年から番組マスコットとして「エキベ〜」が登場[71]。プロフィール上の生年月日は、2006年4月4日としている[72]。エキベ〜は野球のボールをモチーフにしたマスコットで、頭にラジオのアンテナがついており、口を大きく開け地面に届くほどの長い舌を出している。, エキベ〜は着ぐるみ(歩行のため2本の黒い脚があり、舌と背中には「TBSラジオ 954khz」のロゴが書かれている)も制作されており、横浜スタジアムの横浜主催試合で、球団マスコットやTBSテレビのマスコットBooBoと共演していた[71]。ただし、同球団が親会社変更で横浜DeNAとなった2012年以降は登場していない。, 2015年にはうえむらちかをイメージキャラクターに起用。ラジオCM、広告に出演するほか、5月5日放送の『プロ野球ネットワーク』にゲスト出演した。, 静岡放送『SBSビッグナイター』も静岡県内で開催の試合を自社制作する。この場合、静岡放送がJRN・NRNに配信する中立実況の全国中継を制作し、開催球団の本拠地の地元局は別途ローカルで該当球団の応援実況を行うパターンと、静岡放送の中継を県内ローカルとして、開催球団の本拠地の地元局がネットワークへ配信するパターンに分かれる。, また、琉球放送『RBCiラジオ エキサイトナイター』も沖縄県内で開催の試合を自社制作する。この場合、他のJRN加盟局での中継予定が一切なく、かつ他に屋内球場での試合開催予定がない場合に限り、そのままJRNの予備中継として扱われる(一方、他のJRN加盟局で中継される可能性がある場合は、開催球団の本拠地の地元局が沖縄に乗り込んで、ネットワークへ配信する)。, HBC・CBC・RCC・RKBは聴取率調査週間やポストシーズンを除き通常関東地区のビジターゲームをJRN全国ネットもしくはTBSからの裏送りで放送するが、オリンピックや世界陸上などの開催期間中はそちらの中継にTBSアナウンサーが複数人派遣される関係上、ビジター地元局の自社制作、もしくは実況・リポートはビジター地元局から、解説者のみTBSから派遣する形を取ることがある。, 大半のJRN加盟局はNRNとのクロスネット局で、水・木・金曜日にはNRNナイターを放送する。また、この曜日にJRNナイターを受ける局も地元球団の中継を優先する局がほとんどで、関東の球団同士の試合などになるとネット局がRBCiラジオだけということもあったが、RBCは2014年から金曜ナイター、2016年からは水・木曜ナイターも廃止したため、JRNナイターの指定カードであっても実質関東ローカルのみとなる場合もある上、JRNナイター本番カードがクロスネットかつ当該日には自社でNRN分を放送するRCC・TBC制作の裏送りとなった際に、TBSがレーティング期間に該当して同カードを乗り込み自社制作するか、野球中継以外の音楽・バラエティなどの特別番組を編成して、他のJRNナイターネット局が地元球団を優先すると、当該カードが素材録音同然となる。, なお、JRNナイターのネット受けを行う日のヤクルト戦主催試合の各地方ネット局での中継の場合は以下のケースとなる。, ネット局が制作している中継中、どちらかのチームに得点が入った時、TBSラジオではCM明けに「実況プロ野球速報」というコールの後、得点が入ったシーンの実況録音を流すことがある。放送権がない東京ヤクルト主催ゲームについてもTBSアナウンサーの実況録音を流す。, リストについては、出演の有無にかかわらず広告・ウェブサイトやプロ野球名鑑に担当者として明記されている人物も含む。, 2001年9月までTBSラジオはテレビとの兼営局(東京放送による運営)だったが、ラジオ局とテレビ局が分社化される2001年[注 11] を境に、ラジオ専門・テレビ専門・両方担当のいずれかに分化される動きが出ていた。, 2001年以降の解説者について、TBSテレビを兼任している者は●印、TBSチャンネル1(TBSテレビ運営のCSテレビ放送)またはBS-TBS(TBSグループのBSテレビ放送)を兼任している者は○印を、添付する。また、2020年時点でもJRN地方局向けのDeNA主催試合中継を担当している者は氏名の前に◎印を、添付する。, 2002年1月発行の『TBS50年史』資料編234ページに掲載された「主なスポーツ番組解説者」では、2001年までのTBSラジオ・テレビにおける解説者リストが担当年度とともに掲載されている。ただし、他地方のネット局と契約している解説者、RFとの共同制作中継のみに出演していた解説者(TBSラジオ番組表の解説者一覧に掲載)、『ザ・ベースボール』時代の2000年に番組広告[73] で「ベースボールコメンテイター(ベースボールコメンテーター[74])」として明記されただけの人物(後述参照)については、掲載していない。, 『エキサイトナイター』時代より、各解説者の紹介時にはキャッチコピーを付けていた[75]。「太字」は放送内で呼ばれたキャッチコピー。, ベースボールコメンテイター 2016年、tbsラジオとラジオ日本の提携が24年ぶりに復活し、rfが年間19試合の巨人主催試合をtbsを含むjrn系列各局に向けて放送し、またtbs(tbsはdena主催試合を担当)及びjrn系列の対戦相手各地の各地方局(hbc、tbc、cbc、rcc、rkb。 【24日のエキサイトベースボール告知!!】ジャイアンツ・ラストスパート!巨人対広島・第2ラウンド!! この番組は、tbsラジオ「土曜ワイドラジオtokyoナイツのちゃきちゃき大放送」のスタッフとナイツの塙宣之が企画したもの。今年のお笑い賞レースを振り返り、芸人へのリスペクトと共に様々な視点からネタを分析していくといった内容だ。 TBSラジオ・2003年度「ザ・ベースボール」イメージキャラクター『R.C.T』に決定!! 株式会社TBSラジオのプレスリリース(2014年8月18日 14時25分)tbsラジオ[エキサイトベースボール]で江夏豊×田淵幸一の黄金バッテリー復活! FDA・CE認証済みの高品質不織布マスクを12月5日より販売を開始... 日本製「抗ウイルスマスク」で安心の呼吸。長時間着用のムレ・息苦しさを解消し、毎日の生活に全集中!... 乃木坂46山崎怜奈の番組に加藤浩次、堀江貴文、西野亮廣、指原莉乃が登場!12月14日(月)~17日(木)1... 総数700を超えるDMM オンラインサロンから2020年度の大賞が決定!「DMM ONLINE SALON AWARD 2020」を開... 「にじさんじ」が今年の年越しも地上波TVに登場!TOKYO MXにて年越し番組『年またぎにじさんじ! 2020-2... ホロライブインドネシア2期生「Kureiji Ollie」「Anya Melfissa」「Pavolia Reine」デビュー決定のお知らせ. komamix, ”別にTBSラジオで放送するわけじゃないでしょ。JRN地方局向けの放送は去年もやってるっしょ” / kkp5takeoff3, ”地方送りの中継アルバイトかな” / questiontime, ”これ、学生よりも退職して時間が自由になる野球好きの高齢者向けだと思う。バイトじゃなくて、ボランティアでも募集ありそう。 TBSラジオで、来季のプロ野球中継からの撤退が検討されているとの報道が出ていることを受け、文化放送では上口社長は来年のプロ野球ナイター中継について「やめません」と明言した。 株式会社TBSラジオのプレスリリース(2014年8月18日 14時25分)tbsラジオ[エキサイトベースボール]で江夏豊×田淵幸一の黄金バッテリー復活! TBSラジオは29日、プロ野球のナイター中継から撤退すると発表した。 今年が最後となり、1952年の開始以来66年にわたる歴史に幕を閉じる。 【グルメインスタグラマーが集結】コロナに負けず外食産業を盛り上げる!9名のグルメインスタグラマーが... 何杯飲んでも“1杯99円(税抜)”【コスパ抜群】12月7日~12月10日の期間限定で“大感謝セール”を開催!全国1... 【新商品登場‼】マスク1箱(50枚)360円! tbsラジオの野球中継撤退で、ソフトb戦などの西武とロッテ主催試合は平日qr土日lfに制作委託or同時ネットに そのため、rkb向け裏送りではlfとqrがわざわざtbsラジオ=jrnの速報チャイムを使っている。 これは悪い夢以外の何物でもなァァァいッ! TBSラジオプロ野球中継「エキサイトベースボール」は、AM954kHzに加えてFM90.5MHzでもお楽しみいただけます。ボールがキャッチャーミットに収まる音や、鋭い打球音、応援団の演奏や歓声もステレオで臨場感たっぷり! にじさんじの公式新番組!クイズバラエティ『にじクイ』2020年12月13日(日)より月1レギュラー放送決定!... 錦戸亮と赤西仁からクリスマスイブにLINEギフトが届く?!NO GOOD TV × LINEギフト クリスマス特別キャ... Oculus Quest 2を使って手軽にバーチャルライブ配信!VARK LIGHT STAGE サービス概要のお知らせ, オークネット総合研究所 消費者アンケートレポート ~レンタルバイクに関する消費者意識調査~. mamo's テレビ資料集 スポーツと放送の興亡年表(1945~2000) 「galac」2001年11月号特集「スポーツ、次の切り札は?」に掲載したものに全面的に加筆した戦後スポーツとメディアの関係年表。 2006年8月1日の巨人対阪神戦では、阪神攻撃時に解説:木戸克彦・実況:伊藤史隆(ABCアナウンサー)、巨人攻撃時に解説:槙原寛己・実況:松下賢次(TBSアナウンサー)という体制で放送した。ABCでは8月に高校野球中継があることからこのような体制になることがある。, 2006年の日本シリーズ(日本ハム対中日)では関東地方向けにTBSラジオが全試合を自社制作した。また日本ハムの地元局・HBCラジオは道内向けに、中日の地元局・CBCラジオは東海3県向けにそれぞれ全試合を自社制作した。さらにHBC主幹の札幌ドームからの中継では、HBCが別に地方局向け(JRNナイター)の二重制作を行った他、ベンチリポーターも道内向けにはHBCの女性リポーター1人が、全国向けには日本ハム側にHBCのアナウンサー、中日側にはCBCのアナウンサーが、それぞれ付いていた。(CBC主幹のナゴヤドームからの中継では二重制作は行わなかった。)続く2007年度の日本シリーズも同じカードとなったが、この時TBSラジオは自社制作をせずに解説者のみ派遣した上でネット受けした。このため、二重制作を行わなかったナゴヤドームでの第3戦・第4戦はCBCラジオの地元向けの実況にもTBSラジオの解説者が登場していた(ただし、第3戦はTBS・CBC両方の解説者を兼任する牛島和彦が派遣された)。, 2007年のガリバーオールスターゲームでTBSラジオは東京ドームからの第1戦は放送したが、フルキャストスタジアムでの第2戦はデーゲームであったため生放送されず、第2戦をダイジェストとして放送した(生放送は、制作局のTBCはじめ一部JRN系列局にとどまった)。, 2007年度からTBSの公式サイト内で行われている横浜ベイスターズ戦のインターネット動画中継「ハマスタWAVE」ではTBSラジオ制作の中継音声(予備実況やJRN各局への裏送りを含む)が使用されていたが、2008年はCS放送TBSニュースバードの実況音声に切り替えられた。, 2008年度の日曜日は、TBSラジオが『養命酒プレゼンツ エキサイトベースボールスペシャル』として自社制作することになり、裏送りとなるJRNナイター用の実況とあわせて二重制作を行った。, 2010年以降の週末ナイターは原則廃止となるが、プロ野球チームがある地域のJRN系列局(関西はABC・MBSともNRNとのクロスネットであり、双方ともNRNネットを利用する。RCCとTBCはカードによってJRNとNRNを使い分ける)で、関東圏の球場で試合をする場合の裏送りまたは技術協力は行う(月曜日もTBSで放送しない場合は裏送りとなる試合があり)。なお、厳密には土・日・月曜のナイターは「JRNナイター」としてのスポンサードネット番組ではないため、JRN系列局間での個別の番組販売扱いとなり、JRNへのネットワーク分担金は発生しない。, なお2016年からは再びTBSラジオとRFラジオ日本の業務提携により、RF側がTBSとの相互制作協力により年20試合程度の巨人主管試合を「JRNナイター」扱いで放送する他、JRN加盟の地方局からは、年30試合程度の他球団主管の巨人戦を主としてRF・GBS・CRK(平日のみ)向けに配給する[52][53] ため、一部変更となる可能性がある。, 以下に、2009年度までJRN週末ナイターを放送していた全国33局の2016年度のナイター放送の有無を分類したものを紹介する。 VTuberグループ「ホロライブ」、所属タレントを起用した描き下ろしイラストグッズがバンダイの「ガシャ... 木下グループ、店舗来店型の「新型コロナPCR検査センター」を新橋駅前に開業 | 手軽に、低価格で受けら... VTuberグループ「にじさんじ」、英語圏向けバーチャルライバーオーディション開催決定!. フォローするとどうなる? TBSラジオが29日、来季2018年にナイター中継から撤退すると発表した。 東京・赤坂の同局内で行われたTBSテレビなどとの合同の定例社長会見で、 入江清彦社長が「1952年からプロ野球中継をしてきまし … 最近は野球中継で後の番組がずれたり潰れるということはない。ただ、今回は私が月曜日に野球中継の途中で次の番組が始まらないかハラハラした経験を書いていく。実は今の… RCCカープデーゲーム中継, HBCファイターズナイター・HBCサタデーファイターズ・HBCサンデーファイターズ, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=TBSラジオ_エキサイトベースボール&oldid=80398991, 火 - 木曜、土・日曜 18:55 - 22:00→月 - 日曜 18:40 - 21:40, 東京ドームで開催される主催試合の中継はTBSラジオに委託(試合によってはHBCの中継陣による自社制作になる場合がある)。, 1979年-1992年まで、RFとTBSが業務提携を結び、2系統別制作(1981年まではRF用、TBS用。相互乗り入れがあり事実上裏送りという形式となった放送もあった。1982年から完全にRF側、TBS側それぞれのスタッフでの別制作)を行ったほか、巨人ビジターの試合を対象にCBC、ABC、RCC裏送り、もしくはRF制作・RCC・, 2010年より土・日曜日の一部の試合(主にナイター)でHBC・CBC・RKBへネットする場合もある, NRNネットの水→金曜日も、裏送りでJRN向けの中継制作は行う(ただし予備カード時の「広島対阪神」のうち、水・木曜はABC、金曜はMBSにJRN中継担当を委託することがある)。, 2011年より土・日の自社制作分はLF・MBSが自社で、KBCが裏送りで中継体制をとれない場合に限り予備カード扱いでLF・MBSへネットする事がある。, 1982年度まで18:15からの放送だったが、1983年度から15分繰上げ18:00に、2000年度からは10分繰上げ毎日17:50になる。, 試合が早く終わった場合、定刻まで時間に余裕がある場合はJRN予備カードを放送(JRNナイターのネット局も定刻まで放送する)。定刻で一度放送を終了し、TBSのみ『エキサイトベースボール』のエンディングおよび『ジョッキー』のオープニングを挟んで中継を再開する。余裕時間が少ない場合は、前述の『ジョッキー』の担当者が登場し、事実上同番組を繰り上げてスタートさせる形になるが、こちらもJRNナイターのネット局が20:56までそのまま放送するため、その間は『ナイタージョッキー』のコーナータイトルで放送される。, 元々ナイターカードがない日のTBSラジオでは、プロ野球ネットワーク(東西南北)を途中で飛び降りる、または全編差し替えで独自の, 緒方耕一(1999年 - 2001年、2004年 - 2005年。巨人戦ベンチリポーター)◎, 岡村仁美(2010年 - 2012年に水・金曜 → 木曜担当。TBSアナウンサー)※2012年の放送実績, 文化放送がNRNナイターの幹事局になる土・日曜日に、関東地方で日本ハム・ソフトバンクのビジターゲームを開催する場合には、北海道放送向けの日本ハム戦中継やRKB毎日放送向けのソフトバンク戦中継を、ニッポン放送が裏送り扱いで制作する。, 文化放送がJRN系列局向けの西武ホームゲーム中継も制作することから、北海道2局(北海道放送/STVラジオ)が平日に西武対日本ハム戦を中継する場合や、福岡県内の2局(RKB毎日放送/九州朝日放送)が平日に西武対ソフトバンク戦(いずれもメットライフドーム・東京ドーム・, 2017年シーズン時点で、火曜日のみJRNナイターを放送。自社の主催によるNPBの公式戦やオープン戦を沖縄県内の球場で実施する場合に、自社制作でローカル向けの中継を放送したほか、県内の公式戦でJRNネット向け, 2018シーズンから火曜日を自主編成に切り替えるため、プロ野球中継のレギュラー放送から撤退。沖縄県内のAMラジオ局におけるレギュラー放送は、NRNシングルネット局のラジオ沖縄(ROK)が、2017年シーズンに続いてNRNナイターとして木・金曜日に実施するだけになった。, 火曜日には、2017年シーズンと同じく、ソフトバンク戦をメインカードとして、JRN加盟局であるRKB毎日放送制作分中継の同時ネットで対応する, 南日本放送の放送対象地域である鹿児島県の鹿児島県営鴨池球場では、5月15日(火曜日)・16日(水曜日)にヤクルト対巨人戦を開催, 6月4日(火曜日)には、RKB毎日放送で中継できないヤクルト対ソフトバンク戦(神宮)が開催されたため、同局ではRFラジオ日本が制作する巨人対楽天戦中継(東京ドーム)の同時ネットを実施。大分放送・長崎放送・熊本放送・南日本放送および、後述する山口放送もRKB毎日放送に準拠した。, 火曜日には、九州以外の地域のAM局では初めて、メインカードをソフトバンク戦に変更。JRN加盟局であるRKB毎日放送制作分中継の同時ネットへ切り替えることによって、大分放送・長崎放送・熊本放送・南日本放送と共通の中継体制へ移行する。火曜日におけるレインコート番組(『もっと鬼スポ!花の応援団』)や予備カードのネットワークも、RKB毎日放送に準拠。, 中国放送と同様に、火曜日の中継枠をNRNナイターに切り替えたうえで、平日の中継体制をNRNナイターで統一する。, 青森放送(RAB)・秋田放送(ABS)・IBC岩手放送(IBC)・山形放送(YBC)・ラジオ福島(RFC), 楽天が宮城県(東北放送の放送対象地域)以外で定期的にホームゲームを開催する東北他県のクロスネット局。2018年シーズンには、青森(青森放送の放送対象地域)・山形(山形放送の放送対象地域)・福島(ラジオ福島の放送対象地域)県内の球場で、ホームゲームを1試合ずつ開催。なお通常編成時の火曜日には、5局ともJRN/NRNナイターではなく『アフター6ジャンクション』の同時ネットを実施する(山形放送では月曜日にも同時ネットで放送)。, 楽天ホームゲームを開催する3県のうち水曜日に開催される予定だった福島(ただし雨天により中止)を除く青森・山形では火曜日に試合が開催された。, 青森放送の放送対象地域内にある弘前はるか夢球場では、7月3日(火曜日)に楽天主管の一軍公式戦(対ソフトバンク戦)が開催されたが、青森放送は『アフター6ジャンクション』を休止し、JRNラインで中継を行った(東北放送制作でRKB毎日放送・山口放送・長崎放送・熊本放送・大分放送・南日本放送にも同時ネット), 山形放送の放送対象地域内にある山形市のきらやかスタジアムでは、7月10日(火曜日)に楽天主管の一軍公式戦(対オリックス戦)を初めて開催するが、山形放送では中継を放送せず通常編成で対応した。, 新潟放送(BSN)・北日本放送(KNB)・福井放送(FBC)・信越放送(SBC)・山陽放送(RSK), 火曜日には、JRN/NRNナイターではなく『アフター6ジャンクション』の同時ネットを実施する(北日本放送・信越放送では月曜日にも同時ネットで放送)。, 新潟放送:DeNA対巨人戦(4月17日:ハードオフ新潟、TBSラジオ制作による裏送り方式で『アフター6ジャンクション』を休止(雨傘番組扱いに変更)した上で新潟ローカル向けに放送, 信越放送の放送対象地域である長野県内では、4月24日(火曜日)に長野オリンピックスタジアムで巨人対中日戦を開催したが、信越放送ではいずれの中継も放送せず、通常編成で対応した。, 福井放送の放送対象地域の福井県内にある福井県営球場で5月8日(火曜日)に開催された中日対ヤクルト戦を開催したが、福井放送ではいずれの中継も放送せず、通常編成で対応した。, 北日本放送の放送対象地域である富山県内の富山アルペンスタジアムでは、5月15日(火曜日)にロッテ対オリックス戦を開催したが、北日本放送では通常編成で対応した。, 山陽放送の放送対象地域である岡山県内の倉敷マスカット球場では、7月24日(火曜日)に巨人対ヤクルト戦を開催したが、山陽放送では通常編成で対応した。, 宮崎放送の放送対象地域である宮崎県内の宮崎サンマリンスタジアムでは、8月28日(火曜日)にオリックス対日本ハム戦を開催したが、宮崎放送では通常編成で対応した。, 火曜日には、JRN/NRNナイターを放送せず、2017年までの中継枠の一部を『アフター6ジャンクション』の同時ネット枠に充てる(北陸放送・山陰放送では月曜日にも同時ネットで放送)。, 火曜日および、2017年シーズンまでNRNナイターを編成していた金曜日には、JRN/NRNナイターや『アフター6ジャンクション』ではなく、自社制作番組を放送する。, 2018年シーズンには、放送対象地域(愛媛県)内の松山坊っちゃんスタジアムで、4月24日(火曜日)・25日(水曜日)にヤクルト対阪神戦, 火曜日には、JRN/NRNナイターや『アフター6ジャンクション』を放送せず、2017年までの中継枠を自主編成枠へ切り替える。, 東北放送が裏送りでJRN系列局向け中継の制作を担当。(北海道放送・RKB毎日放送のみネット), JRNナイターの割り当て対象曜日であることから、毎日放送がJRN系列局向け中継の制作を担当, 第2戦(熊本放送の放送対象地域内にあるリブワーク藤崎台球場で7月14日=土曜日に開催), ニッポン放送が制作を担当する毎日放送との2局ネットの中継をJRN系列局がネット受けし放送, 北海道放送…実況:松尾武、解説:上岡良一・安倍昌彦、リポーター(レポーター):伊藤晋平の記載あり, 北海道放送…実況:金山泉、解説:亀山つとむ、リポーター(レポーター):近藤亨・高野純一の記載あり, 『プロ野球コンプリート選手名鑑2011年度版』掲載全国主要ラジオ局解説者&実況アナウンサー名鑑, 『12球団全選手カラー百科名鑑2008』(『ネットマネー』3月号増刊。廣済堂出版発行), 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめた文書), 『座談会 炎の声』(1997年1月号より3回にわたりTBSの社報で連載された記事。同年1月11日にTBSラジオ『, 株式会社東京放送第59期営業報告書(1985年4月1日 - 1986年3月31日。1986年発行), TBSラジオ番組表(ウェブページ版含む) ※一部、『TBS50年史』資料編に掲載。また、, 『ラジオマニア2010』(『三才ムック』vol.329。2010年10月16日発売・11月1日発行、. RCCカープナイター・Veryカープ! 【宅建 合格発表!】令和2年度 宅地建物取引士試験 合格発表!合格者を対象とした「登録実務講習」の申... 2020「今年の顔」発表 上白石萌音・NiziU・佐藤健・Snow Man…男女各10組選出, 安田大サーカス クロちゃんが監修したラブコメ漫画「クロちゃんはじめての異世界転生」気になる1話無料配信, 【感謝の気持ちを込めて】テイクアウトOK!4品どれでも500円+税。年に一度の「お客様感謝祭」. tbsラジオのナイター中継はスポンサーも少なかったから撤退したのはしょうがない。 ただその影響が系列のJRNラジオ局のプロ野球中継に出ている。 14 名無しさん@恐縮です 2020/11/18(水) … tbsチャンネルの詳しい視聴方法はコチラ! 12/6(日)「横浜denaベイスターズ ファンフェスティバル2020」生中継! 1月放送「2020ハイライト&2021春季キャンプ直前sp」詳しくはコチラ! にじさんじ3周年記念大型フェス「にじさんじ Anniversary Festival 2021」メインステージ出演ライバー&... VTuber事務所「ホロライブプロダクション」、所属VTuber「白上フブキ」「戌神ころね」「Gawr Gura(がう... 渋スクフィギュア、MAPPAと共同で人気TVアニメ『呪術廻戦』より五条悟のフィギュア化決定!, 最新ITツールを30分で知ることのできるオンラインDX展示会 「DX HUB SUMMIT」 12月17日開催. ただ、2016年からRF制作の巨人主催試合の一部をネット受けしており、阪神や中日主催試合の放送は激減した。, パ・リーグの試合の中継はセ・リーグの試合が1試合も組まれていない、もしくは中継権を持っていないヤクルト主催試合のみの場合や優勝決定試合がほとんどで、年間の放送数はかなり少ない。特に西武の主催試合は、競合の文化放送(QR、『ライオンズナイター』)が1985年以降優先権に加えて管理権も持っている関係で予備カードも含め関東地区担当であるにもかかわらず低く設定されている[注 24][注 25]。, ヤクルトの主催試合は、1978年までは中継していたが、巨人戦中継問題の影響で1979年からニッポン放送が独占中継権を握ったため同年から放送できなくなった(オールスターゲーム・日本シリーズは日本野球機構管轄試合であるため放送は可能)。1994年から2001年までは、主催球団を問わず横浜と巨人が対戦している場合の裏ゲームに限り中継できたが、対中日戦のCBC中部日本放送(現・CBCラジオ)、対阪神戦のMBS毎日放送・ABC朝日放送、対広島戦のRCC中国放送へのネットは認められなかった。なおNRNにも加盟しているMBS・ABC・RCCは、JRN担当曜日であってもニッポン放送(=LF。RCCの土・日ナイターは文化放送=QR)制作、または自社制作の音源を使って放送が行われた。CBCはJRN単独加盟局であるため、JRN雨天予備カードまたは雨傘番組を放送。, 1979年から2001年までは放送権の関係上、横浜スタジアムなどからの横浜大洋ホエールズ→横浜ベイスターズの主催試合中継ができなかった(日本シリーズを除く)。1994年以降、主催球団を問わずヤクルトと巨人が対戦している場合の裏ゲームに限り中継可能となっていた。ヤクルト主催同様に一部の局へのネットは認められなかったが、対中日戦については、NRN単独加盟局である東海ラジオ放送とビジターゲームの放送本数のバランスを取りたい中日球団の親会社でかつ東海ラジオ・CBC両者の株主でもある中日新聞社の意向を受け、NRNキー局のニッポン放送がJRN単独のCBCへの裏送りを別途実施する措置を取った。2001年末にTBSが横浜ベイスターズのオーナー企業になったのを機に、2002年から中継できるようになったが、その一方で1994年以降横浜対巨人戦の裏ゲームに限り中継できたヤクルト主催ゲームの放送権を再び失った。, 巨人戦の放送権については、1978年以降RFから購入する形式となっていたが、1993年以降は読売新聞社から直接購入する形となった。しかし、1995年に再びRFから購入する形式に戻り[62]、その後1996年まで、巨人主催ゲームのうち、水・木・金曜日の対ヤクルト・横浜戦がナイター編成に於いて引き続き直接購入となったLF/NRNとRFにしか認められなかったため、該当日はTBSラジオがヤクルト・横浜対巨人戦の場合と同様に条件付で認められた裏カードのヤクルト・横浜主催ゲームやパ・リーグの試合を中継したり、JRN系列局制作のナイターをネットして凌いだ。このため、ABCが、聴取率調査期間かつ阪神戦非開催時の水・木曜日に巨人対ヤクルト/横浜戦を自社制作で中継した際には、LFが技術協力を行った。それ以外でも水・木曜のABCや金曜のMBSが阪神戦非開催時に同カードを本番として設定した際には、LFが二重制作して本来JRNラインを取る局向けに裏送りしていた。なお、この間の水・木・金曜日の対ヤクルト・横浜戦であってもナイターオフ編成の開幕カードと北海道シリーズのデーゲームはTBSによる中継が認められた(LFが番組編成上中継しない場合が多いため)。, またこの時期、RFラジオ日本(および岐阜ラジオ、ラジオ関西)向けに放送される中日・阪神の主催試合はそれぞれCBC、ABC(一部TBSも)が委託制作を行う形で中継を行い、出演者もそれぞれの放送局から登場させた。また広島主催試合を放送する場合はRF主管制作としながらRCCの技術協力による放送を行い、RCC所属のアナウンサー・解説者の両方またはいずれかを出演させた事例がある。(ABCとRCCはNRNとのクロスネット加盟であるが、本来のネットワーク担当日に関係なくJRN扱いとした)また交流戦の「ソフトバンク対巨人」の福岡Yahoo!JAPANドームで開催した試合をRFがRKBに委託制作し、RKBの出演者がRFの中継に出場した試合もあるほか、2013年4月23日に京セラドーム大阪で開催した「巨人対DeNA」の試合においても「RFラジオ日本制作・ABCラジオ技術協力」[注 26]とクレジットして放送した。この経緯などはラジオ日本ジャイアンツナイターの項にも詳述する。, LF・MBS・RCCが過去に福岡ドームで開催時のヤクルト主催ゲームを自社制作で放送した際、本来ならNRN系列局のKBC九州朝日放送が技術協力を行うところだが、本来放送権のないRKBの技術協力となった事がある。これは、過去の「FOLネット」の名残で現在もRKBがNRN番組の一部を放送している事も関係がある。, 公式戦は2001年以降、セ・リーグ、パ・リーグともリーグ優勝やプレーオフ・クライマックスシリーズ出場チームの決定云々に関係なく原則TBS自社での中継は行わない方針となった。ただし、中継権や番組編成の都合で稀にTBS自社で中継する事もある。JRN系列局への裏送りや自主制作時の技術協力はオンシーズン中と同様に行われる。, クライマックスシリーズは、セ・リーグ、パ・リーグともナイターで開催された場合に限り放送(ただし2010年のパ・リーグについてはファーストステージの放送予定を一切組まなかった。2011年はファーストステージがヤクルト主催となったため、ファーストステージはパ・リーグのみ、ファイナルステージはセ・リーグのみの放送とした。2015年もファーストステージがパ・リーグの第1戦を除いてすべてデーゲームとなり、ファイナルステージがヤクルト主催のため、パ・リーグのファイナルステージのみ放送とする)。両方が同日開催となる場合はセ・リーグの方を優先し、パ・リーグは予備カードとする。一方、土・日などデーゲームとなった場合は、『久米宏 ラジオなんですけど』『サタデー大人天国! 1 ラジオネーム名無しさん (ワッチョイ d391-e/g/) 2018/12/08(土) 01:08:12.48 ID:VmvJlKgz0 !extend:checked:vvvvv:1000:512 プロ野球中継徹底比較まとめwiki(暫定版) また局名の後ろに, なお、両局とは別の形のクロスネット局であるABCとMBSについては、2010年以降の土・日に在阪球団のビジターとなるカードで、2013年までRCCやTBCのネットを直接受けた事例が無かった(すべて自社制作で対応)が、2014年はABCがRCCからNRN扱いでのネット受けを実施した。なお、在阪球団が関与しない広島・楽天主催カードは、ABCはQR-NRNライン向けの同時ネット(JRN系列局向けがある場合は原則裏送り)、MBSはLF-MBSライン向けの裏送り、JRN系列局向けの本番、またはLF制作、MBS自社制作のいずれかでの放送となる。, RCCについては、過去にヤクルト主催(火曜日のLF)・在阪球団主催(水・木曜のABC)の対広島戦(過去にはRF/JRN複占時代の巨人とNRN独占時代の横浜も)で通常と異なるラインで放送した分の日数を両カードだけで相殺できない場合や、ネットワーク制限の緩いデーゲームで、ごく稀にNRN系列局からの放送に振り替えたり、自社制作分でNRN系列局向けを放送する場合もあった(2007・2009年にソフトバンク戦のデーゲームをKBCからネット受け)が、2010年については実例がなかった。, なお、デーゲームやJRN向け月曜・土曜・日曜ナイターは、ローカル番組扱いとなり、ネットワーク間の日数補償の対象とならず、これらを含めた場合は、必ずしも日数が均等にはならない(尤も、月曜はLFが定時放送を廃止した2012年以降、NRN向けもローカル番組扱いである)。, 広島と楽天が対戦する場合については、RCCとTBCがクロスネット局であるため、JRN・NRN・LF-MBSのいずれのラインを使っても放送可能となっている上、テレビでも同系列(JNN)である。, 土曜・日曜にオールスターゲームが関東または地方球場で行われる場合は対応が異なり、2010年度の場合、RCCはTBS発で特例放送されたJRN全国中継をネットした一方、TBCはQR発のNRN全国中継をネットした。一方、2011年7月24日(日曜日)のオールスターゲーム第3戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)では、TBCが自社分をJRN各局向けとして放送した(NRN向けはTBC側の人員が特番のため払底していたこともあり、キー局のQRが仙台に乗り込んで制作。ここでもABCはQR制作分をネット)。2012年度はRCC・TBSとも7月21日(土曜日)の第2戦(松山坊っちゃんスタジアム)、7月23日(月曜日)の第3戦(岩手県営野球場)とも放送せず。2013年はTBCは前年と同様に第2戦(土曜日)、第3戦(月曜日)の試合は放送せず、RCCは第3戦は放送せず、第2戦はQRからのネットで放送した。2014年の第2戦はTBCは中継せず、RCCはTBSからのネットを受けた。, TBSラジオでは、2018年4月2日(月曜日)から、平日18:00 - 21:00の時間帯で『アフター6ジャンクション』(RHYMESTERの宇多丸がパーソナリティを務める自社制作の生ワイド番組)を新たに放送[123](JRNナイター参加局の対応については後述)。, その一方で、「Full-Count Live Baseball」[124](野球専門メディア「Full-Count」のプロ野球速報サイト)に向けて、運営会社のCreative2からNPBのオープン戦・公式戦速報の制作業務を委託。DeNAホームゲーム(本拠地・横浜スタジアム以外の開催分を含む)については、対戦球団の本拠地が放送対象地域内(地方開催分の場合には開催地の地元)にあるJRNナイター参加局が中継を制作する場合の技術協力を継続する。, なお、2018年2月4日と同月11日(いずれも日曜日)の19:00 - 20:00には、TBSラジオによるプロ野球中継の歴史を往年の実況音源や関係者の証言で振り返る特別番組『エキサイトベースボール Forever』を関東ローカルで放送[61]。両日とも、松下がナビゲーターを担当[61]。1970年代までの歴史を取り上げた「Part1」(4日)は毒蝮三太夫や王貞治を、「Part2」(11日)は張本勲・田淵幸一・槙原寛己をそれぞれゲストに招いて放送した[61]。以降も、試合中継を伴わないプロ野球関連の特別番組(当番組に関連する著名人が死去した場合の追悼番組など)を、不定期で放送している。, 2019年は、TBSラジオが野球中継制作要員のアルバイト募集を再開し、日本シリーズなどでの契約延長も示唆していた[125] が、DeNA主催試合以外でのJRN系列局への制作委託・裏送り(2018年は系列外の文化放送・ニッポン放送・RFラジオ日本が分担)の再度の復活は行われなかった。, TBSラジオが2017年シーズン限りでプロ野球中継に関する大半の業務から撤退したことに伴って、JRNナイターへ参加してきた(NRNとのクロスネット局を含む)JRN加盟局では、以下のようにプロ野球シーズンの番組編成を大幅に変更。火曜日限定でJRNナイターを編成していたクロスネット局から、火曜日に『アフター6ジャンクション』の同時ネット(16局)や自主編成などへ切り替えることによって、プロ野球中継のレギュラー放送を終了する局や、レギュラー放送日を水 - 金曜日(NRNナイター割り当て日)に縮小する局が相次いだ。その結果、JRNナイターへレギュラーで参加する加盟局は、2017年シーズンまでの(TBSを含む)34局から12局にまで減少している。, 以下では便宜上「JRNナイター」と記述するが、正式なJRNとしてのネットワーク番組ではないため、クロスネットを含むJRN系列局間の個別での番組販売取引の扱いである。, 2018年シーズンからは、放送対象地域が関東広域圏(関東地方)に当たるNRNキー局の文化放送とニッポン放送も、ネットワークの垣根を超える格好でJRNナイターに協力している。, TBSラジオが土・日曜日のプロ野球公式戦中継から撤退した2010年シーズン以降の状況を基に記載。, TBSラジオでは、プロ野球中継の放送に加えて、『プロ野球ネットワーク』『プロ野球東西南北』(いずれもJRNナイター参加局向けの雨傘番組)の制作を2017年シーズンで終了した。その影響で、上記の参加局では、JRNナイター割り当て日の雨傘番組(基本として18:00 - 21:00に放送)を自社で賄う編成に移行している。, なお、2005年から北海道放送・東北放送・RKB毎日放送が毎年持ち回りで制作する『プロ野球三都物語』(プロ野球シーズン開幕直前の特別番組)については、2018年にも3局同時ネットで放送された。, 最初のスポーツ中継となった1952年1月の『大相撲春場所実況』は新日本放送(NJB)のアナウンサー(杉本隆平、江本三千年)が担当し、1952年2月9日のボクシング中継(日本バンタム級タイトルマッチ:, 『TBS50年史』資料編に掲載の番組一覧において、1963年から1969年のナイター中継は、このタイトル表記でまとめられている, 『エキサイトナイター』時代の1992年 - 1999年に印刷物などで使用されたタイトルロゴ, 2000年4月に東京放送のラジオ部門における番組制作などを委託する子会社として「TBSラジオ&コミュニケーションズ」が設立。2001年10月を持って正式に同社へラジオ局としての放送免許を承継し分社化された。その後、2009年4月に東京放送は, TBSラジオでは、放送期間を65年とし、同局が制作したラジオ番組としては史上最長記録としている, 2015年9月22日が該当。この日は国民の休日のため4試合はデーゲームで開催され、もう1試合のナイターは中継権のないヤクルト主催試合のため、唯一の中継可能なナイターであるDeNA対中日を放送。17:00開始の該当試合では、ビジター地元局のCBCラジオは17:00から中継を開始し、TBSラジオ及びJRN火曜ナイターネット局は通常通りの開始時刻から中継した。また、CM消化の都合上、イニング間のCMも通常の1分間のCM放送後、概況説明のあともう一度1分間のCM枠を挟むという構成となっていた。21:00より前に試合が終了したため、9月18日にパ・リーグ優勝を決めたソフトバンクの1年の闘いを振り返る特集音源(ナレーション:清水大輔)を放送した後、スタジオに待機していた青島健太が、JRNナイター終了までスタジオ担当の山田美幸とともにデーゲームの試合結果などを伝えた。, 最近では2015年8月21日の「広島対巨人」が該当。24時を越えても試合が続いていたが、TBSの放送は24時前に終了した。また、この試合は金曜開催のためRCCからの裏送り中継であり、他のネット局も既に終了していたため、TBSでの終了を以って事実上の中継打ち切りとなった。, 2012年7月25、26日の巨人対DeNAは25日が19時開始のためか2戦とも中日対阪神をCBCからネット受けした(おそらく19時開始の場合の後続番組への影響や、地方局は延長オプションがないまたは22時までの局が多いことを考慮したとみられる。LF-NRNもヤクルト対広島を放送した。)。また2013年7月24日・25日の巨人対広島も18:30試合開始であることを考慮してか、中日対DeNAをCBCからのネットで放送した(LF-NRNもヤクルト対阪神を放送し、RCC向けは裏送りで対応した), 中日戦はCBCが曜日に関係なくネット受けするため、原則TBS自社でも中継が行われるが、稀に裏送りとなるケースもある(2012年は7月31日からの3連戦、8月28日からの3連戦が該当。いずれもCBCアナウンサーが1試合ずつ実況も担当)。, 水 - 金曜はRCCがNRN向けを自社放送とするため、裏送りとなる。この場合、自社向けがNRN予備を兼ねたローカル放送でJRN裏送り分が全国ネット扱いとなる場合もある。, セ・リーグの地方開催が2試合開催の場合は、本拠地開催のセ・リーグのカードを本番カードとして、パ・リーグのカードの予備順位を繰り上げた上で、地方開催カードの予備順位を最後位とすることがある。また、2013年7月30日は巨人主催ゲーム(対ヤクルト)が東京ドームでの開催であるにもかかわらず、パ・リーグのカードよりも予備カードとしての優先順位を下げられ最後位となった。, この場合、LFのみ関東ローカルでヤクルト戦を放送した上で、NRN各局へはLF及び系列局から巨人戦を送り出す場合があった(この場合、巨人・横浜・(以下交流戦)西武・ロッテ主催はLFから裏送り)。2010年以降は火曜日にNRN全国中継のネット受けのみ行う局が皆無となった事情もあり、LFが巨人の関わらないヤクルト戦を放送した場合にもそのまま全国中継カードになることが殆どとなっていたが、2011年は9月27日 - 29日に、ヤクルト対阪神戦がLF単独放送(ABC・MBSは自社制作)で、横浜対巨人戦がLF裏送りによるNRN本番カードとして設定された。また、交流戦以外の時期でも、時折NRN本番カードをヤクルト戦として巨人主催試合を予備カード・対戦相手地元局への裏送り・LF単独放送・LFと対戦相手の2局ネットとする事がある。, 『ライオンズナイター』がバラエティ番組扱いだった1984年まではTBSラジオが西武主催試合の優先権を持っていたため、JRNに放送権のなかったヤクルトまたは大洋主催巨人戦の裏カード時を中心に、JRN全国ネット本番または関東ローカル(JRNはセ・リーグの他カードを本番に設定)で西武戦を優先することがあった。, 2014年6月のスペシャルウイーク中に当初西武主催試合のみ組まれ、後に雨天順延の楽天主催試合が組まれたが、西武主催試合を放送した。, 但し、関西地区はCRKで放送が行われ、ABCラジオは放送しなかった。加えてこの日はJRN向けの全国放送用本番(ABCラジオ含む)はCBCラジオ制作によるナゴヤドームの「中日対阪神」戦を放送していた。, デーゲームで巨人やDeNA主催となった場合、JRN系列局(主にCBCやABC)への配信はビジターチーム側の地元局に委託するため、TBSラジオが裏送り制作するのは在京球団同士の試合となった場合に限られる。, これは、セ・リーグで巨人が2位となり、ファーストステージが東京ドームでの開催となった場合はナイターとして行われる予定だったのが、阪神が2位となったためデーゲームに変更されたため。第1戦はどちらの場合でもデーゲームを予定していた。, RCCは1990年代後期から2004年まで、広島優勝時以外放送しない方針を取っていたが、その間広島は低迷し、Bクラスの常連となっていた。それ以前に放送していた頃は、広島が絡まない場合はシーズン中のネット割り振りに準じ、RCCが制作に関与する広島優勝時は、年度により異なっていた。2012年以降は再び広島優勝時以外放送しなくなった。, 当時は巨人主催試合放送権の見返りとして、巨人の親会社である読売新聞社の協力によるラジオニュースを放送していた, 1999年6月17日、ファーストスマイルからシングルCDとして発売。ジャケットに『エキサイトナイター』のテーマ曲である旨が明記された。, 2007年は全シーズン、2008年以後は4-6月については阪神戦デーゲーム開催日は土・日ナイターの放送を休止。2008年以後の7-9月は阪神戦がデーゲームであってもJRN(2010年以後はNRN)のナイターを放送, TBSラジオへの土・日曜日のデーゲームの音源提供も、QR向けとの共用で引き続き行っている(例として、巨人の優勝が確定した2013年9月22日の阪神対ヤクルトのデーゲーム。高校野球期間など例外あり)。, TBSラジオへの土・日曜日のナイターの音源提供も基本的にMBSが行っている(基本的にはLF向けの音源を共用。例として甲子園へイタチが乱入した2013年8月31日の阪神対広島戦)。なお、TBSテレビへの音源提供は、JNNのネットワークが優先されるため、開催日時に関係なく実施している。, 土・日はQRで放送される場合はQRからのネット受け、ない場合はLFからの裏送り。ただし、2011年以降はヤクルト対楽天の中継実績なし。, 土・日の試合で、関東地区で放送されない場合、デーゲームはLF、ナイターはQRからそれぞれ裏送り。, 現状はMBSは曜日に関係なくLFのみ。ABCは2010年から土・日のネット受けの場合はQR、それ以外はLF(過去はアナウンサーもLFより派遣していたが、現在阪神戦についてはABCとMBSからそれぞれアナウンサーを派遣している), 該当試合が土・日にあたった場合は、代替として日本ハムの二軍戦を放送するか、JRN加盟局からの個別ネットで他球団の試合を中継する。但し、NRNナイター担当の, 『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズでは、一貫してTBS解説者として紹介(2018年まで)。, 『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズでは、2006年よりTBSラジオ解説者として紹介(2003年から2005年まではフリーとして紹介)。, 『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズでは、一貫してTBS解説者として紹介(2018年現在まで)。, 2010年より、一部系列局向け裏送りでリポーターを担当。参考…2010年9月29日ロッテ対オリックス戦HBCラジオ向け裏送り, プロ野球初実況について、2016年の日刊スポーツでは1980年秋の日本ハム対南海戦と記載(媒体は明記せず, 1990年代までは全試合のテレビ中継やインターネットでの速報がなかった為、各球場から送られてくる実況を元に他球場速報を行っていた。この為の実況を経過送りとも言う。, 牛島(先述の通り、CBCの解説者でもある)が登場し、顔ぶれが自主制作と何ら変りないということも多い。, 通常の裏送りの場合も、CBCはリポーター担当のアナウンサーを1名派遣しているため、リポートと実況の役割が変更されているだけであり、どちらの形式の場合でも技術スタッフなどはTBS側が担当、中継もネットワーク向けの音源として制作される。また、3連戦の全ての試合を同様の体制で中継する場合は、アナウンサーの負担を考慮して、実況だけでなく中日サイドのリポーターも配置する(2名のアナウンサーが交互に担当)。ちなみにHBCとRKBはビジター裏送りの際のレポーター派遣を、JRN本番カード予定の試合を除き原則行っていない。, この手法は土曜・日曜のカードに限らず、裏送り対象カードでありながら予備カードからの昇格の可能性が低い場合にも行われており、一例として2011年のCBCは中日の関東での交流戦ビジターゲームを平日開催分も含めて全てこの手法で放送した。特に交流戦は原則として2連戦であることも理由となっている。, 「ヤクルト vs 中日」を放送できないCBCとの関係上、SFがLFまたはQR制作の「巨人 vs 中日」を放送するのはNRN全国ネット本番カード時と優勝決定試合に限定しているため。, 2015年7月4日予定のTBC制作「楽天 vs 日本ハム」が該当(LF向けは予備待機、HBC向けは自社、STV-NRN予備向けは裏送り)。, 最近の例では2011年9月3日と4日の「広島対中日」デーゲームのRCCが該当。TBCはまだ実例がない。, RCCは過去に、CBC・SF間の同時ネット比率調整のため週末デーゲームでCBC向けを裏送りまたはCBCの乗り込み自社制作・SF向けを自社向け本番としたことがあった。, 日本ハム・ソフトバンク主催ゲームが東京ドームで行われる場合、HBC・RKB/STV・KBCに代わってTBS/QRが制作することがあるが、2015年現在土曜・日曜の対楽天戦の開催実績がない。また、この場合にJRN(TBS)とNRN(QR)のどちらを利用するかは不明。, 似た例として2011年にはTBCの「楽天対阪神」が関西の聴取率調査期間にあたり、ABCでの1試合を地元に特化した特別内容としたが、TBCはMBSからのネットに振り替えずにABC制作の裏送り分を放送している。, ただし、2017年シーズン以前の技術協力体制には、要員や設備などの都合で技術協力局がネットワーク担当の曜日と一致しない場合もあり(火 - 木曜開催分をニッポン放送/文化放送、金曜開催分を文化放送/TBSラジオが、土・日曜のナイトゲームをTBSラジオ/ニッポン放送が担当した場合が該当)、まれに毎日放送と朝日放送ラジオが同一局の技術協力となる場合もあった。, 過去には火 - 木曜でも、要員の都合によってはまれにSFの技術協力(逆に毎日放送がCBCラジオの技術協力)となる場合もあった。, 2018年5月2日には、メインカードであった阪神対DeNA戦(甲子園)の雨天中止に伴って、予備カードに設定していたオリックス対西武戦中継(京セラドーム大阪)をメインカードへ昇格。, これまで月曜はナイター・デーゲームとも個別ネット扱いを含めて毎日放送=JRN(TBSラジオ・北海道放送・CBCラジオ・RKB毎日放送)、朝日放送ラジオ=NRN(ニッポン放送または文化放送・STVラジオ・東北放送・東海ラジオ・中国放送・九州朝日放送)の組み合わせだったが、2018年は4月29日のオリックス対ソフトバンク戦でRKB毎日新聞が朝日放送ラジオからの、九州朝日放送が毎日放送からのネット(いずれも裏送り)とした(前日も同一カードのデーゲームを同一のネットワークで放送したため)。, 交流戦での主催球団の入れ替えは、カードによって1年交替の場合と2年交替の場合に分かれる。, RFラジオ日本向けには、2016年シーズンから配信を開始。岐阜放送では、放送対象地域の岐阜県がCBCラジオと重複することや、CBCラジオの親会社(, Radikoなどの2018年6月12日(火曜日) - 6月14日(木曜日)の電子番組表や、12日の新聞朝刊(, 最初の実例は2018年5月15日の中日主催分(ナゴヤドーム)。広島ベンチのリポーターも中国放送は東海ラジオにのみ派遣し、CBCラジオは自社のアナウンサー1名で中日・広島の両チームを兼任した。, テレビ・ラジオ放送とも、佐賀県内の大半の地域で受信できるが、名目上の放送対象地域は福岡県のみ。, 6月5日には、RFラジオ日本が制作する巨人対楽天戦中継(東京ドーム)の同時ネットで対応。7日には、予備カードを一切設定せず、『もっと鬼スポ!花の応援団』を放送した(長崎放送・熊本放送・大分放送・南日本放送・山口放送ではいずれもRKB毎日放送に準拠)。6日開催分は雨天中止によって予備日の19日(火曜日)に振り替えられたが、19日開催分も上記の6局では中継しない。, RKB毎日放送はNRNには加盟していないが、ニッポン放送や文化放送とも個別の番組ネット関係がある。, 平日のNRNナイターはニッポン放送の担当だが、本番カードとならない場合には、九州朝日放送が支払うニッポン放送への制作委託費用の節減を兼ねて、文化放送から『ライオンズナイター』を同時ネットすることがある。, 九州朝日放送に対しては、原則として自社で中継を放送しないニッポン放送が、裏送り中継を制作する。, 文化放送が自社で放送する西武主催のデーゲームは、一部の試合(開幕カードや優勝決定試合など)に限られる。, 最初の実例は、2018年5月19・20日の「ロッテ vs ソフトバンク」(19日=解説:, NRNナイターとしての予備対応はニッポン放送が行い、屋外開催が多い日は解説者込みで待機することがある。, 予備からの本番昇格時にSTVラジオ・九州朝日放送が文化放送とニッポン放送のどちらからネットするかは不明。当初からNRN本番カードとなった場合はニッポン放送からのネットを優先する。, 最初の事例は、RKB毎日放送/九州朝日放送の西武対ソフトバンク戦中継が2018年4月3日、北海道放送/STVラジオの西武対日本ハム戦中継が同月13日(いずれも火曜日)。, 本放送の当日は、中国放送のNRNナイター割り当て日と重なったため、同局ではニッポン放送制作のNRNラインネット向け番組の放送を優先していた。このような事情から、本放送の音源から関東地方向けの交通情報を割愛したうえで、本放送から約1年後の放送に至った。, 開催球団の地元局が制作しない場合に限り予備カードとして配信することが多かったが(開催球団の地元局が乗り込んだ場合はそちらを優先)、2016年の『オリックス vs 楽天』は火曜日に限りTBCに本番カードとして配信した(朝日放送ラジオおよび東北放送が乗り込み自社制作体制を取らなかったため)。, 当該カードを放送する北海道放送とRKB毎日放送と火曜日の宮崎県を除く九州・山口地区は琉球放送制作中継をネット受け、CBCラジオも当該日に中継不可のビジターのヤクルト戦があるため両日ネット受け、東北放送も在京局への裏送り依頼を経費上の都合で休止しているビジターのロッテ戦があるため火曜日のみネット受けする(水曜日はNRN本番の「広島 vs 巨人」を中国放送からネット受け)。また、NRN側ではSTVラジオが担当し、両日とも九州朝日放送にネットする。, テレビ・ラジオ兼営局の山陽放送・西日本放送については、テレビ部門の放送対象地域を準広域扱いの「岡高地区」(岡山・香川両県)に定めているのに対して、ラジオ部門における名目上の放送対象地域を本社が所在する県(山陽放送は岡山県、西日本放送は香川県)と扱っていることに準拠(, 2017年シーズンまでホームゲームに限って同時ネットを実施してきた南日本放送も、2018年シーズンからは、他の3局や新規ネット局の山口放送と同じくビジターゲームも同時ネットで放送する。, 東北放送では、自局およびRKB毎日放送・南日本放送・大分放送・長崎放送・熊本放送・山口放送向けの中継と、九州朝日放送向けの裏送り中継を別々に制作。, 当初は東北放送裏送りのNRNネット(九州朝日放送と2局ネット)でYahoo!テレビなどの電子番組表で発表されていたが、当日までにJRNネットに変更となり、Yahoo!などの電子番組表も修正され、当日の, 新潟放送と横浜DeNAベイスターズ主催試合で、新潟県出身の青島健太が解説者として出演。TBSラジオからは、実況(『アフター6ジャンクション』月曜日のパートナーでもある熊崎風斗)・ベンチリポーター(清原正博・戸崎貴広)担当のアナウンサーを3名派遣した(リポーターはTBSチャンネル・BS-TBS向けのテレビ中継と兼任)。, なおNRNナイターをネットする25日についても切り替えは行わず、本番カードを通常通りネット受けした。, 「JRNナイター」の総称は、JRN系列ネットワーク向けのタイムテーブルに掲載(参照:『TBS50年史』資料編掲載およびDVD-ROM『ハイブリッド検索編』収録の2001年4月期JRN編成表。※当時のTBSラジオのプロ野球中継タイトルは『ザ・ベースボール』)。, 『TBS50年史』DVD-ROM『ハイブリッド検索編』収録のラジオ番組データベースより、『TBSエキサイトナイター』(1970年から1999年までTBSラジオで放送されたプロ野球ナイター中継)データカードを参照。, 『TBS50年史』資料編より、P295に掲載のゴールデンマイク賞受賞者一覧表を参照。, 『TBS50年史』資料編または同DVD-ROM『ハイブリッド検索編』に収録のTBS番組年表より、“94/08/26 □「エキサイトナイター」、LF番販受けでヤクルト・中日3連戦放送”の記述あり(“”内引用)。, 『ラジオマニア2010』P61より、TBSラジオ営業局ネットワーク部部長からのコメントを参照。, 1982年の『エキサイトナイター』広告ポスターは、『TBS50年史』のカラーグラビアページに掲載されている("「TBSエキサイトナイター」ポスター"とのキャプションあり)。発行年については明記されていないが、ポスターには、野村が2年目であること、張本が新専属解説者であることが記されており、1982年のものであることが分かる(就任年度については『TBS50年史』資料編P234を参照)。, 参考:『プロ野球選手カラー名鑑2007』(2007年4月6日、日刊スポーツ出版社発行。コード:, 参考:『2000ジャイアンツブック』(2000年3月15日、ジャイアンツ・ファンクラブ発行)49ページ掲載広告, 『株式会社東京放送第59期営業報告書』に掲載された、『エキサイトナイター』の番組宣伝記事。, 参考:『ジャイアンツブック'99』(1999年、ジャイアンツ・ファンクラブ発行)掲載広告, 『プロ野球コンプリート選手名鑑2012年度版』P257の名鑑では、「実況デビュー」として明記。, 新タについてTBSのウェブサイトでは、1999年よりプロフィールに、2000年より担当種目別スポーツアナウンサー一覧表に、それぞれラジオのスポーツ中継担当者として明記。以下、参考リンク。いずれも「スポーツ中継(RADIO)」と明記。, 『プロ野球コンプリート選手名鑑2013年度版』に掲載された新タへの取材記事(P234-237)より、P237に掲載されたプロフィールを参照。, 『12球団全選手カラー百科名鑑2000』では、すでにTBSのプロ野球担当アナウンサー名簿に記載。, 『週刊ベースボール』2012プロ野球全選手カラー写真名鑑(2月24日増刊号)に掲載の広告, 以下の名鑑に記載された、TBSテレビ・ラジオのプロ野球中継担当アナウンサー名簿を参照。, 参考:『週刊ベースボール』2009プロ野球全選手写真名鑑(2月21日増刊号)81ページに掲載の広告, 参考:『週刊ベースボール』2010プロ野球全選手写真名鑑(2月25日増刊号)41ページに掲載の広告, 『プロ野球コンプリート選手名鑑2011年度版』のTBSラジオ中継担当者名鑑にも、高畑のプロフィールが明記。, 文化放送ライオンズナイター#1985年 - 1992年 「はっきりいってライオンズびいきです!

tbsラジオ 野球中継 復活

回し蹴り できるように なりたい, ソフトボール 全国大会 小学生 2019 速報, コウノドリ シーズン2 5話, D 1 ダーツ 設置店, 桜 舞 館ジュニアソフトボール, リバプール 移籍 掲示板, 綾瀬はるか 天然 大阪城,